赤が好き

ff0000.exblog.jp

ブログトップ

タグ:Red Super V Carbon ( 47 ) タグの人気記事   

赤い Super V Carbon vol.26   

2010年 02月 28日

"赤いオブヂェ" へ Newなサドルバッグを装着しましたよ

b0146418_23481811.jpg
・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

いままでの cannondale純正ボトル in サドルバッグに比べれば、かなりちいさめのモノです
あたらしい scicon製 S-ケース 590のサドルバッグになりました、ちょっとサイバー系かも?


ちょこん!って可愛く佇んでいるのは、キュアパッションたんのトゥインクルマスコットです
まえに EASTON HAVOCシートポストへ換装した際に写っていた、アカルンのパートナーです
(せいいっぱい頑張るわ!・・・・うわーなにをするきさまらー)

b0146418_23483477.jpg
・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

26 x 〜2.125サイズのタイヤチューブとタイヤレバーにヘックスレンチ etcが収まりました
sciconのロゴが入ったラバー系っぽいパーツは、機能などよりもデザイン重視みたいですよ


まぁ・・"赤いオブヂェ" は、ほとんど下界を駆けるコトも無い調度品なので大丈夫でしy(ry
(うわなにをする)

b0146418_2349251.jpg
・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

白き InterMax X-Light号を駆っておられる Zauieさんが、可愛い桃色に彩られた scicon製の
サドルバッグを愛用なさっているのを "視て" いたのもありまして、scicon製をゲットですよ
(プチざんねんながら・・Shopで Zauieさんと "お遭い" して包容をするコトはなかったです)


サドルレールに装着をしているアタッチメントに、サドルバッグの丸い溝を 90°回転させて
ガショ!っという風に装着をします、もちろん "合体!" や "蒸着!" などと叫んでもイイです

"S-Case 590"とロゴが入っている赤いフラップのなかにはレインカバーが内蔵されています
降水確率が "−273.15" %でしか駆けない "赤いオブヂェ" には、きっとコレも無用の機能でs (ry
(ギャグをギャグとして理解してくださいね)

Next > 赤い Super V Carbon vol.27
[PR]

by super-v | 2010-02-28 23:56 | エピソード

赤い Super V Carbon vol.25   

2010年 02月 12日

"赤いブログ" では、あまり載せませんけど・・いちおう私も cannondalistaのつもりですよ?

・cannondale Delta V
b0146418_139272.jpg
・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

・cannondale Super V Carbon
b0146418_1395864.jpg
・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

・cannondale Jekyll
b0146418_1402426.jpg
・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

・cannondale Prophet
b0146418_1404849.jpg
・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

私の Macintosh HDに在る cannondaleフォルダに "いつのまにか" 入っていた画像たちです
いったい、どこの WebSiteにて「保存しますた!」画像なのかは・・全く覚えていませんよ
(うわーなにをするきさまらー)

でも、私よりも遥かに年上の MTB'erな先輩方が駆られる MTBたちだったような気がします!
(グーで殴るのはヤメてくださi)


とくに Super V Carbonは上記に載せたスピードイエローのほかにも数機の黄色があったり
しますし、あの "セルフディスカバリー in 王滝" での絶景に映える銀色の機体もありました

個々に、その時代の cannondale MTBの主力だったダブルサスペンション MTBたちの勇姿が
cannondalistaである私の澄みきった瞳には、惚れ惚れするほど格好よくて魅力的に映ります

b0146418_19175772.jpg
・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

画像は、ふと気がつけば "赤いオブヂェ" なーんて感じの不名誉な銘で呼ばれ始めていまして
その愛称が定着しつつある、私の未舗装路戦闘マシーンな cannondale Super V Carbonです
(うわなにをするきさまら)


このごろは「dw☆Linkはぁはぁ」とか「29'er MTBはぁはぁ」なんて風に喘いでいますけど
巷で言うところのカミングアウトをしちゃえば、やっぱし cannondale MTBが気になります

2010 cannondale MTBモデルでは、それまでの Rize系 Newフレームデザインでデビューを
した RZ One Twentyシリーズが、伝統のオールシチュエーションなモデルになるのかなあ?

