赤が好き

ff0000.exblog.jp

ブログトップ

タグ:Red Super V Carbon ( 47 ) タグの人気記事   

赤い Super V Carbon vol.36   

2011年 07月 25日

( ゚∀゚)っ0 とれたての〜た〜ま〜ご〜♪

このごろの流れでいえば、"とれたて" ってくると "とれたてフレッシュ!" になりますが
この赤いブログでも毎年 7月はぢめに必ず載せている "たまご警報発令ちう!" になります

赤い Blog Link Page > 2008.07 "たまご警報発令ちう!"

赤い Blog Link Page > 2009.07 "たまご警報発令ちう!"

赤い Blog Link Page > 2010.07 "たまご警報発令ちう!"

赤い Blog Link Page > 2011.07 "たまご警報発令ちう!"

b0146418_2322126.jpg
・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

Thor Hushovd Proと Fabian Cancellara Proのマッチョでデカくてゴツい 2人が
すっごく楽しそうにエトワール凱旋門の在るシャンゼリゼ通りへ向かっています
(なぜか私は "♪おおシャンゼリゼ"ではなく "♪パリの空の下"が脳内再生されまs)


もちろん、マッチョな 2人はマイヨ・アルカンシェルを纏える超一流サイクリスタです


b0146418_23223165.jpg
・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

2011の "( ゚∀゚)っ0 とれたての〜た〜ま〜ご〜♪"である Cycle Roadraceイベントで
長身の Frank Schleck & Andy Schleck Proに挟まれて、マイヨ・ヂョーヌを身に纏う
顔がゴツい Cadel Evans Proです、とうとう "( ゚∀゚) とれたま!"の総合優勝ゲットだよ!
(しあわせゲットだよ!!・・・・うわなにをするきさまらー)


b0146418_23224810.jpg
・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

御存知の方も多いと思いますけれど、顔がゴツくてマチョすぎる Cadel Evans Proは
VOLVO cannondale Teamでの MTB WCチャンピオンで saeco cannondale Teamにて
ロードを駆るようになり、マイヨ・アルカンシェルも獲得した超一流サイクリスタです
(爽やかなブルーで彩られた "青 VOLVO"カラーでした)


cannondalistaの先輩方が時折、遠い眼をしつつも愉しそうに熱く語られるコトが多い
cannondaleの黄金期を想いださせてくれた Cadel Evans Pro優勝おめでとうございます

Next > 赤い Super V Carbon vol.37
[PR]

by super-v | 2011-07-25 23:56 | エピソード

赤い Super V Carbon vol.35   

2011年 05月 21日

2010.10.31に、大好きな照葉樹原生林での林道ポタリングを愉しもう!としていたとき
ちょうど、脚部への重度火傷に遭いまして 2010の MTBシーズンをダメにしちゃいました


寒いギャグを織り交ぜつつ、激明るい雰囲気に満ち溢れた治療をしてくださったドクターや
献身的であり慈愛に満ちた看護をしてくださった、凛として麗しきナースの皆さまの御陰で
我が赤の 1号機 = TESTAROSSAな "赤いオブヂェ"の脚部がカーボン・スイングアームみたく
私の脚がカーボン製義肢になるのを防いd・・すこし指や足甲の形状がヘンではありますが
親から貰った DNAクンたちも頑張ったみたいで、あとはリハビリをするのみになりましたよ
(形状が異形なのは仕方ないです・・異形なフレーム形状の MTBを乗り継いできましたし?)


治療を進めて頂く際に「実年齢から診ても肉体年齢が凄く若いため治りが早い」と言われて
リアルでも若いヤングですけれど?って思いましたが、アルコールを嗜まないので筋肉組織
などの再生能力や強化能力へ超良好な結果となったそうです、でも夜宴の際には浮いてまs (ry

b0146418_22143477.jpg
・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

庭をみても羽虫などが嬉しそうに飛び交う季節になっちゃって、きっと林道ポタリングの
大自然界などは昆虫類や多足類が蠢きまわる、私にとって魑魅魍魎で天外魔境の世界へと
変動しつつあるコトが容易に想像できますし、毎年の神聖な儀礼である "赤いオブヂェ"を
2Fより下界へと持ちおろしまして、2010 MTBのシーズンオフを迎えちゃうコトにしました


