赤が好き

ff0000.exblog.jp

ブログトップ

タグ:公園 ( 60 ) タグの人気記事   

趣味も織り交ぜて   

2009年 06月 08日

いちおう週末は脳と眼を休ませるために、休養を採るようにしているのですけれど
おかげさまでハッキリとした休みは意識できないままで盛夏の季節を迎えそうです
(緑の高原 MTBイベントに参加された皆さん乙でした・・観戦だけでもしたかった)

そんな週末の土曜に、焼き物(陶器・磁器ではないです)や USBメモリに詰めた
Dataをヒップバッグに・・ワケあって Linkにある cannondale製ではないのですが
収納をして VooDoo号で街へ向かいました、逆の方向に駆けてゆくサイクリスタの
皆さんを微妙な顔で "視て" いたのかもです・・・・べ、べつに羨ましくなんk(ry


ちょうど、まとまった距離を駆けるのは 1週間ぶりになっちゃっておりましたので
ピラニアが cannondaleロゴを齧っている絵柄も消えかかって、なんだかワケが
判らなくなっている "古の cannondale純正 Made in USAだったウォータボトル"
新調しちゃおうかなあ〜?なんて感じで趣味の時間も織りまぜるコトにしましたよ?

b0146418_033786.jpg


往路では、ちょうど Xmasの季節に "赤いオブヂェ" で立ち寄った文学施設にて休憩を
しました、そのときの赤い景色に赤いマスィンもイイ雰囲気ですが緑の息吹な季節に
赤いマスィンもイイ感じですね・・・・やっぱり赤は最高にイイ色彩なんだろうなあ


え?当初は赤いマスィンをゲットする計画ではなかったくせにッ!ですって??
フッ、そんなむかしのコトは忘れたな・・・・って、うわーなにをするきさまらー


こうやって観てみたら、この VooDoo号もサドルとハンドルバーの落差がありますね

b0146418_035480.jpg


rm1116さんが書き込みしてくださった、街や町のポタリングを思い出しましたので
とっても可愛い小学生だった頃に(いまも可愛いですけど)遊んだ道を駆けてみます

あの頃は、キモいエンブレムの VooDoo号でココを通るなんて想いもしませんでした


週末の夕刻だから、もしかして Zauieさんも Shopに立ち寄ってられるかな?なんて
コトを思いつつ週末で賑わう中心街に向かって懐かしい裏通りを駆けてゆきましたよ

b0146418_04812.jpg


実際には Zauieさんも "逆の方向に駆けてゆくサイクリスタの皆さん" だったようです
山岳国立公園は、とっても楽しかったみたいです・・ええ、羨ましくなんかナイです


Shopではインヂュライン卿の PINARELLOやチポッリーニ卿の cannondaleロードに
はぁはぁ・・しちゃって、当初の目的を忘れそうになりつつも Shopの片隅に在った
Gary Fisherのマスィンに「なに浮気しているんだぜ?」とダークサイドなこちら側へ
引き戻されて、色鮮やかで綺羅びやかなウォータボトルを色々と魅させて頂きました


cannondale製ヒップバッグではない、そのヒップバッグにもウォータボトルを収納
できますので 24ozのロングボトルではなくてフツーのサイズを購入するつもりです


お気に入りな MILRAMのサイクルキャップと同じ Teamボトルなんかは在るのかな?

なんてコトも思いながら探してみましたが在りませんでした、でも青く蒼き色調の
ボトルが在りましたので、ソレを手に取ってからジックリと "視て" みましたところ
「こ、これは・・ヴィノクロフ暗黒卿!」である ASTANAの Teamボトルでしたよ?


スクリューキャップのタイプだったらならば、その暗黒ボトル・・ちが、ミスタイプ

ASTANAの Teamボトルにするのですが、そうではなかったので上の写真で青く蒼き
ボトルケージに収まっている "B" のエンブレムも眩しいウォータボトルにしましたよ