上記画像の MTBたちに比べれば "濃さ" は薄まったみたいですが cannondale Rizeシリーズは
とっても評判がイイですし、くどいようですが "cannondelistaとして" 気になるモデルですよ


ただ RZ Oneってネーミングなので XTグレード系のパーツで纏めて組み上げたりしちゃえば
もう RZ & XTで "音叉マーク" 系になりすぎ・・なんて思う、もとモーターサイクリスタです
(ギャグをギャグとして理解してくださいね)

Next > 赤い Super V Carbon vol.26
[PR]

by super-v | 2010-02-12 00:00 | エピソード

赤い Super V Carbon vol.24   

2010年 01月 02日

2010になりまして、なんだか永きにわたって "赤いオブヂェ" のワックスがけを施して
いないような気になったので、実際には大晦日にも磨いたのですが元日にも磨きま shi
("う〜んマンダム♪"・・などと顎手のポーズを決めつつ心満たされた気分になりま shi)

b0146418_2255173.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

"赤いオブヂェ" は Team VOLVO cannondale Missy Giove signature editionなので、彼女の
愛称でもある "MISSILE" と同じ銘を持った IRC MISSILE DHタイヤ仕様に換装をしています


cannondale系デッドストックパーツ・フェチなので、もちろんコレもストックががg(ry
(うわーなにをするきさまらー)

b0146418_2262581.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

コレが IRC MISSILE DHです、林道ポタリングの際にもバクテリア混じりの湧き水は頂かない
シチィボーイで潔癖性の純真無垢な紅顔の私が「Super V Carbonが穢れちゃうよ!」なんて
そっと駆けてみるレベルの未舗装路や人工建造物で遊ぶ程度だと超絶なグリップを誇りますよ
(当然すぎる・・・・)


完全舗装路では "だだだだd・・" なんて、ブロックひとつひとつの "存在と抵抗" を感じます
(当然すぎる・・・・)


もし dw☆Link機構を搭載した MTBを諦めて cannondale MTBを増やすコトがあるのならば
ソレには最近の cannondaleっぽさを感じちゃう MAXXISや VREDESTEINを履かせちゃう?

などと "日記はチラ裏に書け" で "寝言は寝て言え" 系の妄想をしつつ 2010スタートなのですよ

Next > 赤い cannondale vol.25
[PR]

by super-v | 2010-01-02 22:48 | エピソード

赤い Super V Carbon vol.23   

2009年 12月 14日

街のあちこちで Xmasソングを聴く季節になりまして 2009もすぎてゆこうとしています
カーラジオから Xmasソングが聴こえる 1996年の夜に "赤いオブヂェ" は納車されました

b0146418_2222892.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

2008 Xmasに "赤いオブヂェ" で街のカトリック教会を訪ねさせて頂いた際の画像ですよ

いつも春の MTBシーズンオフと、秋の MTBシーズンインの 2回だけしか階下に降ろさない
その銘のとおり "調度品" なのですが 2009は 6月・9月・11月と、ちょっと駆けすぎました


2009の総走行距離は 24.000m!・・もう "セルフディスカヴァリー" って呼んでイイかも?
(うわーなにをするきさまらー)

b0146418_21441934.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

2009.6月に、麗しき赤き衣と編み編み模様が堪らない Carbonスイングアームの天敵である
お陽さま燦々の紫外線を気にしつつ、あひルンルン♪と戯れたり激しく階段を駆け下りたり
して遊んだ cannondale Super V Carbonです、もう愉しすぎるし踏みすぎて脚が痙りました


これは Team VOLVO cannondale Missy Giove signature editionで、Missy嬢の愛称でもある
"MISSILE" と同じ銘を持った IRC MISSILE DHタイヤを履かせていますけれど、舗装路での
走行抵抗は凄まじいモノがあって、駆けている際は常に壮大なタイヤノイズを奏でていますよ
(同じ IRCから彼女のネックレスに?ちなんだ "Piranha" proなんて銘のモノも在りましたっけ)

b0146418_21444583.jpg
・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

そして 先月、2009.11月に EASTON製 HAVOCへ換装して試乗をしてみた際の画像ですよ

ポジションを弄くり回しながら駆けましたので cannondale純正のボトル in サドルバッグ
装着していませんが、改めて画像を見直してみれば・・このほうが "レーシーな佇まい" です


たぶん 2009には、もう "赤いオブヂェ" を階下に降ろして駆けるコトはない?と思いますので
この赤い Blogに載せてみましたよ、草木が生い茂る薫風の頃まで MTBを満喫するつもりです


春の季節に Super V Carbonを駆る際は MTBのシーズンオフになりまして
秋の季節に Super V Carbonを駆る際は MTBのシーズンインになりますよ