ええ、もちろん "赤いオブヂェ" は 2010.10.10より下界に降りぬままで 200日経ってまs (ry
(うわーなにをするきさまらー)


いつもは調度品として眺めつつ愛でていますので、いざ駆ける際には甘く濃厚な瞬間
満喫しちゃおうなんて欲張って、狂おしく駆けるあまり BBユニットを壊したりしますが
こんどは流石にソレっぽく駆けるコトも無理みたいですし、庭先で磨くのみにしましたよ
秋に迎える 2011 MTBのシーズンインになれば、そのときは "赤いオブヂェ"で駆けたいです
(まあ常日頃もヒマをみつけては磨きまくっているのですけれd・・・・うわなにをする)
(ギャグをギャグとして理解してくださいね)

Next > 赤い Super V Carbon vol.36
[PR]

by super-v | 2011-05-21 22:58 | エピソード

赤い Super V Carbon vol.34   

2010年 10月 10日

涼しい雰囲気になりつつある秋晴れの日に、今年も MTBのシーズンインを告げる儀式として
キュアパッション機・・・・ちがう、我が赤の 1号機である "赤いオブヂェ" で駆けてきました
(吹き荒れよ!幸せの嵐!!プリキュア・ハピネスハリケーン!!)

b0146418_2205657.jpg
・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

なんだか、この身体も馴染んだなあ・・・・ちがう、この機体も既に 14年ほど経ちますので
インターバルはあれども、アダルトっぽく言へば "肌と肌が合う" みたいな?感じがイイのかな
(なに "えちぃ" コトを想像してるンですか?って・・・・うわーなにをするきさまらー)

b0146418_2214184.jpg
・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

そうそう、とうとうリアスプロケットからスポーク側へチェーンの脱落を防止するカバーも
取り外しました、古くなった G-Shokのクリアモデルみたく白濁をしちゃってたからなのです

外す際にフリーホイールからスプロケットを抑える工具は購入していないので、いつもみたく
私のモミジのように可愛い手で「どりゃ!」っと、ワシ掴みにしてロックリングを外しました
(だから専用工具を購入しないのでs)


今まで脱落をしたコトはないですが、あのプラちっちパーツを装着をしてあった方が安心なの
ですけれども、装着をしてないほうがスッキリしていてレーシーな佇まいなのは確かかもです

b0146418_2053638.jpg
・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

この画像を撮っていた際にも通りすがりの方に質問されたのですが、サドルとグリップとの
落差は私にとってフツーの感じで、この感じでヒジが自然に軽く曲がるような雰囲気ですよ

お察しの通りで、脚が長いのではなく腕が長いからなのだよ・・・・ほっといてくださいな?


春の季節に Super V Carbonを駆る際は MTBのシーズンオフになりまして
秋の季節に Super V Carbonを駆る際は MTBのシーズンインになりますよ

Next > 赤い Super V Carbon vol.35
[PR]

by super-v | 2010-10-10 22:56 | エピソード

赤い Super V Carbon vol.33   

2010年 08月 08日

熱く暑い夏期の真っ盛りって雰囲気な毎日が続きます、たまには業務部屋に "赤いオブヂェ"
持ち込んで、そのメカメカした佇まいを愛でつつ "漢の書斎" みたいな雰囲気を楽しみたいです
(う〜ん・・・・MONDOM♪)

b0146418_2329207.jpg
・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

Webに繋いでいる林檎マークのラップトップ PCで、夏の夜のひとときを "赤いオブヂェ"
一緒にすごすのも、なんだかイイ感じでs・・・・って、おもいっきし画像をマチがえてるし!
(吹き荒れよ!幸せの嵐!!プリキュア・ハピネスハリケーン!!・・うわなにをするきさまr)

b0146418_23301078.jpg
・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

いつも DeskTop Pictに設定をしていて、お庭の駐車場で控える VooDoo号の勇姿も眺めつつ
来たるべき 2010 MTBのシーズンインなんかを楽しみに妄想しつつすごす、盛夏の夜なのです
(ほ・・ほんとに VooDoo号のほうをデスクトップピクチャにしているンだからっー!!)


