赤が好き

ff0000.exblog.jp

ブログトップ

タグ:Red Super V Carbon ( 47 ) タグの人気記事   

赤い Super V Carbon vol.16   

2009年 07月 04日

( ゚∀゚)っ0 とれたての〜た〜ま〜ご〜♪


春と秋、それぞれの季節に "赤いオブヂェ" で駆けるようにしています

08春も星降る高原の MTBキャンプイベントへ "赤いオブヂェ" を持ちこみましたし
ほとんど冬になってしまいましたが、08秋も Super V Carbonで駆けてきましたよ


けれども 09春は VooDoo号のみを持ち込みまして、我が家でお留守番をさせました

b0146418_2022082.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

そのような感じで 09春は MTBのシーズンオフとしては駆けないつもりのままで
いたのですけれど、先日は降水確率が "−273.15" %みたいなので駆けてみました

そのあとにリア・スイングアームまわりの定期オーバーホールを施しましたので
その様子見も兼ねて、町の文教施設と運動公園までトコトコと駆けてきましたよ


このまえの MTBダウンヒル・ワールドカップで、世界最速の銘をほしいままに
していたフラットペダル愛用の 2人のチャンピオンの 1人、 Fabien Barel Proが
「こ・・これは散れる」という凄まじいロックセクションを駆け抜けて、見事に
勝利を勝ち獲た姿を Web Movieで目にしたばかりのヂャストタイミングですので


「抑えて・・抑えて・・・・おちけつ俺!」


という感じで自分に言い聞かせながら・・軽いギアでのんびりと駆けましたよ?
いつも "赤いオブジェ" にて駆ける際には、嬉し恥ずかしプラシーボ効果のため
頑張りすぎて「・・・・やべ、脚痙った」での恒例パターンに陥ってますからね


もちろん「ヒャッハー!」っと奇声をあげて段差や階段に突っ込むのも控えます
(ついオーバーホールの様子見というコトを忘れてしまいそうで・・お茶目です?)

b0146418_202396.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

未来のパトリック・ユーイングやベッケン・バウアー、ビョルン・ボルグたちg

え?古いですか??・・まぁ、とにかく子供たちが元気に色々様々な球技に勤しむ
姿を眺めつつ、人工構造物に奇声をあげて突撃することもなく無事に到着しました


人口構造物で思いだしましたが、私はスタンディングなどという基本となる基礎が
全く出来ていません、そのためか "視たヒト" に "まるで跳ね飛びつつ" と言われた
速度域では幸いにも吹っ飛んだコトがないのですが、ナンでもないトコで転がって
いるコトが妙に多いのは・・・・そのあたりが主な原因のような気がしていますよ


MTBをカッコよく操る基礎講座は、その旨を雁回山さんの Blogに書き込む方々が
増えるようになれば、雁回山さんが嬉しそうにニコやか?に "マイ・パイロン" を
並べられて MTB基礎講座を開催してくださると思います、もしかしたら特別講師に
プロ・トライアルパフォーマーの Naoさんも颯爽と登場されるかもしれないですね

Web Link : MTB黒田塾
(雁回山さん Blog)

Web Link : FUNRIDE - Nao's Note
(Naoさん Web Site)


そうそう、"赤いオブヂェ" のシフターを SRAM Grip Shiftから SHIMANOの
STI Shifterへ換装をしておりましたが、こちらの感触もイイ雰囲気でしたよ
FOESで愛用をしてきて、現在は VooDoo号に移植をしたモノと同じですから
文字どおり "な〜んにも考えない" で、身体が動くモノなので不具合もナイです

オーバーホールを施したリア・スイングアームまわりも、とてもイイ感じでした
とくに不具合が発生していたワケでもなくて、しなくともよいメンテナンスです
(不具合が発生するほど駆けてません・・稀に駆ける際は激しく操りますけれど)


MTB'erな昂る魂を オ・ト・ナ っぽく抑えて駆けたので「・・・・やべ、脚痙った」
での恒例パターンに陥るコトもなくて、颯爽とスマートに帰宅をして磨きましたです


春の季節に Super V Carbonを駆る際は MTBのシーズンオフになりまして
秋の季節に Super V Carbonを駆る際は MTBのシーズンインになりますよ