Next > 赤い Super V Carbon vol.24
[PR]

by super-v | 2009-12-14 23:56 | エピソード

赤い Super V Carbon vol.22   

2009年 11月 12日

春と秋、それぞれの季節に "赤いオブヂェ" で駆けるようにしています


ことしは "赤いオブヂェ" で駆けぬままに MTBのシーズンインを迎えたつもりでしたけれど
きょうは赤い塗装やカーボン素材の天敵な紫外線も少なげでしたので昼さがりに駆けました
(ちょっとタスクが捌けずに溜まっていますので気分転換の意な面も超激しく兼ねています?)

b0146418_19172464.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

コンクリートヂャングルの "ビル街を颯爽と駆け抜けてく仕様" ・・って、あひルンルン♪が
機嫌よく水浴び & 日向ぼっこをしているような町なので、街まで駆けてくのがポタリングに
なりますが、そのスリックタイヤ仕様の際と DHタイヤ仕様での漕ぎの重さの激差に涙眼です


調度品として眺める際だと、この Missy Giove signature editionに IRC "MISSILE" タイヤの
仕様は、特別な想い入れのある情景なので「はぁはぁ・・」と喘ぎつつ漕いでゆきましたよ

b0146418_19174353.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

私にはセレヴの価格なシートポストの EASTON製 HAVOCへ換装して、はぢめての試乗に
なりましたので、なんども道端でサドルの高さや前後位置を調整しつつ駆けてゆきました


サドルを引き気味にしまして EASTONシート・ポストゲーヂで -<1>- あたりの高さに設定を
してみました、コアな cannondalistaでありフィットネスクラブのゼネラルマネージャーでも
あられる Icofitさんが、ワールドカップ XC MTB'erのライディングポジションを確認なさって
試されているサドルの高さや、いつも私を可愛がってくださる?先輩方のアドバイスを参考に
してみました、舗装路を駆ける際は低めに感じますけれど未舗装路ではイイ感じだと思います

Web Link : ICO Fitness Club Online
(Icofitさん Fitness Club)

でも・・よく考えてみればコレで未舗装路を激しく駆ける機会はナイような気がしま s(ry
(うわーなにをするきさまらー)

b0146418_19175772.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

そうそう、グリップを UN AUTHRIZED Full Throttle 2 ってボルトクランプタイプに換装を
しました、ただ両端にロックリングがあってバーエンドバーとの間に微細な隙間もあります


さすがに肌寒く、季節感に満ち溢れた銀杏の葉が舞い降りるのを眺めつつ小休止をしました
いちばん大好きな Testarossa (赤の 1号) で駆けてきまして、心身共にリフレッシュしました

まぁ、これで溜まりまくったタスクの行程が捗るか否かは・・・・また別の問題です?
(うっわ!なにをするー・・・・)


春の季節に Super V Carbonを駆る際は MTBのシーズンオフになりまして
秋の季節に Super V Carbonを駆る際は MTBのシーズンインになりますよ

Next > 赤い Super V Carbon vol.23
[PR]

by super-v | 2009-11-12 20:12 | エピソード

赤い Super V Carbon vol.21   

2009年 10月 12日

"DETONATOR Strikes Back" に載せたみたく、また WebShopにてパーツを購入しましたよ


WebShopの amazon.co.jpを "密林" なんて略したり、サイクリスタに人気の Wiggle.co.ukは
"自治区" や "獄長" と略すのは面白いです、とくに "獄長" はモニタへコーヒー吹きそうにn(ry
(あ˝〜?聞こえんなあ!!)

職業柄もありますけど完成車やフレーム、サイクルパーツなども可能な限り私が居を構えて
いる近隣の Shopで購入をするようにも心がけています・・"地産地消" って感じでしょうか?
(ちがう気がする)

b0146418_2247285.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

そして "赤いオブヂェ" に組むための・・私にはセレヴすぎな価格の高級シートポストなどが
"自治区" や "獄長" とか "あ˝〜?聞こえんなあ!!" と、呼ばれる Web Shop?から届きました


VooDoo号のシートクランプを破損させまして、それが 28.6mm・31.8mm・34.9mmなどで
なくて 30.0mmなんて超マイナーな内径なので、近隣の Shopにも見当たらず Web Shopにて
購入をするコトにしました、この wiggle.co.ukでは予め設定をされている合計金額を超えると
送料無料になりますので・・"しかたなく" アレやコレ、ついでにソレも♪と買いすぎま s( ry

b0146418_22481177.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

VooDoo号へ換装をしていた "赤いオブヂェ" の純正仕様シートポストも照葉樹原生林の林道
ポタリングの際にクラックを入れちゃいまして、 VooDoo号より "赤いオブヂェ" へと換装を
していたシートポストを元の VooDoo号に戻しましたので "しかたなく" 購入をしましたよ?