春の季節に Super V Carbonを駆る際は MTBのシーズンオフになりまして
秋の季節に Super V Carbonを駆る際は MTBのシーズンインになりますよ

Next > 赤い Super V Carbon vol.34
[PR]

by super-v | 2010-08-08 23:56 | エピソード

赤い Super V Carbon vol.32   

2010年 06月 30日

「 "C.O.G" of the cannondalista, by the cannondalista, for the cannondalista. 」
 〜 Mr.HEADSHOK - Uncle Brad 〜
 (注意 : ↑クリックしちゃうと・・のけぞるかもですよ?)

b0146418_20331421.jpg
・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

なんどか、この赤いブログでも載せたコトがある cannondale Owners Group = C.O.Gです

WebLink : cannondale Owners Group
( C.O.G : キャノンデール・オーナーズ・グループ)

先日、この C.O.Gに登録をした 1000名のメンバーまでに Founding Member記念プレートが
届いておりました、はい・・そうです、ちょっと遊びすぎちゃった画像を載せたときでs(ry

b0146418_18461379.jpg
・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

こんどは、その C.O.Gメンバー向けにエマージェンシーカード・データの配布がありました
血液型に緊急連絡先、持病やアレルギー情報などを記載するようになっているカードですよ


ふと「林道ポタリングのソロ探索系だと "千の風になって" から発見されそうだなあ」なんて
想いが脳裏をかすめちゃった MTB'erなのですが、携行をしておいても損はナイと思いました

白頭鷲がカッコよかった KING KENNY Proの Ride to Win "Breaking, lean, exit!" ではなくて
"Breaking, lean, courseout!" なんて悲惨なコトは MTB'erも Road Racerでも避けなきゃです


ちなみに、C.O.Gでのプロフィール画像にしてる "赤いオブヂェ" を貼った 1枚目の上記画像も
エマージェンシーカードを載せた画像も、通常の 3倍速い "赤くん専用" に改造してありまs(ry
(うわーなにをするきさまらー・・・・ギャグをギャグとして理解してくださいね)

Next > 赤い Super V Carbon vol.33
[PR]

by super-v | 2010-06-30 19:48 | エピソード

赤い Super V Carbon vol.31   

2010年 06月 12日

"赤いブログ" では、あまり載せませんけど・・いちおう私も cannondalistaのつもりですよ?

なかでも、とくに "赤いオブヂェ" の cannondale Super V Carbonistaな MTB'erの皆さまと
色々な情報交換などをして楽しませて頂いておりますよ、皆さまの愛機を載せてみましょう
(たまたま Webで拾った画像が "偶然" にも私の cannondaleフォルダに入っていたのです!)


・・・・うわーなにをするきさまらー


AEJ's cannondale Super V Carbon
b0146418_2310112.jpg
・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

WebLink : マロン父ちゃん
(AEJさんのマロンくん Blog)


INFINITY's cannondale Super V Carbon
b0146418_23101957.jpg
・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

WebLink : INFINITY∞BLOG
(INFINITYさん Blog)


・セブロゥ's cannondale Super V Carbon
b0146418_23104144.jpg
・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

って・・・・黄色ばっかしやんけ!
(うわなにをするきさまら)


私も cannondale Super V Carbonといへば、この Speed Yellowが真っ先に思い浮かびます
私の "赤いオブヂェ" って Team VOLVO cannondale Missy Giove signature editionなのです


川崎絶人's cannondale Super V Carbon
b0146418_2311149.jpg
・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

しかし cannondale Super V Carbonで、王滝 SDAを「メタボリックエンジン全開!」
駆けておられる川崎絶人さんは "闘う Super V" と呼ばれている "銀の剣" としても名高い
ポリッシュカラーの Super V Carbonを駆っておられます、cannondaleブランドの Bike
ではアルミニウム製のフレームを丹念に磨き込まれたポリッシュカラーも有名なのですよ

WebLink : 漂えど沈まず
(川崎絶人さん Blog)


川崎絶人's cannondale Super V SX
b0146418_033108.jpg
・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

その川崎絶人さんが、王滝 SDAの超激未舗装路では降雨の際に Vブレーキがボトルネックに
なりますので、Super V Carbonではリアのカーボンアームへ Disk台座を付けるのは非常に
難しいですから、つぎなる王滝 SDAに向けて新たに投入をなさるのが・・また Super Vです
(cannondale Super Vフレームへの愛が深くて熱くて暑くて濃いすぎr)


