赤が好き

ff0000.exblog.jp

ブログトップ

タグ:林道ポタリング ( 204 ) タグの人気記事   

星降る高原の MTBキャンプイベント vol.17   

2012年 06月 21日

おろ?
なんだか、南の島に棲む MTB'erたちへの Web Siteが OPENしていましたよ?

b0146418_1321615.jpg


Web Link:2012 CSCS-R MTB 2h 耐久走行会 in 夏の清和高原

ことしもフリーマーケットがあるんだ・・・・VooDoo号を出品しちゃおうかn(ry
ことしも MTB'erな皆さんと、楽しく未舗装路走行を愉しめたらイイな!と思います


てゆーか、きっと "動くパイロン"になるけど青き TREK 29'er号で出走しちゃおうかな?
(未だ重度火傷を負ったのちに未舗装路なレーシングコースを駆けてないけどっ!)

Next > 星降る高原の MTBキャンプイベント vol.18
[PR]

by super-v | 2012-06-21 00:00 | エピソード

もうすぐ梅雨の季節なんです   

2012年 06月 06日

この赤いブログではシリーズを化している "地味なメンテナンス"のコトなのですけれど
私のなかではコレを略して "ジミメン"のシリーズって感じで、面白可笑しく捉えています


さてさて、このまえの "地味なメンテナンス vol.10"では Hayes Disk Brakeのコトでした
私が使っている Hayes Strokerって純白の彩りですが、もしも紫色の彩りだったりしたら
それってジミ@ンでパープルへイズだな・・なんて、独り薄笑いを浮かべたりします
(ククククッ!・・・・えっ?キモい??)

b0146418_2155515.jpg
・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

夕刻を迎える頃になって、やっと雨がやみましたのでキコキコ〜♪っと駆けてきましたよ
黄金色に実りつつ風に揺れていた麦も狩り穫られて、梅雨を迎える準備も整ったようです


ブレーキフルードの補充・交換時やエア抜きの際に、ブレーキパッドを濡らす話を聞いて
青く蒼き TREK号のリアキャリパに装着してあるブレーキパッドへ、ブレーキフルードを
あへて垂らしてみました、そのあとにブレーキクリーナーで清掃をしてから試乗をすると
たしかに「なんじゃこりゃあ!」って感触と効き具合でしたので、煮沸行程に移行します

キッチンの鍋を使うと妻が激怒しますので、キャンプなどで使うアルミホイル製のモノにて
5分間 x2セットの煮沸を施したのちに、予め用意をしていた氷入りの冷水で瞬間冷凍ですよ
(なんだか刀匠になったような気分です♪)

この程度ででナニか起きるのであれば、ハードブレーキングでディスクロータが赤熱をした
状況のまま、ウオータースプラッシュへ突撃するような超絶過酷のレースに耐えられません

すくなくとも私が換装をした Steve Peat Proの勇姿が輝くパッドは、ヤワでないハズですよ


とわ言っても、ぷちドキドキしつつブレーキパッドの装着をしてソローリと駆けてみます
ブレーキレバーを握ると、盛大に消魂しく「ぎょぎょぎょぎょええ!」と鳴きまくりました

なぜか嬉しくて楽しい気分になりながら何度か繰り返していると、高湿度の日や雨天時に
停止をする際みたく「ぎょえっ!」と鳴くほどに治まって、レバーのタッチも自然な感触で
舗装路でもフルロックの効きが戻りました、当然ですけれど未舗装路だと十分な制動力です
(むかしはクルマなどのレーシングパッドって鳴くのがフツーでしたので音は気になりませn)

せっかくなのでフロント側でも試しましたけれど「ぎょえっ!」を除けば、問題なしでした
たぶん、お陽さまキラーン!で乾燥をしちゃえば「ぎょえっ!」も聴こえなくなるでしょう


まぁ、まえに我が MTB'erな先輩も試されていますし・・自分でも体感してみた感じかもです
(もちろん Your own risk = 自己責任ですし・・・・てゆーか試す必要もないコトですよ?)

b0146418_21555995.jpg
・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

左右のシートステーとチェーンステーを繋ぐ補強のブリッジがないのは、未だに違和感g(ry


そして、燐酸亜鉛仕上げの黒墨色がカッコよく堪らないリア・カセットへ戻しちゃいました
この 29'er MTBのホイールって、リムが黒き彩りの仕上げなので引き締まった感が強いですよ

9 Speed仕様に比べてマッチョでゴツい・・実際に太いのですが 8 Sppedチェーン仕様です
34Tのハイギアはそのままで 30Tのギアがないだけだから、まったく問題無しかもなのです!
(なにか凄まじく激しい間違いを犯しているような気もしますけれどっ!)