"B" のパーツを多く組んでいますので、なんだかイイ気分になって帰路に着きましたね
(ギャグをギャグとして理解してくださいね)
[PR]

by super-v | 2009-06-08 00:55 | マウンテンバイク

散策 vol.14:丘の上の公園   

2009年 04月 14日

コレが丘の上の〜ではなくて、崖の上だったらポニョになりますね
7月に発売をされるポニョの DVDを子供たちに買ってあげなきゃデス

家のなかがポニョだらけなので、とうりょうさんの黄色いマスコットにあやかって
真っ赤なポニョを載せようかなあ・・でも、赤いヘルメットは持っていないしなあ

b0146418_0134790.jpg


さて、プラシーボ効果全開でけっこうな傾斜の登坂路を一気に駆け上がりましたよ

写真にもありますようにインナーギア x スプロケットがのこり 1枚の状況になった
丘の上の公園で、コレでインナーギアを使うような場合に見つけたコトがあります


コレと同じ VooDoo WANGA号に乗っておられた先輩が、私へ与えてくださった
mom & pop's系なサスペンションフォークですが、常にロックアウトの設計をして
あるという非常にクセのあるモノでして、現在ではラインナップをされていません

ブレーキレバーを握りしめてもストロークをしないまま、路面からの入力があれば
そのときだけ「スコン♪」と動作をしてリジッドに戻るような感じのモノなのです


未舗装路でブレーキをかけたときでも、当然サスペンションは沈み込みませんから
リジッドみたく、そのまま荷重や操作の具合とタイヤでグリップを探る雰囲気です
(まえに先輩から、やむなく回避操作をした際に滑って転倒をされたと伺いました)

b0146418_1185413.jpg


そのような雰囲気で、前述をしたように今は販売もされていないタイプなのですが
登坂の際には "ちょーイイ感じ" で気に入っていますよ、深く考えないタイプですし


FOES号と比べ VooDoo号はリアサスペンションが動かない・・というか無いので
けっこうな傾斜の路面状況ではサスペンションフォークの動きもよく判りましたよ

世界選手権レーサーみたく "綺麗にクルクルまわすペダリング" は会得をしてません

なので、私レベルではサスペンションフォークが伸びようとする動作をするのですよ
サグ調整をしたぶんは沈みますから、荷重が抜けるとそのぶん "だけ" 伸びるのですね
スコンスコン♪と伸び抜けますので、油圧制御の機能を調整しようなんて思いました


だがしかし!!!!

まえに FOES号に合わせたままで、どれがどの調整ダイヤルなのかを忘れていたので
調整する具合は判っていましたが、帰宅をしてからマニュアルを観ることにしました


というワケで、その問題は先送りのまま・・夕刻のフラットダートに向かいましたよ

Next >散策 vol.15:ロングフラットダート
[PR]

by super-v | 2009-04-14 23:56 | エピソード

おもいきりアメリカン   

2009年 04月 12日

4 Yearほどのあいだ欲しかった Newマスィンが Shopのストックヤードに入荷して
1 weekちょっと経ちましたしそろそろ気になって仕事に集中が出来ないですかr
いえ、またミスタイプです・・日曜日は "自由な時間" にしようと思いましたので
15:00を回っていましたが Shopへ FOES号のスイングアームを持って出掛けました


BBパーツの入荷待ちのためにフレームも待っていたのですが、FOES号のと同じ
BB幅と軸長ですので、部品取り車・・FOES号のモノを換装することにしまして
BBが納品されたら浸水も多いコトですしストックとして持っておくことにします


ヘッドセットも TANGEから店頭在庫のモノに変更します、陳列をしてあったのは
CHRISKINGと AHEADSETでしたから、予算上有無を言わさず AHEADSETですね

ヘッドセットの圧入のみを Shopにお願いしました、ツールを使わせて頂きまして
日曜日で賑わう Shopの邪魔にならないように、路上にて BB軸の換装をしましたよ


そして、帰宅してから 2時間ちょっと掛かりましたが VooDoo号を組み上げました

b0146418_2091032.jpg


Newマスィンの VooDoo MTB WANGA号 ロックスターレッド size 19インチです


当初、第一希望をしていた "ディーラー制が厳しいブランド" のジオメトリと同じく
シートチューブが 19インチと短め設定でもトップが 597mmあるフレームですので
スローピング形状も確保できまして、なんだか MTBらしいルックスになりましたよ
(実物をリアルでご覧になった際の大きさや縮尺は "ヘンな MTB" かもです・・)


"赤いオブヂェ" のような "異形極太特殊フレーム" だとそれほど目立たないのですが
トップを 600mmで探すと 21インチサイズのホリゾンタル形状 MTBになりがちです