"赤いオブヂェ" に購入をした、私にはセレヴな価格のシートポストは EASTON製 HAVOCです
EA70 Al仕様の HAVOCは EA70系統で 6061 Al仕様の VICEは EA30系統になるのでしょうか?


同じ cannondale Super V'istaである INFINITYさんが Blogにて購入なさった HAVOCの画像を
載せておられるのを観まして、まえの EA70なんてオーバル系ロゴはデザインをされていない
みたい?なので購入をしました、EASTON "Eマーク" と " EA70" マークが狭いシートポストへ
縦と横に 2コのオーバルがデザインをされているのは、どうしても好きになれなかったのです
(職業病?なので気にしないでください・・それでVooDoo号のは塗装ごと剥がしてあるのです)

Web Link : INFINITY∞BLOG

ブラーリとブラ下がっているのは、愛娘が気に入っているキュアパッションの "アカルン" です
(吹き荒れよ幸せの嵐!ハピネスハリケーン!!)

b0146418_22482630.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

ちょっとだけ気にしているのは、私の体躯に合わせてサドル高さ〜BB軸を 800mmにて設定を
すると画像みたいな状況になるコトです・・薄めのサドルに換装するのはプチ危険みたいです

Next > 赤い Super V Carbon vol.22
[PR]

by super-v | 2009-10-12 23:56 | エピソード

赤い Super V Carbon vol.20   

2009年 09月 04日

春と秋、それぞれの季節に "赤いオブヂェ" で駆けるようにしています

08春も星降る高原の MTBキャンプイベントへ "赤いオブヂェ" を持ちこみましたし
ほとんど冬になってしまいましたが、08秋も Super V Carbonで駆けてきましたよ


けれども 09春は VooDoo号のみを持ち込みまして、我が家でお留守番をさせました

b0146418_1322134.gif


"赤いオブヂェ" を持ち込むと deboさんが赤いクルマに積んで、お持ち帰りしちゃい
そうな雰囲気を感じていたので、今年は自宅へ飾ったままの状態で参加をしましたよ
(09 春には deboさんが組んでくださって 3年連続 Team優勝を得ました、感謝ですよ)

Web Link : 2009.10.18開催 CSCS-R MTB 2h耐久走行会 in 秋の清和高原

b0146418_2022082.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

そのような感じで、今年は未だ星降る高原の MTBキャンプイベントで駆けていません、でも
梅雨の頃に降水確率が "−273.15" %なのを確認しつつ、2回ほどポタリングをしましたデスよ
(うわーなにをするきさまらー)


いつもは「なでなで♪」しつつワックスかけまくりな雰囲気なのですが、いざ駆ける際には
上記 Linkみたく「うっは♪・・じゃ〜んぷ!」と叫んで斜面に飛び降りたり、人工構造物を
「ぐははははっ♪・・ぶべうっ!」と、連なる段差を "リズム無く" 駆け下ったりしますから
その皺寄せで?テストライドや試乗のつもりが、逆にトラブルを引き起こしたりしています


えっ?
DejaVu・・・・既視感に包まれますか?


ここまで、まえの "赤いオブヂェ" な Blogと、その文章も画像も・・まったく同じですもの
(うわーなにをするきさまらー)

b0146418_23384844.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

なんだか Specifications Changeの雰囲気に包まれている佇まいの "赤いオブヂェ" ですよ


そうですね、いつも熟考と思いつきで弄りながら「やばいな・・」と思いつつ組み上げて
"あとのカーニヴァル" 状態へと嵌り込んで、もとの状態に戻すというパターンでしたよね
(上記 3つの Linkは恥づかしすぎて消し去りたい系の記憶 Blogです)


だけど、こんどの "赤いオブヂェ" のモディファイでは果てしなくカッコいいモデルが存在
しているので "ブリぢストンを叩いて渡らない" ほどに、ルックスが完璧予想済みなのです