雨天のたびに「赤錆がっ!」って心配も要らない、アルミフレームの良さも再認識をしました
(ギャグをギャグとして理解をしてくださいな)
[PR]

by super-v | 2012-06-06 23:56 | マウンテンバイク

地味なメンテナンス vol.10   

2012年 05月 30日

夕刻になり、ごはんを頂くまでプチ自由時間をゲットしましたので趣味タイムなのです
もうすぐ梅雨だし、湿気に包まれての作業はイヤなブレーキのエア抜きをしちゃいます

b0146418_22464150.jpg
・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

純白の Hayes Strokerはブレーキキャリパ側より、ブリードボトルを使ってフルードを
送りこみます、フツーとは逆なので心情的にも視覚的にも違和感ありあり系な感じです

b0146418_2247017.jpg
・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

そして、ブレーキレバーのあるマスターシリンダ側にフルードを送ってエアを抜かせます
フツーのクルマやモーターサイクルに慣れていると、なんだか面白くて可笑しい気分です




エア抜きを施したあとの動画を追加です、おおきな掌の動きが怪しくなっちゃいました
(動画は YouTube Movieです・・YouTubeのロゴをクリックすると大きいのを観れますよ)



ぢつわ、この 2枚の画像はエア抜き作業の雰囲気を醸しだすブログ用の画像って感じです
なんといっても制動装置だし、走らないのは大丈夫でも止まらないのは大事故になります

実際には「こんにゃろー!・・きさま!!これでどうだっ!!・・アッー!!!!」っと
いう風に TREK号を縦横にしたり回転させたり、挙げ句はブレーキ Assyを取り外したり
しつつ趣味の整備作業を施しています、特に Hayesは Shopへ任せるのがオススメかもです
(でも Hayesはイイですよ〜!・・・・ギャグをギャグとして理解をしてくださいな)

Next > 地味なメンテナンス vol.11
[PR]

by super-v | 2012-05-30 23:40 | エピソード

ぷち感想 29'er vol.2   

2012年 05月 28日

日曜日に開催された "Jシリーズ八幡浜 MTB"は山本幸平 Proが、見事に "世界の走り"
完全優勝をなさいました、来週はじめの日曜に開催される全日本 MTB選手権も期待です

WebLink : yamamotokohei.com
(山本幸平 Pro WebSite)

また Giro de Italiaでは Liquigas cannondaleの Ivan Basso Proが・・頑張られましたよ?
(生粋の cannondalistaとしては悲しく木端微塵でしたよ)
ええっと、顔がゴツい Cadel Evans Proと同じく MTB'erな出身の Ryder Hesjedal Proが
見事にマリアローザを獲得なさいました、もと Gary Fisher Teamだったのも嬉しいです


さてさて、ちょうど "赤いオブヂェ"を階下へ降臨させた際に TREK号と初記念撮影です
2010や 2011にも同じところで愛機たちを撮った画像がありまして、お気に入り画像です


TREK 29'er & cannondale "赤いオブヂェ" 26' Wheels Front View
b0146418_23281748.jpg
・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

TREK 29'er & cannondale "赤いオブヂェ" 26' Wheels Side View
b0146418_23274876.jpg
・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

TREK 29'er & cannondale "赤いオブヂェ" 26' Wheels Rear View
b0146418_23294165.jpg
・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります




26' Wheelsの "赤いオブヂェ"と、青く蒼き TREK号を並べた動画です
(動画は YouTube Movieです・・YouTubeのロゴをクリックすると大きいのを観れますよ)



カタログやWeb画像、MTBイベントや Shopでも 29'erを目にしていたのですけれど
実際に 29'er MTBが自分の愛機となりまして、それまで駆けていた 26' Wheelsと同じ
ポジションへ調整したモノを見比べれば、やっぱし 29'erの車輪は大きいと思いました


本格的な林道ポタリングに行けないままで 2011 MTBのシーズンオフを迎えますけれど
「うほっ!嬉しいぢゃないの♪」とゲットをした 29'erは色々と感触を掴みつつあります
(ギャグをギャグとして理解をしてくださいな)

Next > ぷち感想 29'er vol.3
[PR]

by super-v | 2012-05-28 23:56 | エピソード

赤い Super V Carbon vol.41   

2012年 05月 24日

Giro de Italia st17 Ivan Basso Proはカッコよかったです、愛機の Super Sixも
cannondale "Super"の銘を冠するマスィンらしく、主人を守り応えていました
(とくにバッソ選手の下りとk・・・・禁句だった!)