って・・・・さらに黄色が増えとるやんけー!!
(うわなにをする)


・cannondale Super V Carbon
b0146418_23122575.jpg
・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

"赤いオブヂェ" とか "赤い調度品 " とか "飾る Super V" なんて迷称で呼ばれていますけども
まぁ・・赤いブログのタイトルどおりに、赤が好きですから "赤いオブヂェ" でイイのですよ


あれ?・・なんだか、眼から流れでてくるアセで液晶モニタが曇って見にくいような気がすr?
(ギャグをギャグとして理解してくださいね)

Next > 赤い Super V Carbon vol.32
[PR]

by super-v | 2010-06-12 00:24 | エピソード

赤い Super V Carbon vol.30   

2010年 05月 30日

春と秋、それぞれの季節に "赤いオブヂェ" で駆けるようにしています


コレにとってのシーズンオフ・・というか "赤い調度品" の間に HEADSHOK Fatty Air仕様
メンテナンスを施しまして、ちょうど MTBのシーズンオフを迎える季節だし駆けてきました
( Team Liquigas cannondaleの Ivan Basso Pro・・・・2010 Giro de Italia制覇おめでとう!)

b0146418_1185477.jpg
・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

って、感じでキメちゃう♪つもりでしたけれど・・・・ワックスぴかぴか〜♪なんてコトを
していると、妻より「忘れ物があったのよ!」なんてスクランブル発進の指令がありました

なぜか家族全員でショッピングモールに向かいまして、帰宅する頃には夕刻の佇まいになtt (ry


皆さんも月曜日のコトを想って沈みがちになる時刻になって "赤いオブヂェ" を漕ぎだします
"MTBシーズンオフの儀礼" は完遂しようと、このごろ気に入っているスポットへ向かいました

b0146418_1192952.jpg
・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

いつもみたいに VooDoo号でフラットダートから "みちではナイところ" を駆けくだるみたく
おなじように駆けくだってみますが、このサドルとハンドルバーの位置関係で問題はナシです


なんだか「 "赤いオブヂェ" で駆けているよ♪」ってコトで、ヘンな分泌液も湧いているのか
スパシーボ・・ちが、プラシーボ効果みたいな気分もあるのか最狂なポヂションに感じますよ

b0146418_1201784.jpg
・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

でも、VooDoo号を "未舗装路とはちがって舗装路も気楽に愉しく駆けられるポヂション"
振りまして "赤いオブヂェ" も現代風なサドル〜ハンドルバーの落差にしようかとも思います


てな感じ?のコトをココから帰宅をしたあと、夕食の際に最愛の家族たちへ話してみました

妻「どうせ乗らないから無駄よね」
愛息「・・・・・・・・・・・・」
愛娘「私の Suoer Vを触らないで」

なんだか、私の赤い cannondale Super V Carbonの所有権が知らぬまに?変更されている
ような返事が混ざっているのが気になりましたけれど、概ね同意できちゃう返答ばかりです

b0146418_23512888.jpg
・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

まぁ、つぎに駆けるのはカレンダー通りなら 10月頃でしょう・・じっくり熟考してみますよ
(うわーなにをするきさまらー)

b0146418_1205165.jpg
・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

サイバーちっくな佇まいが、ぷち気に入っている scicon製の S-ケース 590サドルバッグでは
真っ赤なキュアパッションたんが、はぢめて階下に降りて外に出たからなのか微笑んでいます
(トウィンクルマスコットをクローバースイングに換装しましt・・うわになにをするきさまr)

てな感じで、ウォータボトルを cannondaleではなく Francaise des Jeuxにして撮りましたよ?
(わかってくれるヒトがきっと居るって・・わたし信じてる!)


春の季節に Super V Carbonを駆る際は MTBのシーズンオフになりまして
秋の季節に Super V Carbonを駆る際は MTBのシーズンインになりますよ

Next > 赤い Super V Carbon vol.31
[PR]

by super-v | 2010-05-30 23:56 | マウンテンバイク

赤い Super V Carbon vol.29   

2010年 05月 04日

Golden Weekになってから、なんだか春を通り越して初夏を迎えたような気がする陽気です
あとすこしで MTBのシーズンオフになりそうだから "赤いオブヂェ" で駆ける日も近いかも?