Next > 赤い Super V Carbon vol.17
[PR]

by super-v | 2009-07-04 22:28 | エピソード

赤い Super V Carbon vol.15   

2009年 06月 14日

春と秋、それぞれの季節に "赤いオブヂェ" で駆けるようにしています

08春も星降る高原の MTBキャンプイベントへ "赤いオブヂェ" を持ちこみましたし
ほとんど冬になってしまいましたが、08秋も Super V Carbonで駆けてきましたよ


けれども 09春は VooDoo号のみを持ち込みまして、我が家でお留守番をさせました

b0146418_2362275.jpg


そのような感じで 09春は MTBのシーズンオフとしては駆けないつもりのままで
いたのですけれど、どうみても雨天にならないような空模様なので駆けてみます

そして
キモい・・ちが、赤い VooDoo号と "赤いオブヂェ" の初対面になりました

部屋から階下のガレージへ降ろしたのは 08 Xmasで賑わう街を駆ける頃でしたし
ひさびさに外の空気を満喫させるコトになりまして、先にシフトレバーも換装
しましたので、出発まえにもう一度 F・Rディレイラーの微調整をしておきました


そして VooDoo号と同じく、サドル高さ〜BB軸を 780mmから 800mmにしました
サドル〜ハンドルバーは 770mmにしたままですので、そのぶん遠くなりましたよ

b0146418_2364187.jpg


「やっぱ cannondale Super V Carbon最高だぜヒャッハー!」と駆けてゆきまして
いつも駆けている川沿いに在る、親水公園のほうに向かう未舗装路へ突撃しました

赤い調度品や赤いオブヂェとして扱っていますが、いざ駆けてみれば MTBとしての
扱いをしております・・もちろん泥濘や砂利はダメですが、階段もフツーに下ります


てな感じで駆けてゆくと、なんだかドナルド系?の生物が行く手を阻んでいましたよ
(「ランランルー♪」とかほざくキモいピエロ系ではなくネズミーマウス系ですよ?)

b0146418_2372176.jpg


いつも川面でグワグワ♪と遊んで、思いっきり人類になれているモノたちなので
ソローリと「ちょっと通りますよ・・あひルンルン♪」と言いながら抜けました


ハードテール MTBの VooDoo号ではサドルから腰を浮かせたくなるような悪路も
ダブルサスペンション MTBの cannondale Super V Carbonでは腰掛けたままです

川沿いの法面に勢いよく跳ね降りながらタイヤを接地させて駆け下ってみましたが
ストロークは短くとも、やはり後ろを跳ね上げるような動きが無いので楽でしたよ


"マッチョな FOES号" はリア・サスペンション形状に URTを採用していましたので
(URT : Unified Rear Triangle)
その優れた効果はステキでしたが、下りの未舗装路では脚に衝撃が伝わってました

b0146418_2373665.jpg


うえの Linkに載っていますように VooDoo号でも訪れていますが、業務で悩む際に
よく夕刻に独りで訪れるいつものトコに来ました・・ええ、業務が溜まっています


まあ、ソレは出来るだけ考えないコトにしまして・・
(すいませんすいませんすいませんすいません・・・・)
もう 17:00をまわろうとしていましたので、のんびりタイムをおえて駆けだしました


この赤い cannondale Super V Carbonで駆ける際は、いつも(ほとんど年 2回です)
精神状態が常時アドレナリン噴き捲り!プラシーボ効果全開!みたいな状態ですから
これはサドルからバーエンドまで 800mmを軽く越える距離なのですけれど、そこを
握りしめてグイグイっ!っと必要以上に頑張っちゃうのが、私の常になっていますよ


「沈んだカーボンスイングアームが戻りつつ、まえへ推される乗り心地が最高だ!」


なーんて風に、いつもの調子な感じで駆けていましたら「・・・・やべ、脚痙った」
なーんて風に、いつものパターンへとハマりましてから「・・・・クルクル漕ごう」
なーんて風に、いつものようにちょっとだけ悲しく切ない気持ちで帰宅をしましたね


春の季節に Super V Carbonを駆る際は MTBのシーズンオフになりまして
秋の季節に Super V Carbonを駆る際は MTBのシーズンインになりますよ

Next > 赤い Super V Carbon vol.16
[PR]

by super-v | 2009-06-14 23:56 | エピソード

赤い Super V Carbon vol.14   

2009年 05月 28日

春と秋、それぞれの季節に "赤いオブヂェ" で駆けるようにしています

08春も星降る高原の MTBキャンプイベントへ "赤いオブヂェ" を持ちこみましたし
ほとんど冬になってしまいましたが、08秋も Super V Carbonで駆けてきましたよ