ちょうど 7ヶ月ほどまえに「つぎに駆けるのは 7ヶ月ほどあとのコトだsh (ry」なんて
載せていましたけれど、ノストラ@ムスやマ@文明よりも正確に "予想"は当たりました


そういへば重度火傷を負ったのちに "赤いオブヂェ"を階下へ降臨させるときは、妙な
緊張感を抱きつつ重量級 MTBを抱えて階段を降りるのですけれど、今回はバランスを
崩した際に、ギアクランクのアウターリングが手首に刺さって躊躇い傷みたくなりまsh (ry

こんどは前後のタイヤホイールを取り外して、フレームと別々に運搬をするコトにします
(また学習したぜ!)

b0146418_20545748.jpg
・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

ちかごろは "なんだぜ?"仕様がデフォルトになりつつある乗車姿勢・・・・ええっと
"ラィディングポヂション"って風に論じたほうが、ヤングぽっくてカッコもイイのかな?

まぁ、そのような感じのライザーバー仕様にも慣れつつありますし "赤いオブヂェ"で
駆けてみると、もぬすごくサドルとハンドルの落差があるみたいに思っちゃいました


ちょうどロードレーサーで言う "下ハン"を持ったような、背なかの角度になりますよ
もちろんロードレーサーみたく、巡航も登坂も下りも加重もイイ感じなのですけれど
なんというか「ぼくの愛機には "上ハン"が付いてない!」みたく、フラットバー仕様
だし常時戦闘状態っぽい姿勢が延々と続きますので、身体の緊張感などは否めません

グリップを片手で握り、身体を捻り延ばしつつ駆ければレプリカバイクを思いだします

b0146418_21412775.jpg
・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

ようやく SunRims BIG MAMMOTH DH FATリム仕様のホイールセットへ換装をしました
(ぢつわ、前後のクイックだけは 2009から既に "赤いオブヂェ"へ挿していました)

照葉樹原生林の林道走行の際も「さすがマンモス仕様だ!なんともないぜ!!」って
鋼の剛性を持った安心感を与えてくれたホイールで、まあ重量も超弩級なのですけれど


これは濃い系 Super V'istaな皆さんのなかで、特濃な INFINITYさんが贈ってくださった
ホイールセットです、もうマンモスマウンテンを直滑降しても大丈夫な気持ちになります

WebSite : INFINITY
(cannondale Super V好きなヒトは訪ねてみよう)

b0146418_22132735.jpg
・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

ちょうど、青く蒼き MTBのデフォルト仕様だった 8 Speedリアカセットで組みました
ソレへ当初組んでいた USEDの 9 Speedを換装する?と思いましたけど新品にしました

チェーンも新車外しの KMC製ですよ、そうそう・・KMCをケムシと略すのはヤメたまへ
(ムシ嫌いな私は想像をして泣いちゃうよ?)


墨黒に仕上げられた、燐酸亜鉛仕上げも "赤いオブヂェ"のリア周りには似合う感じです
リアの歯数が 11-28だったのに 11-34仕様になりましたし、もうユングフラウも登れます

だって 11-32の未舗装路初体験で「どこまでもぉ限りなく♪」って、歌いつつの登坂でした

b0146418_22401044.jpg
・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

"光の使者"な乙女であり、皆の幸せや笑顔を守るために元の仲間と戦う乙女でもあり
トマトサドルのもとで優しく微笑んでいる、真紅のキュアパッションも嬉しそうですよ
(ギャグをギャグとして理解をしてくださいな)

Next > 赤い Super V Carbon vol.42
[PR]

by super-v | 2012-05-24 00:00 | エピソード

地味なメンテナンス vol.9   

2012年 05月 14日

てなワケで、慣れ親しんだ "漢らしく前方に突き出ているバーエンドバー"仕様へ換装して
前傾を深めつつ、バーエンドバーを握りしめてぐんぐん加速してゆく 29'erを満喫しました