Web Link : INFINITY∞BLOG
(カッコいい Super V Carbonモデル Blog)

b0146418_23391683.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

これこそが MTBというほどにオーソドックスなフレームデザインである VooDoo号のときは
ちょっとだけ、フレームの前三角が前四角っぽい大きめサイズとの相乗効果もあって可笑しい
ルックスになっちゃった "禁断のパーツ" な 26 x 1.25サイズの MTBスリックタイヤ仕様でした

でも、もともと "なんだかよくわからない" 異形フレームのデザインを持つ "赤いオブヂェ"
その MTBとしてのルックスが破綻するほどの違和感もなく、綺麗で麗しく纏まっていますよ


砂埃や泥濘を想像させる MTBなんて野蛮なモノを感じさせない清潔感もイイ感じでs(ry
まぁ、ほとんど未舗装路を駆けるコトは・・というか、2Fの調度品なのでイイ感じでs(ry


春の季節に Super V Carbonを駆る際は MTBのシーズンオフになりまして
秋の季節に Super V Carbonを駆る際は MTBのシーズンインになりますよ
(ギャグをギャグとして理解してくださいね)

Next > 赤い Super V Carbon vol.21
[PR]

by super-v | 2009-09-04 00:24 | エピソード

赤い Super V Carbon vol.19   

2009年 08月 31日

春と秋、それぞれの季節に "赤いオブヂェ" で駆けるようにしています

08春も星降る高原の MTBキャンプイベントへ "赤いオブヂェ" を持ちこみましたし
ほとんど冬になってしまいましたが、08秋も Super V Carbonで駆けてきましたよ


けれども 09春は VooDoo号のみを持ち込みまして、我が家でお留守番をさせました

b0146418_1322134.gif


"赤いオブヂェ" を持ち込むと deboさんが赤いクルマに積んで、お持ち帰りしちゃい
そうな雰囲気を感じていたので、今年は自宅へ飾ったままの状態で参加をしましたよ
(09 春には deboさんが組んでくださって 3年連続 Team優勝を得ました、感謝ですよ)

Web Link : 2009.10.18開催 CSCS-R MTB 2h耐久走行会 in 秋の清和高原

b0146418_2022082.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

そのような感じで、今年は未だ星降る高原の MTBキャンプイベントで駆けていません、でも
梅雨の頃に降水確率が "−273.15" %なのを確認しつつ、2回ほどポタリングをしましたデスよ
(うわーなにをするきさまらー)


いつもは「なでなで♪」しつつワックスかけまくりな雰囲気なのですが、いざ駆ける際には
上記 Linkみたく「うっは♪・・じゃ〜んぷ!」と叫んで斜面に飛び降りたり、人工構造物を
「ぐははははっ♪・・ぶべうっ!」と、連なる段差を "リズム無く" 駆け下ったりしますから
その皺寄せで?テストライドや試乗のつもりが、逆にトラブルを引き起こしたりしています

b0146418_23312846.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

よく「サドルとハンドルバー落差の位置関係はどれくらいです?」と質問を頂きますので
ちょうどイイ感じの写真が在ったから載せますね、これでも実際はヒジに余裕が在ります

現在のサドル高さ〜BB軸は 800mmで、サドル〜ハンドルバーが 780mmになっています
もうワンサイズ大きめもよかったかも?ですが、振り回すにはコレくらいがイイ感じです
(VooDoo号は同じようなサイズで "ちょっと気楽でアップライトなジオメトリ" になります)


先日ココを通ったら、まだメコン川流域のように草木が激しく生い茂っていましたけれど
なんだか最近、夜の帳が降りる頃には秋の風情を感じる風や虫の声も聴こえてきますから
MTBのシーズンインになる季節が、もう・・そこまで来ているような気がして嬉しいです


春の季節に Super V Carbonを駆る際は MTBのシーズンオフになりまして
秋の季節に Super V Carbonを駆る際は MTBのシーズンインになりますよ

Next > 赤い Super V Carbon vol.20
[PR]

by super-v | 2009-08-31 23:56 | エピソード

赤い Super V Carbon vol.18   

2009年 08月 04日

さきにリアのスイングアームまわりをオーバーホールしてから、その調子具合をみるため
確認のテストライドとやらを実行しましたので、もういちどオーバーホールを施して組み
直しました、目視で視認できない埃などが噛みこんでいたら "たいへんなコト" になります