けれども 09春は VooDoo号のみを持ち込みまして、我が家でお留守番をさせました

これは前夜の宴を楽しくおえた MTB'erな皆さんとキャンプで就寝をしているあいだに
赤を超絶大好きな deboさんが常に狙ってられる、私の "赤いオブヂェ" を deboさんの
真っ赤なクルマに積んで帰宅されるのを警戒していたワケではなくて(してました!)
天候が不明で "赤いオブヂェ" は降水確率 "−273.15" %でなければ出撃しないからですよ

b0146418_1722412.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります


さきの "赤い cannondale vol.13" では チビたちの進学・新入学でドタバタが続きまして
キュアピーチみたく "Newマスィン・ゲットだよ!" な作戦に暗雲が立ちこめていましたが
(チビ曰く "ゲットだぜ!" のほうだとポケットモンスターになるんだそうですよ?)
MTBブランド選択での紆余曲折を経ました結果、キモく赤い VooDoo号をゲットしました


そして、やはり私は純真無垢でヤングな若人ですし Newマスィンは嬉しいものですから
ヒマを見つけては VooDoo号を弄ったり、駆けたりするコトに夢中になっておりましたよ


なんだか・・・・麗らかな春の季節らしく、とても初々しくて微笑ましいですよね??
(うわーなにをするきさまらー)

b0146418_1723279.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

麗らかな春の季節らしくと言いながら、いつもより大きめの写真に写っている光景は
"秋の日のヴィオロンのためいきの・・" って雰囲気に佇む Super V Carbonになります

春の季節に Super V Carbonを駆る際は MTBのシーズンオフにしておりまして
秋の季節に Super V Carbonを駆る際は MTBのシーズンのインにしてきました


ぢつを申しますと、未だに "赤いオブヂェ" と "キモい VooDoo号" を・・キモいちがう
"赤いオブヂェ" と "赤い VooDoo号" を擬人化すれば、お互いを見たことがありません

08春の星降る高原の MTBキャンプイベントへ "赤いオブヂェ" を持ちこみまして
08 11月のおわりには、はじめの Linkに載せましたように予定通りだったのですが
"麗しき乙女であられる、かわいいツンデレさん"(これでイイですか?)の御希望で
今回の写真に載せましたように Xmasで賑わう街を駆ける機会を得させて頂きました

それから 09を迎えて、そろそろ 5月もおわりになりますが Xmasに駆けてから一度も
我が家の 2F部屋より階下に降りていないので、当然 2台はお互いを見ていないのです


VooDoo号で駆けていると、いつしか紫陽花などを目にする季節になっておりまして
たぶんもう、林道ポタリングが楽しいところなどは草木が "わっさわっさ♪" と生茂り
昆虫類や八本足節足動物や多足類が "ブーン♪(AA略" っと、飛び回ったり徘徊などを
しているでしょう・・・・想像しただけでも「ガクガクブルブル」しちゃいますよね?


そのような感じですし 09春は "赤いオブヂェ" で舗装路を駆けるコトもなさそうです

"♪冬が来るまえに〜" ではナイですけれど、梅雨が来るまえにもう一度 "あの林道"
駆け抜けたいのですが、今週末は愛息の個人面談と愛娘の体育祭の予定が詰まっていまs
(サーバーとの接続が切断されました)

Next > 赤い Super V Carbon vol.15
[PR]

by super-v | 2009-05-28 20:00 | エピソード

赤い Super V Carbon vol.13   

2009年 03月 16日

まえに施しましたシフター&ブレーキワイヤー・ルートに気に入らないトコが
ありましたので、もういちど全てのワイヤー・ルート行程をやりなおしました


もちろん、ケーブルにクセが付いていますから 4本全てを新品に交換ですよ?
(USEDワイヤー類は、いつも FOES号や MONGOOSE号で再利用をしています)

ほぼオブヂェなのに、そこまでの定期オーバーホールやメンテナンスは勿体無いと
言われますが・・乗らずとも、常に最高の状態をキープしておきたいからなのです


"赤いオブヂェ" のワイヤー類を新品へ換装する作業に伴って、いままで装着を
していた SRAM Grip Shiftから Shopにオーダーをしておいて取り寄せてもらった
SHIMANOの STI Shifterへ換装しましたよ、モノは FOES号と同じモノになります