サドル〜ハンドルバーが 750mmでサドル高さ〜BB軸を 800mmに設定をしています
ヒジとヒザに少し余裕があって窮屈ではないポジションを、やっと楽しめそうですよ

b0146418_2093313.jpg


一夜明けた本日は、そわそわワクワクしながらも社会人としての務めを果たしつつ
夕刻には、いつもの "アイデアが浮かぶ散歩" と称したのため近所を駆けてきました


妻「どうして青色なの?」
私「ん?」
妻「小物が青色になってるじゃない?」
私「うん♪」
妻「きのうは赤色と黒色だったでしょう?」
私「ぢつわ早く起きて青色仕様にしたのさ!」
妻「朝早くからガサゴソしてると思ったら・・」
私「クククク・・・・」

妻「どうみても赤色と黒色のほうが似合ってたわよ?」
私「うん、でも赤色と青色の組み合わせ、それは・・・・」
妻「・・それは?」
私「空を見ろ!鳥だ!飛行機だ!いや、スーパーマンだッ!」
妻「・・はあぁ?」
私「スーパーマンやキャプテンアメリカの☆USAカラー☆だよ!」
妻「・・あなたいってらっしゃい、くるまに気をつけてね(棒読み」


フレームと同色メタリックな赤い彩りや、私が得意な黄色い彩りの小物のほうが
似合うコトを判ってはいるのですが・・"赤いオブヂェ" と一緒になっちゃいます

丘の上にある公園まで、プラシーボ効果も全開のまま一気に駆け上がりましたよ
(クランクとスプロケットにかかるチェーン位置が登坂をした際のままでした)


色々なアドバイスや励ましをくださった皆さん、本当にありがとうございました

Next > やっぱりアメリカン
[PR]

by super-v | 2009-04-12 23:56 | エピソード

青く蒼き vol.4   

2009年 04月 04日

"Handmade in USA" を誇り高く掲げて謳っていた "赤いオブヂェ" のブランドも
ここ最近は我らが極東区域 ASIAでの生産を織り混ぜて並売したりしていました

まえに載せましたが iDrive・ISO Drive・FreeDriveを持つ企業傘下に収まったり
したこともありまして、それらの動きから・・なんとなく予想をしていたように
上記 3ブランドと同じく ASIA生産拠点への 100%生産移管が発表をされましたね


リアの懸架装置も "Casino Drive" とか "Rodeo Drive" なんて銘が付くのかなあ?
(それ Red Warriorsの歌と Beverly Hillsのセレヴなエリアぢゃねーか?)


さて、水の惑星と呼ばれる蒼い地球に住まう者として私ももちろん青が好きです
(うわーなにをするきさまらー)

b0146418_1952950.jpg


青く蒼き彩りで組み進めてきた FOES号も 、この春に Newマスィンのオーダーを
済ませまして、このときの想いみたく非鉄金属のオブヂェになろうとしていますよ

そして私の青く蒼きマシンは MONGOOSE号が、その銘を引き継ぐコトになります


さっそく "青蒼碧パーツセット" を FOES号から換装しまして、春休みでヒマを持て
余しぎみの愛娘とのポタリングを兼ねつつ、業務の消耗品や事務用品を購入します

b0146418_0504311.jpg


MONGOOSE号と SCHWINN号を柵に "地球ロック" してる場所と同じ場所ですよ

パラレルリンク式を採用の Deore XT Vブレーキをはじめ Deore XTのコンポなどを
装着して、当時は気合いを入れまくり!だった頃の雰囲気と比べてみれば、現在の
"謎なハンドルバー" に換装した佇まいとはカナーリ雰囲気がチガウ気がしますよ?


どう客観的に冷静に眺めてみても、こちらのフラットバー仕様がカッコいいですが
現在の "変態系ジャンクでチープ" な仕様のほうが、お洒落でイケてるハズなのです

だって "ナウなヤングにバカうけ!" の、今風ハンドルバーって載っていましたよ?

b0146418_19542696.jpg


帰宅するまえに彼女の希望で公園に立ち寄りましたよ、紫陽花の花が綺麗に咲いて
いた頃で MONGOOSE号がまだドロップハンドル仕様の姿で載せていた公園ですね


そうそう、サドルも SPECIALIZEDボディジオメトリタイプから VETTAのフツーな
タイプに換装しました、さらにナニをしたいのか判らない仕様になりつつあります

b0146418_20442342.jpg


・・どうみてもドロップハンドルやフラットバー仕様がカッコよかった気がしまs

いまどきの新人類のモダンボーイでナイスなセンスを理解するのもタイヘンですよ
(ギャグをギャグとして理解してくださいね)

Next > 青く蒼き vol.5
[PR]

by super-v | 2009-04-04 21:55 | エピソード

散策 vol.13:菜花の道と桜花の親水公園   

2009年 03月 28日

FOES号にシングルクラウンライプのサスペンションフォークを与えてくださった
ANTHEM号を所有されている MTB'erな先輩さまの GIANT Worksカラーの青と白に
彩られた愛車のモディファイを、着々と進めてられるなんてお話を見聞きしました
(ANTHEM号が完成をしましたら、また林道探索ポタリングを愉しみましょう!)