なのですけれど、踏みすぎちゃうと未だ重度火傷をした脚が裂けて血が滲んできますので
そのうち治ったときに愉しむコトを楽しみにして、また「なんだぜ?」仕様へ戻しました

b0146418_20512827.jpg
・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

ソレにあわせてシフトケーブルの長さを調整しました、ハンドルバーが低い位置だと
転倒をしたときなどは、回転したハンドルバーやブレーキレバーがトップチューブに
綺麗にクリーンヒットして塗装に傷が入ったり、フレームパイプが凹んだりしますよ
よくロードバイクでも、落車の際にドロップハンドルが当たって逝くのを見聞きします


それを防ぐためにトップチューブに巻くアイテムもあったりしますよ、私はまえから
ハンドルを 90度きれば、シフトケーブルが張って回らないよう長さ調整をしています
(CAUTION!!上記は安全で確実な対策ではありません・・・・Your Own Riskです)


たぶん、駆けているときにハンドルを 90度よりも回すコトもないだろうって感じかな
もちろんライザーバーに合わせたのでフラットバー仕様にすればクリーンヒットですよ

b0146418_21124656.jpg
・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

尊敬してやまない棟梁さんが "ひどすぎるコメント!"をくださったので、枕を濡らして
いましたけれど、お師さんが叱咤なさるのは然りですし、デッドストックなアイテム
開封して使うコトにしました、ちょっと良いグレードの 9sスプロケットとチェーンです


お師さん・・・・気合いをありがとう!
カセットの 11-32が 11-34になって、激登坂も「き〜こら♪き〜こら♪」と更に余裕かな


って・・ちょっとキミたちっ、メンテナンス・スタンドのウッドパーツに注目をしない!
キミたちも 29'erをゲットすれば判るさっ!応急処置だけど思ったより使い勝手がイイよ?
(はぢめて TREK号を停めようとしたとき途方に暮れたのは内緒なんだぜっ!)

b0146418_21265349.jpg
・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

いつものように、きっちり 17:00まで業務をしてからの趣味時間・・いえ、メンテナンス
なので、周りが薄暗くなってゆくのにプチ慌てつつブレーキパッドも換装しちゃいました


Hayes Strokerの純正ブレーキパッドは "あたり"もついて、すっごくイイ感じなのですが
制動装置ってモノは、お金をかける価値があるパーツと思ったので換装をしておきますよ


ええと "よいタッチになれば幸いです"って、雰囲気が漂う Shopの取り扱いブランド物です
(ブレーキパッドのヒントになれb(ry・・ギャグをギャグとして理解をしてくださいな)

Next > 地味なメンテナンス vol.10
[PR]

by super-v | 2012-05-14 20:35 | エピソード

ぷち感想 29'er vol.1   

2012年 05月 10日

銀と黄の cannondale Super Vを 2機もお持ちになり、王滝で濃い系 cannondalistaの
川崎絶人さんより「よく判んねえよ?」ってコメントを頂いた、青く蒼き TREK号と
26' MTBの比較画像ですけれど、あらたに撮り直した画像で置き換えて並べてみました

WebLink : 漂えど沈まず
(川崎絶人さん Blog・・・・高カロリー & R18っぽいときもあるので注意しまsy)


・TREK 29'er
b0146418_2216874.jpg
・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

・VooDoo 26' MTB
b0146418_01237.jpg
・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

ハブブラシ(ハブ毛)クマー鈴 Liquigas cannondaleのボトル光の乙女フィギュア
ではなくて、フラットバーの大きさで 29'erと 26' MTBの画像サイズを合わせてみました

いつもの、お気に入りの場所に在る給水ポンプを高さなどの目安にすればイイかもですよ


シートチューブ長を基にしてるフレームサイズは同じで、スタンド・オーバーハイト高は
ありがたいコトに低くなっています、そしてトップチューブに関するコクピット長のほうも
これまた嬉しいコトに 25mm延びました、これで 140mmなんてステムを着けずに済みます


なによりも、フレームが前四角ではなくて・・前三角になったのがウルトラハッピーかも!
(もう 24' MTBなんて言わせないもん!・・・・しあわせゲットだよ!!)

b0146418_2217435.jpg
・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

そうそう、TREK Wahoo号を舐めまわすように愛でている際に発見をしましたけれど
左右のシートステーとチェーンステーを繋ぐ補強のブリッジが溶接されていないのです