近年は SRAMが自社ブランドの 1:1レシオ用に対して SHIMANOの 2:1レシオ用に
販売している製品への明らかなヤル気の無さと、アフターへの不満もありましたよ

b0146418_2113553.jpg


その写真やワイヤールートについて載せようと思っていたのですが、この春から
愛娘も小学校へ入学をするコトになりまして・・ベッド付きの学習机など届いた
モノですので、私の仕事部屋までを巻き込んだ "たいへんなコト" になっています


経験者な先輩方はとくにお判りだと思いますが、何かと "物入りなコト" も多くて
どうやら妻の脳内は完全に「なにが New MTBよ?」モードへ突入していますので
桜の季節もおわる頃までは、あえて話題を出さないようにしている我慢の時期です


こないだまで「貰った報酬は全て俺のモノ!」な独身の頃を懐かしんでいましたら
あたらしいベッドで休む子供たちの寝顔を見ていると、皆で仲良く川の字になって
子供のオムツを換えたりしつつ寝ていた頃までもが、懐かしくなりつつありますよ

Next > 赤い Super V Carbon vol.14
[PR]

by super-v | 2009-03-16 20:55 | エピソード

赤い Super V Carbon vol.12   

2009年 02月 12日

春と秋、それぞれの季節に "赤いオブヂェ" で駆けるようにしています

08春も星降る高原の MTBキャンプイベントへ "赤いオブヂェ" を持ちこみましたし
ほとんど冬になってしまいましたが、08秋も Super V Carbonで駆けてきましたよ


そのあと各部の点検をしつつ分解・清掃をしながら、ワックスをかけて磨きます
これから部屋にて定期メンテナンスを施しつつ、また今春に向けて整備をします

b0146418_403750.jpg


フレームのヘッドチューブ周囲へアウターワイヤーによる摩擦痕などが塗装面を
侵して、悲しい状態になることを防ぐため赤い cannondale vol.5でも載せました
ように "変速ばなな" というパーツを使ってワイヤー取り回しの対策を施しました


そして毎年、定期交換部品としてワイヤーケーブル類を全交換していますので
今年もアウターワイヤーとインナーワイヤーの両方を交換する作業を施しました
(毎年 20,000mほどさえも駆けないのですけれど・・換えてもイイじゃん!)


Carbon編み編み模様も麗しいスイングアームに挿したモノがご覧になれますか?

・Front
b0146418_405181.jpg


・Rear
b0146418_411489.jpg


cannondale Super V Carbonモデルの、リア・シフトワイヤーを交換する際には
とても重要な行程でして Carbonスイングアームを貫通させたワイヤールートを
持っていますので、ガイド・チューブを設定しなければ悲しい状態になりますよ
(ワイヤー内蔵タイプだけれど 2つの穴は内部で繋がっていないのですよ?)


USA工場出荷時に予めガイド・チューブを通してありますが、上記写真のように
余裕を持たせたガイド・チューブを用意しておけば、より安全に作業が進みます

・Top Tube Left Side
b0146418_414149.jpg


・Down Tube Left Side
b0146418_426100.jpg


せっかくの機会ですので AVEDIOのハウジングカバーを組み付けておきましたよ
ハンドルバーを左右に 90度まで操作した際も、直接接触をしないようにしました


ほぼオブヂェなのに、そこまでの定期オーバーホールやメンテナンスは勿体無いと
言われますが・・乗らずとも、常に最高の状態をキープしておきたいからなのです

Next > 赤い Super V Carbon vol.13
[PR]

by super-v | 2009-02-12 23:56 | エピソード

赤い Super V Carbon vol.11   

2008年 12月 28日

春と秋、それぞれの季節に "赤いオブヂェ" で駆けるようにしています

今春も星降る高原の MTBキャンプイベントへ "赤いオブヂェ" を持ちこみましたし
ほとんど冬になってしまいましたが、今秋も Super V Carbonで駆けてきましたよ


そのあと各部の点検をしつつ分解・清掃をしながら、ワックスをかけて磨きます
これから部屋にて定期メンテナンスを施しつつ、また来春に向けて越冬をします

b0146418_23585858.jpg


・・・・って、感じの雰囲気で完璧な走行 & 調度品の計画だったハズでしたが
あの「予定は未定にして決定にあらず」の言葉みたく、冬の街を駆けてきましたよ


可愛いツンデレさんへ赤い cannondale Super V Caebonを "魅せて" あげるために
Xmasの雰囲気が真っ盛りで賑わう週末の休日に街ポタリングを兼ねて駆けました