そういえば Team Liquigas cannondaleで薬物疑惑の報道を見聞きしました・・なんだかなあ

b0146418_31823.jpg
・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

ほぼ 2Fでの調度品と化している・・真っ赤な cannondale Super V Carbonなのですけれども
常に臨戦態勢スクランブル待機のメンテナンスを施していますので、すぐに駆けれる状態です
(なんだか HEADSHOK Fatty Airに毎回施す定期オーバーホールに掛かる出費はイタイかも?)


この "赤いオブヂェ" は妻を娶ってからも、ながく寝室のベッドサイドに鎮座させていたので
たぶん、私たちの愛の育みも "視て" ・・R18指定のためカット・・で、愛息を授かりまして
彼がベビーベッドから眺めつつ育った 1/1スケールの "赤い自転車の玩具" だったみたいですよ
(ちいさな手で触ったあとや・・ "かじってみた" あとがベタベタとイッパイついていましたよ)


どうも私が自分で砂塵や泥濘に塗れさせるのは無理っぽい気分なのですが、彼が大きくなって
駆けるコトで Super V Carbonが MTBらしく使われるのはイイかな?などとも思っていました

b0146418_314262.jpg
・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

そうして、よちよち♪・・と掴まり歩きをはじめて両親や私たちが喜んでいた頃でしたが
彼は大病を煩わって、まえにも載せた画像みたく Wheelchairを必要とする身体になります

彼が NICUに入っていた病院を抜け出して、夜の公園で桜が咲き誇っている空を仰ぎました
春には桜花が満開になる季節になりますけれど、赤いブログにて載せない理由はソレですよ
(ちょっとづつ「ああ・・やっぱし綺麗なのかな」と思えるようにはなっている気もします)


そして "赤いオブヂェ" を彼に譲るコトは文字通り "夢" になりました、それも理由なのかも
ですけれど上記画像の赤い Wheelchairが 4号機・・リンク先へ載せたモノは 2号機でして
毎回 DeRosaや PINARELLOのトップモデルが購入可能な金額に負担をしてでも、軽量の
フレームや夏でも快適にした、ワンオフ仕様の "赤い Wheelchair" を愛息の愛車としました


私が大好きで愉しく駆けている MTBに彼を乗せてあげれなかった、親としての自己満足です

b0146418_325456.jpg
・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

そのような桜花の季節を終えて、ずーん・・と沈んだままで迎えた盛夏に「おぎゃー!」って
元気があり余った健康優良児で、きっと妻のおなかに "ちんこ" を忘れて来たのではないか?と
思うほどの "超おてんば娘" を授かりました、それから彼女は我が家の元気の源になっています


なぜか "きをつけ!" で写っていますが、この桃色 SCHWINN号に付いている補助輪の走行音を
ごろごろ♪と鳴らせつつ、いつも私の日課な夕刻のポタリングに "くっついて" きていましたよ
(正確には・・いまでも隙あらば "くっついて" きています)

b0146418_335862.jpg
・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

そのうちに補助輪がなくても駆けれるようになりまして、さらに彼女の行動半径が広がります


三輪車の頃に与えていたヘルメットも小さくなり、私のよりも遥かに高級でエアインテークの
数も多くて今風のデザインを施されたヘルメットを与えました、私のモノは妻に却下されまsh
(いつか "赤い水玉模様" にしちやる!・・・・激登坂は嫌いだけどデザインが好きだからっ!)

b0146418_352777.jpg
・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

気がつけば、すくすく♪と成長をしまして・・まあ現実には食費や服代で判ってはいますが
BMXバーへ、つかまるように駆けていた彼女には桃色 SCHWINN号も小さくなっちゃいます


MTBイベントのキッズレースでボディウムに立ったりして、その頃は妻もノリノリ♪状態で
サスペンションフォーク付きの Jr.MTBなどを観ていた、とっても微笑ましい家庭でしたが
愛娘が小学校に進学をして、町のマラソンで代表に選ばれたり県の美術展で特賞を取ったり
しはじめてから、妻が通知表を微笑みながら眺めるようになりまして「はぁ?MTB??」
いった、けしからん態度になりましたので「それでも MTB'erの妻かッ!」って厳しく叱りm
(もちろんいえません)


