赤が好き

ff0000.exblog.jp

ブログトップ

タグ:MTB'erの季節 ( 3 ) タグの人気記事   

薫風の香りもおわり vol.2   

2011年 06月 17日

なにか気にイランことでもあったんか?と疑いたくなるほどの激豪雨が繰り返しましたが
比較的穏やかな梅雨晴れの日を迎えましたので、リハビリ御近所ポタリングをしましたよ

いつも現実逃避のために訪れる・・・・いいえ、さらなる高みを目指すため熟考をする
際に訪れる親水公園も、完全に "沈"していたらしいので「ちょっと川の様子をみてくる」
なんて、まるで昇天フラグっぽいコトを考えつつキコキコ〜♪と気楽に駆けてゆきました
("この戦いが終わったら・・あの娘にプロポーズするんだ" みたく四散決定系の台詞です)


もちろん VooDoo号のトップチューブに燦然と輝く緑十字の安全☆第一エンブレムと同様に
安全を確認した上での台詞です、このような状況でソレをいうのは危険ですよヤメましょう

上記 WebLink : sekkyのコソ練blog
(sekkyさん Blog)

b0146418_20291280.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

夏にもなればロードレーサーを駆るローディの皆さんが、火照った脚を冷却するために
立ち寄る天然湧水でも滾々と涼水を蓄えて、もうすぐやってくる盛夏の季節を感じます

ここで涼をとり遊んでいる子どもたちや乙女ローディさんたちの姿は心を癒してくれます
それにくらべて、見るだけで暑くるしい漢サイクリスタのレーパンヂャージな濃姿などh(ry
(うわーなにをするきさまらー)

b0146418_21131565.jpg
・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

そうそう、屍ブランドの VooDoo号もコソーリと 2011スタイルな仕様にカスタムしました
麗しき "爪弾くは荒ぶる調べ!"の台詞も超絶カッコいいキュアメロディたんになってますよ


赤系の桃色なコスチュームに蒼き瞳を持つ、"光の使者" を継ぐ乙女たちのニューフェイスです
(溢れるメロディのミラクルセッション!プリキュア・ ミラクルハート・アルペジオ!)

真っ赤な CrMo鋼管フレームへ青く蒼き彩り仕様の VooDoo号に凄く似合うキャラクターです
(これで勝つる!・・・・って、うわなにをするきさまら)

b0146418_21335276.jpg
・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

苗床を積載した軽トラックや田植え機を眺めている、お母さんと女の子の姿も微笑ましい
光景を眺めながら、この先に続くお気に入りのフラットダートを駆ける日なども夢見つつ
帰路につきました、未だ重度火傷を負った脚部は激しく痛みますけれど気分は晴々なんです
[PR]

by super-v | 2011-06-17 21:48 | エピソード

秋色の彩りもおわり   

2009年 11月 02日

秋色の 10月もおわり、ほとんどの MTB'erが待ちに待った 11月のシーズンインを迎えます
風薫る 5月がおわり、ほとんどのサイクリスタが悶々とすごす 6月とは気分もチガイますよ


思うところがあって VooDoo号のサドル位置をメインにポヂションを大幅に弄りました
その試行錯誤の結果は、せくしぃなフトモモがロング未舗装路ライドでキツくなっちゃう
主な原因は単純にサドル高が低めで駆けていたみたいで、サドル高さ〜BB軸を 800mm
設定したシートポストの突き出し量と、サドルレールのクランプ位置を見直さないとです

b0146418_23125060.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

シートポストの突き出し量を増やす!と言っても・・VooDoo号は、このような調子ですし
(EASTONのゲーヂ -<3>- あたりから徐々に上げてった痕跡がシートポストに付いています)

b0146418_22482630.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

うきうき♪ Newシートポストな "赤いオブヂェ" は、もっとヤヴァイ状態になっていますよ?

私「・・・・と、いうワケなんだよ」
妻「・・・・ふーん(警戒モード)」
私「シートポストを買い替えるのも勿体無いしさ」
妻「このあいだ高いのを買ったばかりだったわね」
私「・・フレームを買い換えれば一気に解決ッ!」
妻「・・なんだと?もういっぺん言ってみろッ!」

やはり予想どおりで木端微塵に玉砕をして無理でしたので、最近 SHIMANO Proから発売を
されたデュアルフィックス・シートクランプならば、超強力な保持固定力を誇ってますので
ほんの "ちょびっと" ならば MAXラインを超えても耐えられるかもしれない?って気がして
確認をしてみましたが、やはり VooDoo号の 30.0mmサイズなんてのは在りませんでしたよ


まぁ、フレームサイズが大きくなればスタンドオーバーハイト・サイズが Bigになりますし
未舗装路で足をつく際に私のビッグマグナム & その弾薬庫も危険が危ないので諦めましょう
(うわーなにをするきさまらー)

b0146418_22542578.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

というワケでサドル高さ〜BB軸を 800mmのままに、せくしぃなフトモモが短かめの体躯
ですので前のほうに取り付け気味だったサドルレールのクランプ位置を、またまた後方に
引いてみまして Icofitさんからアドバイスも頂きましたので徐々に試してみることにします