てなワケで今日の夕刻ポタリングは FOES号にて、いつもよく通るダートよりも
ロングなフラットダートへ向かいます、ええ・・ヤングなので影響されやすいです

b0146418_0365433.jpg


この景色に "赤いオブヂェ" を持ち込めば、ラスタカラーでラスタマンな彩りになる
菜の花が満開の状態になった、川沿いのロングなフラットダートに駆けてゆきます
("赤いオブヂェ" を未舗装路のフラットダートに持ち込むコトなど 128%ありません)


ささやかでも楽しい未舗装路を愉しく駆けながら、このような路面ではとくにリア
サスペンション MTBの快適さを感じます、おしりがポンポンと跳ねそうな状況でも
綺麗に衝撃を吸収しつつ、なにごとも無かったかのように駆動力を路面に伝えます
(リアサスペンションが必須という意味合いではなく、その快適性の意なのですよ?)

b0146418_0383431.jpg


帰路では、この "散策" カテゴリにもよく登場をする親水公園へも立ち寄ってみます
"♪春は名のみの" な季節なのですが、熱く駆けた FOES号をクールダウンさせます


親水公園ならぬ浸水公園って雰囲気でしょうか?
(うわーなにをするきさまらー・・・・)

b0146418_0385094.jpg


桜花の花びらが風で舞う川沿いの小道で FOES号を押しながら散歩をしましたよ


ロードレーサーやタイムトライアル・マシンで観るインテグラルシートポスト系
みたいにフレームと同化をしたかの如く "にょきにょき!" と飛び出ている、この
シートポストですが FOES号のリアサスペンション形状は URTを採用しています
(URT : Unified Rear Triangle)

リンクに載せておりますように、ヒトが乗車をすれば少しは沈むタイプですので
そのぶんの余裕を持たせて合わせた高さになっていましてサドル高は BB軸から
800mmへ設定してある "赤いオブヂェ" や MONGOOSE号より "気持ち" 高いです


ぢつわ、今日「いつになったら Newマシンとやらを注文するのかしら?」と
私の心を見透かしたような問いかけをされて「ぎくぎくッ!」っとなりまして
フレームの色と共に、サイズの最終判断をしなければイケナイ状況なのですね

19〜19.5インチでは、現在と同じみたいなシートポストの突出量になりますし
22インチでは、林道ポタリングの際に傾斜になった未舗装路の路面にて不意に
足を出さねばならぬ!な状況になった際に、おとこの子なので股間が心配です
(MTBはロードレーサーなどに比べ BBハイトが高いのでこのようなサイズです)


海外の選手たちがシートチューブからシートポストが飛び出ているコトなどは
よく皆の話題になりますが、やはり "程よく出ている" のが良いのだと思います

その観点から観ると、この FOES号も "赤いオブヂェ" のほうも私の感覚から
してみれば "にょきにょきっ!" っと飛び出しすぎで、バランスが崩れている
ように思います・・でも、程よいサイズでは股間のビッグマグナムが心配です
(見栄を張りました!誇大な表現と JAROに訴えるのはヤメてくださいッ!!)

Next >散策 vol.14:丘の上の公園
[PR]

by super-v | 2009-03-28 23:56 | エピソード

これも愉しみのひとつ vol.10   

2009年 03月 20日

春の MTBシーズンも到来しまして、この日祭日の 3連休をワクワク♪しながら
すごされる方々も多いかと思います、そんな私の初日は家族サービスデーでした


趣味人として、また家庭人としても家長の務めを怠ってはいけませんよ?

b0146418_2391769.jpg


いつものフォーマルセダンではなくてレヂャービークルのほうでおでかけしました


子供とポタリングの際に愛息が全く登場しないのは写真のような理由があります

せめてもの親心でアルミフレームにパイル生地で 3台の "赤いフルオーダー車" を
与えていますが、妻を含む周りの方々からは私の趣味全開だと思われていますよ
(特にお気に入りは "赤いオブヂェ" 同様に Carbonを採用してみた新型ですよ)
(あ・・それを気に入ってるのは、乗っている愛息ではなくて私本人ですよ?)