のんびりポタリングですから、途中にある文教施設にも立ち寄ったりしながらです

b0146418_0143493.jpg


「これがスーパー V・カーボンなの!」と魅惑しまくりの目的を済ませたあとは
Xmas eveにも載せた Xmasの飾りで彩られたカトリック教会にも立ち寄りました


2009では "赤いオブヂェ" に加えて・・"銀や白でもない" 彩り号で来れそうですね
(意味深な記述ですよ?)

b0146418_2359184.jpg


2009モデルから cannondaleのディーラーになられた Shopにも立ち寄りました


学生さんの頃にお世話になって、就職などで地元を離れていたため数十年ぶりに
出向きましたよ、飾られてあった赤い CAAD 9 2009と "赤いオブヂェ" 1996です

b0146418_23593677.jpg


賑やかな街からの帰りは、お気に入りの川沿いを駆けながら帰路につきました
(ちょっとだけ階段を激しく駆け下ったり、未舗装の散歩道を駆けたりしつつです)


先日、この風景とまったく同じ橋を白いので駆けた際の写真を載せましたね
"赤いオブヂェ" に合わせたワケでもないのでしょうけれど、街も木々も赤系でした

見比べてみれば季節感のほかに BBハイトの位置差がサドルの高さの相違になって
MTBとクロスバイクのフレームジオメトリーも確認できて、なんだか面白いですよ


こんどこそ部屋にて定期メンテナンスを施しつつ、また来春に向けて越冬をします

Next > 赤い Super V Carbon vol.12
[PR]

by super-v | 2008-12-28 23:56 | エピソード

赤い Super V Carbon vol.X   

2008年 12月 24日

"赤いオブヂェ" で街を駆けるときも、やはり街のカトリック教会へ立ち寄ります

b0146418_024998.jpg


街は Xmasの雰囲気に包まれていて、街の教会では可愛いサンタさんが木に登って
います・・なんだか、木々の緑と "赤いオブジェ" の彩りは Xmasの飾りみたいです




いま、この瞬間を幸せでいましょう

・・・・だれもが微笑むようになれば
世界はもっと素晴らしい場所になるでしょう




みなさん Merry Xmas!
The Lord's rich blessing you and your household.


Next > 赤い Super V Carbon vol.11
[PR]

by super-v | 2008-12-24 23:56 | エピソード

赤い Super V Carbon vol.9   

2008年 12月 22日

春と秋、それぞれの季節に "赤いオブヂェ" で駆けるようにしています

今春も星降る高原の MTBキャンプイベントへ "赤いオブヂェ" を持ちこみましたし
ほとんど冬になってしまいましたが、今秋も Super V Carbonで駆けてきましたよ


そのあと各部の点検をしつつ分解・清掃をしながら、ワックスをかけて磨きます
これから部屋にて定期メンテナンスを施しつつ、また来春に向けて越冬をします

b0146418_23135477.jpg


・・・・って、感じの雰囲気で完璧な走行 & 調度品の計画だったハズでしたが
あの「予定は未定にして決定にあらず」の言葉みたく、冬の街を駆けてきましたよ


「"赤いオブヂェ" って、本当は実在しなくて CGとかじゃない?」
「へ?いきなり何ッスか??」
「グラデーションメッシュで描いた物に風景レイヤーを重ねたとか?」
「ちゃんと所有してるッスよ?」
「うーん・・スーパー Vの実物を見たことがないのよねー」
「要するに "観たい" わけッスか?」
「ウン♪」
「・・・・なんというツンデレ」

b0146418_2315118.jpg


この週末はイイお天気みたいでしたから、写真の文学施設に立ち寄ったりしながら
まったく想定をしてなかった "赤いオブヂェ" にて、街を駆けるコトになりましたよ

Next > 赤い Super V Carbon vol.X
[PR]

by super-v | 2008-12-22 22:48 | エピソード

赤い Super V Carbon vol.8   

2008年 12月 18日

春と秋、それぞれの季節に "赤いオブヂェ" で駆けるようにしています

今春も星降る高原の MTBキャンプイベントへ "赤いオブヂェ" を持ちこみましたし
ほとんど冬になってしまいましたが、今秋も Super V Carbonで駆けてきましたよ