おもわず、緑の高原 MTBイベントで頂いたカタログで確認をしちゃったほど焦りましたよ
ロードバイクでさえ繋がってるのに!って思ったけれど、あれはブレーキのため必要でした
(古い奴だとお思いでしょうが・・・・まあ年齢はヤングですけど)


ちなみに緑の高原 MTBイベントを観に行った際に、ヨラレを垂らしつつ触って眺めた
MTBブランド銘がテントに煌めき輝くブースと、たくさん出店をなさってた Shopさんと
29'erで XCレースを駆けていた MTB'erな先輩の姿が 29'erを衝動買いした 3つの理由です
(オフロードバイシクル Q州さんの企画へ見事に嵌まっちゃった・・いち MTB'erなんです)

b0146418_22172484.jpg
・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

なんだか、しらぬまに "漢らしく前方に突き出ているバーエンドバー"仕様になってました
(あれ?おかしいなヤング仕様だったハズなのに??・・うわーなにをするきさまらー)

なだらかな登坂路を TREK号で試してみましたよ、回して乗せていった速度が落ち難いので
どんどん加速してゆく感じかも、もちろんギャップにも強いですけれど速度が落ちちゃうと
再度そこまで持ってゆくのにパワーが必要だなとも思いました、中低速で回すと重いですし
街を駆けて特に感じたのも、頻繁に一時停止や信号停止をするので再発進の際の鈍さでした

イケメンでダンディな(ズルい!)ミッチーさんが、さらに判りやすく載せておられますよ

WebLink :ミッチードットコム
(ミッチーさん WebSite・・・・その記事はこちら)


前傾を深めつつ、バーエンドバーを握りしめてぐんぐん加速してゆくのは超楽しかったです
ただ、コレを書いてる現在でも重度火傷をした脚がジンジンするけれど・・愉しかったです
(ギャグをギャグとして理解をしてくださいな)

Next > ぷち感想 29'er vol.2
[PR]

by super-v | 2012-05-10 00:00 | エピソード

なんだぜ????????   

2012年 05月 01日

TREK号を引き取りにゆきましたけれども、色々と時間の都合がつきにくい毎日なモノで
睡眠にあてる時間を削って、ヘッドパーツ・サスペンションフォーク・ホイールセットを
除く、摺動部やワイヤー類など分解が可能なパーツの全てに換装・給油などを施しました

BONTRAGER製のタイヤは、装着をした前輪と後輪で回転方向が逆になるのを知らなくて
やりなおしました、下記画像 3枚目と 5枚目に写っているトレッドパターンが正解なのです
(またひとつ賢くなっちゃった!)


それでは、私が使い慣れている MTBレース & 林道ポタリングの仕様を始めに載せてみます

プチちょっと少なめのサドルとハンドル落差が、けっこうイイ感じの位置関係になりました
ステムしたに在るコラムスペーサーの位置などを変更すれば、本気ポヂションも可能ですよ


EASTON製のフラットバーと coda製のバーエンドバーで XCレーサー風の仕様
b0146418_17523515.jpg
・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります
生粋の canondalistaなので Liquigas cannondaleのボトル仕様!・・うわなにをするー

いままで、こつこつ♪と集めていた BONTRAGER製のパーツが花開くコトになりましたし
いちど納車時の仕様で、純正 BONTRAGER系なハンドル周りのパーツに戻してみましょう


購入をした際のデフォルトなパーツですし、きっと万人向けで良いポヂションなのですよ
バーエンドバーを使わないので、sadaさんに教えて頂いた TOKEN製のグリップも使えます


BONTRAGER製のステムとライザーバーでキメた純正デフォルト仕様
b0146418_17522326.jpg
・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

なんとまあ、ダートヂャンプ・ストリート風な佇まいとでも言う雰囲気のハンドル周りです
家のまわりをキコキコ〜♪っと駆けてみましたら、なんともイイ感じで確かに楽しいですよ


でも私の体躯には高くて近いキャプテン USA号風になるのでライザーバーのみ使ってみます


BONTRAGER製のライザーバーでバリバリなヤング MTB'er風の仕様
b0146418_17524686.jpg
・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります
ピュア canondalistaだからキャノンデール純正ボトル!・・うわーなにをするきさまらー


いままでの "なんだぜ?"シリーズで遊んだ際よりも、こんどはトップ長が延びたぶんだけ
ちょっとレーシーな感触になりました、こちらもコラムスペーサーで調整が効きそうです