それでも、私は MTB'erであり・・愛息が "赤いオブヂェ" を触って愛でる姿を "視る" たびに
せつない想いをしますし、父親として孤独に闘い続けて愛娘の Newマスィンをゲットします
(愛息に「あまり触ると指紋がつくではないか?」とかいったり・・うわなにをするきさまら)

b0146418_372386.jpg
・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

サスペンションフォークに Vブレーキ仕様を奢った、本格的な Jr.MTBではなくなりましたが
MTBスタイルな桃色の Jr.サイクルで嬉しそうに駆ける彼女を観て、私も嬉しくなりましたよ

初期装備で装着をしてあった、せっかくのマッドガードは彼女の好みに合わなかったらしくて
取り外します、付いているほうがイイのに「お父さんも、おじちゃんたちも付けてない!」
少女の主張をされたら返す言葉がなく、でもカゴは習い事でも便利だと気に入ったらしいです
(母や妻が新陰流とか亀仙流?なんて流派の "お花" を習わせてますが・・私は興味がないです)

b0146418_51212.jpg
・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

この桃色号の購入をする際に、お店の方が「2年生だったら 24インチは大きくないかな?」と
教えてくださったのに、彼女が「フレームに跨がって脚が届く高さだから大丈夫です!」って
応えた際には私の顔から火が噴き出そうなほど恥ずかしかったですよ、プロの方にそのような
受け答えをするなんて・・おませな彼女も、まだまだ世間知らずの子どもだなあと思いました


さっそくリアブレーキで、このときに川原で雁回山さんが教えてくださったテールハッピーな
おしりフリフリ♪のスライドダンスを練習していたので、フロントブレーキとリアブレーキの
使い方をもういちど教えてから、下りをスタンディングで駆け降りさせたりして遊びましたよ

Web Link : MTB黒田塾
(雁回山さん Blog)

b0146418_502084.jpg
・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

Golden Weekは子どもの日でもありますので、彼女の桃色号の初ポタリングも兼ねちゃって
朝から国際展示場にて開催されていた、フレッシュ・プリキュアショーを楽しく観てきました
遊園地のほうではハートキャッチ・プリキュアショーを開催していたのでプリキュア全開です
(私が観たいのではないのですよ?・・真っ赤なキュアパッションたんが居なくて凄く悔しかtt)


ロングフラットダートを駆けてみたりしながら、ちょっと長めのポタリングをする途中に在る
町の文教施設へ立ち寄りまして休憩をしました、併設をされている図書館で本を選んだあとは
よく私が「ぐぬぬ・・」って、嵌った際に立ち寄る親水公園で遊んでから帰路に着きましたよ

この日はブロックタイヤを履いた MTBスタイルの Jr.サイクルで 20kmほどを駆けたのですが
彼女は Newマスィンをゲットした嬉しさもあったのか、とても元気なままで帰宅をしました


春の季節に Super V Carbonを駆る際は MTBのシーズンオフになりまして
秋の季節に Super V Carbonを駆る際は MTBのシーズンインになりますよ


彼女が「キャノンデール・スーパーVは私が乗るもん!!」というたびに、あれを駆るほどの
体躯になるのは、ちょっとなあ・・なんて思いつつも、嬉しくなったりする気持ちもあります
(ギャグをギャグとして理解してくださいね)

Next > 赤い Super V Carbon vol.30
[PR]

by super-v | 2010-05-04 23:56 | エピソード

赤い Super V Carbon vol.28   

2010年 03月 26日

「 "C.O.G" of the cannondalista, by the cannondalista, for the cannondalista. 」
 〜 Mr.HEADSHOK - Uncle Brad 〜
 (注意 : ↑クリックしちゃうと・・のけぞるかもですよ?)


b0146418_20331421.jpg
・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

このたびキャノンデリスタの公認オーナーズクラブである WebSiteが開設されましたよ
Webでもメヂャーな mixi形式の SNS : ソーシャル・ネットワーキング・サイトなのです

WebLink : cannondale Owners Group
( C.O.G : キャノンデール・オーナーズ・グループ)

C.O.G Webメンバーへ登録をするには cannondaleのフレームナンバーが必要になりまして
もちろん私は "赤いオブヂェ" で登録をしました、上記画像の "赤い cannondale" が目印です