Web Link : ICOの秘密
(Icofitさん Blog)

後方に引いたとは言いましても、青く蒼き Gary Fisher製 Made in costa ricaサドルバッグ
着けれるほどに後退をさせれば、さすがに膝が痛くなりますので瞳を潤ませつつ諦めました

b0146418_22544345.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

今年は「もうすぐ春だなあ」なんてカンチガイをしそうな、暖かい南の島なのですけれども
さすがに 11月にもなれば、お陽さまタイムが短くなりましたので夜間走行仕様の強化ですよ


アリオネの fi'zi:kをハイエンドなブランドとして傘下に持つ Selle Royalブランドの Dardo
ICSマウントの部分に LEDテールライトを蒸着・・ちが、癒着・・ミスタイプ、装着しつつ
駆けていますが、私はヒップバッグをカウボーイのガンベルトみたく?腰骨の在るあたりに
さらに垂らし気味に着けるクセがあり、この LEDライトに被さって見えなかったりするので
CATEYEの LEDテールライトに換装しました、私のようなクセがない方には ICS最高ですよ
[PR]

by super-v | 2009-11-02 00:55 | マウンテンバイク

薫風の香りもおわり vol.1   

2009年 05月 30日

風薫る 5月もおわり、ほとんどのサイクリスタが悶々とすごす 6月を迎えます
( "全て" でわナイのは "雨合羽" で「ヒャッハー♪」な MTB'erも居るからです)


え・・私ですか?
水たまりを見つけるだけでもモチベーションが低下しちゃう正常なヒトですよ


そろそろ林道ポタリングでは草木が生い茂り、昆虫類や多足類が闊歩する頃で
MTBのシーズンオフを迎えようとしていますが、季節の行事になりつつあった

"春の季節に Super V Carbonを駆る際は MTBのシーズンオフにしておりまして"
"秋の季節に Super V Carbonを駆る際は MTBのシーズンのインにしていました"

念願の HT MTBである VooDoo号をゲットした 09は、その慣習もならぬままで
星降る高原の MTBキャンプイベントへと持ち込まなかった "赤いオブヂェ" も
このまま秋を迎えて、由緒正しき "調度品のまま" 09をすごしそうな雰囲気です

b0146418_1721087.jpg


このまえは、楽しかった原生林林道を想いながら "遠い眼" で眺めた休日でしたし
明日は川崎絶人さんをはじめ "闘う Super V" の皆さんが、あの王滝林道を颯爽と
駆け抜ける "王滝セルフディスカバリー" の日なのです、なんだか興奮しちゃうッ!

Web Link:漂えど沈まず

・・・・で、私のほうは子供たちの体育祭な週末に置かれているワケなのですよね


妻は緑色のクルマで応援に向かいますが、私は MTB'erとして VooDoo号を駆りつつ
原生林林道や遥かなる王滝林道を想いながら、完全なる舗装路を漕いでゆきましたよ

ブロークンハートで、ちょっと遠回りをしすぎちゃって徒競走の応援に間に合わずに
(しかものんきに門のまえで VooDoo号の写真を撮ったりしちゃってますし)
妻と爺ちゃん婆ちゃんのみならず、町内の方々からも生暖かい視線を浴びましたよ?


ボーイッシュで脚自慢の愛娘は男の子たちと駆けたみたいで(私は観ていないので)
やはり彼女は "(自主規制)" が、ついていないために木端微塵の結果だったようです

b0146418_17211550.jpg


体育祭の会場で建物の壁付近は、全て "場所取り" をされている状況になっていて
あの Bontragerのカッコいいサイドスタンドも、私のデカ足が触れてしまうために
結局は取付けを断念しましたので、そっと木々に立て掛けていた VooDoo号です
(気を抜くとリアディレイラーに靴の踵が触れちゃうような体躯なんですよ・・)

柵やポールなどの埋設物と共に施錠をする、いわゆる "地球ロック" もできないので
駐輪場の整理担当の PTAさんに「ひと声かけて、2つカギかけて」で駐輪しました


ステムのトコに下がっているのは例のカギですが、もうひとつの青く蒼きカギを
上の写真に在るみたくサドルレールに巻き巻きして携行をするようになりましたよ

プロフェッショナル・・いわゆる本職のまえでは無施錠に近いレベルのカギですが
これは体育祭でエラソーにしている愛息を授かった頃に、妻が買ってくれたモノで
言うなれば彼よりも遥かに先輩として偉いカギになります、そのときにナゼ青色の
ワイヤー錠を購入したのかは覚えていません・・が、ぢつわ青が好きなのかもです


こちらの予報だと明日は "ドピカーン♪" な天候らしいので、どこかに行きたいなあ

Next > 秋色の彩りもおわり
[PR]

by super-v | 2009-05-30 22:22 | エピソード