TREK号をサイドから見るだけではなくて、斜めから眺めるともっと雰囲気が変わりますよ


EASTON製のフラットバーと coda製のバーエンドバーで XCレーサー風の仕様
b0146418_17525718.jpg
・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

これぞ "まえに突き出てる黒く太い突起物がマッチョな漢のロマンで堪らないぜ!"系で
バーエンドバー仕様のマウンテンバイクと言う表現しかできない、マッシヴな佇まいです

やっぱり、この仕様での MTBを眺めていると言いようのない安心感に包まれちゃいますよ


BONTRAGER製のライザーバーでバリバリなヤング MTB'er風の仕様
b0146418_1753851.jpg
・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

そして、ミレニアムで新世紀な時代を迎えて目にすることも多くなったヤング風の仕様です


もう、何度ライザーバー仕様へと換装をしてはバーエンドバー仕様に戻したか判らないほど
弄くりまわして遊んでいるのですけれど、なんとなく斜に構えて「・・いやでゲソ!」って
なんだかワルぶりたいリアル若者でもありますので、ちょっとだけこの仕様を保つ気分です
(タイトルにある「?」の数で判りまs・・ギャグをギャグとして理解をしてくださいな)
[PR]

by super-v | 2012-05-01 01:24 | エピソード

青く蒼き vol.9   

2012年 04月 27日

さすがに朝夕は未だ冷えこみますけれど、おひるは Tシャツでもイイ感じの暖かさです
ぽかぽか陽気♪に季節の移ろいなど感じつつ、愛機 VooDoo号と 4回目の春を迎えました

b0146418_17383131.jpg
・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

愛用しているハンドルとバーエンドバーに 9sのシフター、純白のサドルやシートポスト
純白に彩られた Hayes Stroker Trail Discブレーキや 9sのディレイラーとリアカセットに
お気に入りで純白の sciconサドルバッグと、頑強にボトルを保持する白と黒のボトルケージ

超上位グレードの X-Caliberと同じフレームだし、フォークとホイールを換装すればイイかな


いつもの給水ポンプがあるトコで、使い慣れたパーツへ換装を施した 29'erと記念撮影です


ポヂションの問題で 650Bが推されてるみたいだけれど、私はハンドル落差も問題なしかも
2億 4千万の瞳でエキゾチックジャパンな数のキャノファン全員を敵に回したような気もする
(生粋の cannondalistaなので Liquigas cannondaleのボトルを挿しまsh・・うわなにをするー)

b0146418_20522438.jpg
・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

"光の使者"な乙女であり「どんなピンチの時でも希望は忘れない!」という強い信念を持ち
サドルのもとで微笑んでいる、青く蒼きプリキュアなキュアベリーの mktnも嬉しそうですよ
(ギャグをギャグとして理解をしてくださいな)
[PR]

by super-v | 2012-04-27 17:48 | マウンテンバイク

ブレーキホース・ガイド   

2012年 04月 23日

めでたく VooDoo号はディスクブレーキ仕様になりましたので、巷で言うところの
ケーブルハンガーやフォーク・ケーブルガイド、ディスクブレーキホース・ガイドって
感じのブレーキホースを留めるモノが必要になりました、べつにタイラップなどでも
イイのですけれど、可能ならば綺麗な感じに纏めてみたいのがヒトとしての想いですよ

そして Vブレーキを使用してた際の、カンティ台座ボルト跡なんかも対策をしたいです

b0146418_2326568.jpg
・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

いろいろなパーツを探すときに、よく DIYホームセンターの HANDSMANに出掛けます

このときの sciconサドルバッグへ対策を施した際にも、ここの Shopで資材を揃えました


そういへば家族で訪れた際にも、私ひとりだけ別行動で資材や工具などを眺めているので
よく妻に「もとゼネコン社員らしいわね!」と言われますが、総合建設業の方でなくとも
工具好きには楽しめる店だと思います・・・・私は天板や配管を見ても楽しいですけれど


そのような感じで、ステンレスやメッキやボルトの形状などに悩みつつ揃えてみましたよ
・カンティ台座ボルト跡を埋めるボルト=55円 x2個
・ブレーキホース・ガイド風の片サドル=9円 x1個
しめて 119円の出費でした、いつかアルマイト加工で染め彩られたモノへと換えるかもです
(たぶん・・・・このままかも)
[PR]

by super-v | 2012-04-23 23:56 | マウンテンバイク