愛息は木製の手すりに捕まったりして、転びながらも嬉しそうに遊んでいました

b0146418_2393778.jpg


愛娘のほうは私のよりも遥かにエアインテークの数が多くてバイザーまで付いた
ヘルメットを冠り cannondaleのキッズグローブをはめて駆けまわっていましたよ

b0146418_2395255.jpg


ちょっと目を離せば、対岸の道まで駆けまわっている活発な女の子に育っています
(父としてはボーイッシュな愛娘の将来のほうが心配だなあ・・)

b0146418_2385355.jpg


そして家族サービスを務めたのちは、いつものパターンで夕刻の迫るガレージにて
妻子に生暖かい眼で視られつつも、やっとのことで漢のプライベートタイムですよ

Gary Fisher "costa rica製" サドルバッグの反射材が異様に光り輝いています・・


いままで FOES号と MONGOOSE号のフレーム & ホイールなどにコンポーネントを
その都度載せ換えながら、どちらか 1台を稼動する状態で駆けていた状況でしたが
今回、思いきって 2台とも常に稼動をできる状態にしておくコトにしましたですよ

ちょっと激しい風?のライズとベント角を持つ仕様のハンドルバーを購入しました

"ああだこうだ" と、気軽に試してみるのも愉しみのひとつです

Next > これも愉しみのひとつ vol.11
[PR]

by super-v | 2009-03-20 23:56 | エピソード

散策 vol.11:春を迎えた夕刻の親水公園   

2009年 03月 18日

いつもの仕事で「なにも浮かばない・・・・」なんてときもなのですけれど
フツーに、のんびりとポタリングをする際にもフラーリと公園を訪れますよ


なんどか載せていますが、子供とよく訪れる親水公園もそんなひとつなのです

b0146418_151790.jpg


ベンチに座って暮れゆく景色と佇む FOES号を眺めながら、のんびりしますよ
(そんな時のなかでも脳内では仕事関係で ♪Under Pressureが流れてたりします)

なにかが "閃いた!" りすれば「Dont Stop Me Now〜♪」なんて唄いつつ帰宅です
(偶然にも子供のお遊戯会の曲がコレだったときは、上記の理由で苦笑いしました)


ここはよく KEIRIN Racerの方やロードレーサーの方も休憩されたりしていますよ
まだ夕刻には肌寒さを感じますが、そろそろ春の到来を感じる季節になりましたね

この公園沿いの散策路は MONGOOSE号でも、ちょっとキツいような石畳風の道や
本来は調度品なのですが、いざ駆ける際には結構無茶をする "赤いオブヂェ" では
躊躇するような激しい階段や、ぷちミスをしたなら落下するような箇所もあります
(公園の遊歩道や遊具を荒らしているような遊び方ではありませんよ?)


写真のような蒼い夕刻の時のなかで、メカメカしく凛々しい FOES号を眺めていると
「これがウォーターボトルさえ 2個搭載できて、もうすこし登り向きだったらなあ」
こんな風に、すぐそこに迫りくる Newマスィン決定に対しての葛藤もありますよね

Next >散策 vol.12:春休みのポタリング
[PR]

by super-v | 2009-03-18 23:56 | エピソード

海洋国立公園 vol.5   

2009年 03月 02日

つい、このまえ海洋国立公園へ帰省をしたばっかりのような気がしないでも
ないのですけれど、サイクルマラソン・イベントが開催されますので帰郷しましたよ

b0146418_27462.jpg


表向きの理由は "お爺ちゃん婆ちゃんも一緒に桃の節句を祝おう" というワケです
実家の方では "なんと親孝行な息子であろうか" という噂をされていたみたいd(ry


5:00すぎに起床して、家族が目覚めるまえにサイクルマラソン会場へ向かいました

b0146418_284176.jpg


棟梁さんと北海道からも出走される "大王軍団" さんたち、私を可愛がってくださる
サイクリング協会の皆々さまや先輩方からも "まるで玩具としての扱い" をされつつ
歓談しながら出発のときを待ちましたよ、これもまた楽しく大好きなひとときです