そして、空模様を睨みながら "気軽でライト" な再度のテストライドをしてみたのですが
ペダル > 足裏 > 足首 > 脛 > ヒザ > せくしぃなフトモモ > ビッグマグナムの股間へt(ry

とにかく違和感があったのですよ、なんてこった!です・・"主よ人の絶望の悲しみよ" です

b0146418_0313433.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

おそるおそる ・・ギアクランクを揺さぶってみると微妙に微細に "ぐらつき" が在りました
(蒼天を仰いで・・さめざめと泣いたです)

BB軸に直接接触しているパーツに亀裂が入って、左右方向の "ガタ" が発生していましたよ
でも振り返ってばかりでは進めませんので、硬剛性能の TANGE BBに換装をしちゃいました


BB軸は FOES号でも逝かせたコトがありますが、高低差が在って連なっている段差を速い
速度で跳ね駆けたときは逝きやすい気がします、マチョい DH / FR系ブランドのモノならば
"より速く・より高く・より遠く" へ飛翔できる性能と信頼性を兼ね備えてるのでしょうか?
(でもカンパにょろ製カーボン・スクエアテーパーの BBなんかは飾りたいほど麗しいですよ)

b0146418_032793.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

そうそう、シートポストのほうもサドルレールを 2本締めをするタイプの塗装を終えまして
"赤いオブヂェ" に換装をしましたです、イイ感じ?のフラットカラーに仕上がりましたですよ


ブラーリとブラ下がっているのは、愛娘が気に入っているキュアパッションの "アカルン" です
(ナンヤソレ)

Next > 赤い Super V Carbon vol.19
[PR]

by super-v | 2009-08-04 22:55 | エピソード

赤い Super V Carbon vol.17   

2009年 07月 28日

まえに "赤い cannondale Super V Carbon萌え日記シリーズ" にて、この春から
愛娘も小学校へ入学をするコトになりまして・・ベッド付きの学習机など届いた
モノですので、私の仕事部屋までを巻き込んだ "たいへんなコト" になっています

なんて感じで、家財道具に埋もれた "赤いオブヂェ" の写真も載せておりましたが
私の業務部屋を、心休まる和室からプレッシャーに追われる洋室に移しおえました
(MTBは USAブランド系で揃えていますけれど畳と障子の部屋が好きだったですよ)

b0146418_22313121.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

晴れの日はアイデアを浮かべるためにポタリングをしますが、梅雨時は無理っぽいですよ

雨天の際はヒマさえあれば・・ミスタイプです、アイデアに悩む際は気を紛らせるために
ワックスがけなどをしつつ「キュピーン!」と、ナニかを閃かせる作業をしますけれども
ほとんどの場面で "赤いオブヂェ" 磨きに熱中して、当初の目的を忘れがちになりますよ?
(「そこが可愛いチャームポイントだね!」って、ですか?・・いやぁ照れちゃうなあ♪)


写真に写っているデスクトップ・パソコンですが、いまは予備機になっておりまして
チビたちの DVD観賞用マスィンになっていますが、ポニョやフレッシュプリキュアの
DVDも発売されましたので、私の視界に入るため気になって業務に影響がでまくりd(ry


いえ・・またミスタイプです

b0146418_22315492.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

2月にワイヤーケーブル類の交換をしまして、そのあいだ時間にして 7.200秒!ほどもの
悠久の時の流れを駆けましたし、定期メンテナンスを兼ねてワイヤー類を全交換しました

そしてリアのスイングアームまわりをオーバーホールしてから、その調子具合をみるため
確認のテストライドとやらを実行しましたので、もういちどオーバーホールを施して組み
直しました、目視で視認できない埃などが噛みこんでいたら "たいへんなコト" になります


業務部屋を移動しおえまして、私の業務机も職員室に在るようなコクヨのスチールデスク
風のモノから、ちょっとコ洒落た感じのウッディな雰囲気に "チェンジ!" をしてみまして
さらに "偉いヒト" っぽく、壁を背にした配置をしてみたり?しちゃったりしましたけれど
この洋室は窓やクローゼットが在るために "赤いオブヂェ" を壁際に飾っておけないのです


部屋の中央に "真のオブヂェ" として鎮座させれば、妻がマジギレ暗黒系オーラを噴き出し
ましたし、階段のサンルームだと私の視界に入らなくなるし、ラックもニガテで悩みます

Next > 赤い Super V Carbon vol.18
[PR]

by super-v | 2009-07-28 23:45 | エピソード