そのあと各部の点検をしつつ分解・清掃をしながら、ワックスをかけて磨きます
これから部屋にて定期メンテナンスを施しつつ、また来春に向けて越冬をします

b0146418_23203930.jpg


・・・・カンティブレーキが大好きなのです


VOLVO cannondale Teamで "真っ赤な Super V Carbon" と世界を駆けてきて
先日の MTBイベントでも GT DH-iを駆ってダウンヒルを駆ける姿を魅せて頂いた
全日本ダウンヒル 3年連続チャンピオンの鍋島選手も当時カンティブレーキでした

真綿で締めるようなブレーキタッチも好みですが、ブレーキのデザイン?とでも
言いますかカンティブレーキの醸しだす佇まいや動作時の動きも大好きなのです


・・もちろん Vブレーキや Diskブレーキの性能・優位性などは知ってのうえです

b0146418_2321045.jpg


魅惑的でマニアックなデザインのカンティブレーキが巷に多数存在していますし
狭い世界ではありますが、現在でも 2008 Newモデルが発売されている世界です


そんななかで "赤いオブヂェ" に搭載をしたのは SHIMANO BR-R550モデルですよ

とくに派手さもなくフツーのデザインを施された、現行カンティブレーキですが
やはり SHIMANOらしいと言いますか、必要十分で安心の性能・品質って感じです

SHIMANO Webサイトの "判り難い Linkページ" に、個々のフレームへ装備された
カンティ台座とリム幅の数値に合わせたセッティングマニュアルも公開されてます

Web Link : カンティブレーキ BR-R 550のユニットリンクとスペーサーについて
(Linkはシマノ自転車部門ホームページの pdfファイル)


Newフレームや完成車 MTBをゲットしたら、魅惑のマニア系カンティブレーキを
組んでみたいかも?・・そんな想像を膨らませたりしつつ Webを眺めていますね

フリーライドやダウンヒル・・そんな状況には持ち込まない "オブヂェ系" だから
カンティブレーキにしたワケではない!と、皆さんに判って頂ければ幸いですよ
(ギャグをギャグとして理解してくださいね)

Next > 赤い Super V Carbon vol.9
[PR]

by super-v | 2008-12-18 23:56 | エピソード

赤い Super V Carbon vol.7   

2008年 12月 14日

春と秋、それぞれの季節に "赤いオブヂェ" で駆けるようにしています

今春も星降る高原の MTBキャンプイベントへ "赤いオブヂェ" を持ちこみましたし
ほとんど冬になってしまいましたが、今秋も Super V Carbonで駆けてきましたよ


そのあと各部の点検をしつつ分解・清掃をしながら、ワックスをかけて磨きます
これから部屋にて定期メンテナンスを施しつつ、また来春に向けて越冬をします

b0146418_23394196.jpg


"赤いオブヂェ" は HEADSHOK Fatty Air UP Grade Kitへと換装をしてありまして
ヘッドショックおじさんの微笑む Fatty Air調整ダイヤルの反対側、コラム下側に
エアーサスペンションのエア調整をするための、エアバルブが設置されています

b0146418_23395738.jpg


この部分がステアリングコラム下側にある調整のためのエアバルブになりますよ


エア調整を施す場合には、必然的にフロントホイールを外す格好になりますから
頻繁に調整をする際など、ほんのちょっとだけ面倒なエアバルブの設定位置です

タイヤチューブの空気圧と同様にエアーは微量に少しずつ減少していきますので
エアチャンバーの容量が少なく、高圧であるサスペンションのエアーも忘れずに
補充しないとですね・・そう、たとえ調度品であれどオーバーホールも必要です


ちなみに "赤いオブヂェ" のリアサスペンションは FOXのコイルスプリング形式
ですので、この Fatty Airよりも定期オーバーホールの頻度が少なく済んでますよ

スプリングは Super V Carbon LGサイズの純正規格である 850 x 1.38のままです


ほぼオブヂェなのに、そこまでの定期オーバーホールやメンテナンスは勿体無いと
言われますが・・乗らずとも、常に最高の状態をキープしておきたいからなのです

Next > 赤い Super V Carbon vol.8
[PR]

by super-v | 2008-12-14 23:56 | エピソード