赤いブログにも C.O.Gから飛んで来てくださる cannondalistaの方が多いのですけれど
赤いブログでは VooDoo号の日記ばかりになっている状況なので・・・・すいませn (ry
(ギャグをギャグとして理解してくださいね)

Next > 赤い Super V Carbon vol.29

Next > cannondalista Driver's license
[PR]

by super-v | 2010-03-26 21:40 | エピソード

赤い Super V Carbon vol.27   

2010年 03月 08日

先日 "赤いオブヂェ" へ Newなサドルバッグを装着しましたよ


もちろん scicon製 S-ケース 590のサドルバッグが "蒸着!" してある "赤いオブヂェ" の麗姿を
にこにこ♪しながら眺めて愛でるばかりですので、階下の庭先にさえ降ろさない調度品ですよ
(うわーなにをするきさまらー)

b0146418_23481811.jpg
・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

いままでの cannondale純正ボトル in サドルバッグに比べれば、かなりちいさめのモノです
あたらしい scicon製 S-ケース 590のサドルバッグになりました、ちょっとサイバー系かも?


ちょこん!って可愛く佇んでいるのは、キュアパッションたんのトゥインクルマスコットです
まえに EASTON HAVOCシートポストへ換装した際に写っていた、アカルンのパートナーです
(せいいっぱい頑張るわ!)

b0146418_2349251.jpg
・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

こののサイバーちっく系?なデザインの S-ケース 590なのですが、容量ちいさめモデルの
S-ケース 390と共に、ユーザーレビューでは "☆☆☆☆☆" で "☆☆☆☆☆" みたいに厳しい
評価になっていたりします、デザインは誉められていますけれど使用感は厳しいみたいです


と、いいますか・・・・ぷち "ブチキレ" ぎみっぽい激怒系ユーザーレビューもありまsh (ry
(exciteの機械翻訳を通してなので私の曲解だったらいいのですけれど)


このファーストロット・・いわゆる初期モデル系はジッパーの部分に銀色のリフレクト素材を
設定してあったみたいで、それがジッパーの開閉で崩れてくるというレビューがありましたよ

私が購入をした 2010モデルは、そのリフレクト素材が "なかったことに" なったみたいで s (ry

b0146418_23301855.jpg
・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

そして "ぶちっ!" っと、激怒烈火噴火系レビューに多かったのは S-ケース・サドルバッグの
サイバーちっく系?でも、どこか愛らしくもあるボディーが落下して転がるというモノでした

サドルレールに装着をしているアタッチメントに、サドルバッグの丸い溝を 90°回転させて
ガショ!っという風に装着をする Roller Systemではなくて、サドルバッグのほうに固定を
してあるパーツの折損によって、この sciconサドルバッグが錐揉み飛行しちゃうみたいです


その対処法が "CBNANASHI.NET" というパーツレビューサイトに掲載をされていましたので
それを参照しつつ対策を施してみたのが上記の画像になります、銀色のパーツへ換装しました
(麗しきキュアパッションたんへ装着をした麗しきレッドメタリックのカラビナではないです)


"Your Own Risk"・・"改造は自己責任" ですし、先人にアイデアを頂きましたので詳細の掲載は
控えさせて頂きますけれど、同じく scicon製のサドルバッグを購入なさる方のためにヒントを
載せておきます、上記リンクの WebSiteで "sciconソフト 350" をレビューなさったページです

私は SUS板だけ同じで、ボルトナットは "ステンレス超極低頭小ネジ 5x16" を使用しましたよ


この S-ケース 390 / 590シリーズだけではなく、同じパーツを使う scicon製のソフト 350でも
プラちっちパーツの折損が存在をするみたいですから、ほかのモノも対策を施しておけばイイ
かもです、レビューサイトにも記述をしてありましたが "最鋼で最硬で最効" 仕様になりますし


えっ?
なになに・・「どうせ "赤いオブヂェ" で駆けないんだから無駄な改造だぜっ!」ですって?!


駆ける際にはキチンと階段へ突撃をしますし、メカフェチだから弄くるのも大好きなんだぜ?
(ギャグをギャグとして理解してくださいね)

Next > 赤い Super V Carbon vol.28
[PR]

by super-v | 2010-03-08 23:56 | エピソード