Web Link:センチュリーランを走る会


b0146418_2532813.jpg


会長さんや理事長、先導の KEIRIN Racerと 800名のサイクリスタがスタートです


理事長「おい、赤いの・・俺の赤い愛車は相かわらずカッコよかろ?」
私  「赤っていうか色褪めたピンクぢゃないスか?・・プギャー!」
理事長「まえみたいに、ぜんざい 4杯喰わせっぞ?」
私  「理事長の赤いマスィンこそ、最高の赤です」


どうみても桃色です、おつかれさまでした
(パワーハラスメンツはんたいッ!)

b0146418_316597.jpg


皆さんがスタートされてから、港町で写真を撮るために追い抜いて先回りします

全員を追い越した後に、先導の KEIRIN Racerさんたちよりも先に着きましたので
FOES号が最も早く速く、この港町に到着したのでs・・載せられてきたのですよ


ぽかぽか春っぽい日差しがとても気持ちよかったですよ、もうすぐ春なのですね
草木が生い茂り MTBのシーズンオフになる季節のまえに、愉しまなきゃ!ですよ


あ、ちなみに FOES号なのですが実家近くで林道ポタリングをするため
いつもの Saris Bones Rackサイクルキャリアに載せて帰郷しましたです

b0146418_3211297.jpg


向かい風のなかを参加者の皆さんが駆けていかれます、とても気持ちよさげでした
先輩方の写真をたくさん撮らさせて頂いて、今年のサイクルマラソンも終わりです


"家族イベント" から安全運転で帰宅をして、もう既に夕刻だったのですけれど
FOES号に装着していた、赤い Rolls Dueを玄関先で重ね塗りしつつ "染め" ました

もちろん "振り返れば君が生暖かい眼をして立っている" という、恒例の展開ですよ

Next > 海洋国立公園 vol.6
[PR]

by super-v | 2009-03-02 23:56 | エピソード

寄り道をする vol.4   

2009年 02月 10日

なんだか "寄り道をする" シリーズのカテゴリが出来そうな気がしてきました

週末にお客様への御挨拶まわりを早めに済まさせて頂きましたので、そのまま
いつものサボr・・・・いいえ、リラックスタイムである寄り道を楽しみました

b0146418_0471216.jpg


自宅までの帰路とは 90度ちかくチガウ方向へ、イイ気分で駆けてゆきました

スポーツショップに立ち寄りましたら、冬物ウェアのセール真っ盛りでしたので
つぎの日に家族みんなで再訪をしまして、色々なお買い物などを楽しみましたよ


結果論になりますが "偵察" とか "斥候" みたいな雰囲気にもなりましたから
業務帰りに FOES号で立ち寄ったのは、きっと無駄な寄り道ではナイですねッ!

b0146418_0472718.jpg


帰省の際も利用する高速自動車道国道沿いを駆けるルートで帰路に着きましたよ
数年まえに居を構えていた町を通りますから、プチ懐かしい気分で途中休憩です

なんて言っても、今の住まいと極近い生活圏ですのでよく通る道なのですけどね
どのくらい近いかをちょっとだけ詳細に言いますと、ぢつわ隣町だったりします
(うわーなにをするきさまらー・・・・)


まだ GIANT号で気ままに楽しく駆けていた頃の、同じ場所での写真を載せています

b0146418_0474265.jpg


この "赤い Blog" によく登場する、いつもの季節折々の花と香りを楽しめる公園
ひとしきり「ぼ〜・・」っと休息をして、夕刻のまだ明るいうちに帰宅しましたよ


そうしたひとときを楽しんでから、家族の待つ家に戻っている私の自転車生活です

Next > 寄り道をする vol.5
[PR]

by super-v | 2009-02-10 23:56 | エピソード

如月はじめの日曜日   

2009年 02月 02日

日曜日は MTB'erな諸先輩方から "林道探索ポタリングのお知らせ" も頂きまして
かなり悩みましたが、月末のデスマーチなど睡眠時間もハードな感じでしたので
遠慮をさせて頂きました、激しく超絶な登坂路があると伺っていたのも理由です

おひる頃には皆でショッピングモールへでかけるとのコトでしたので、今日から
始まるフレッシュプリキュア!を子供たちと観てから FOES号で駆けてきました


近場にてキャンバー走行などをしつつ、400mmほどの段差を飛び降りてみたり
している私がヒジとヒザで衝撃を吸収する動きを、換装をしたサスペンション
フォーク
が "しなやかに補助をしてくれる" 動作を満喫しながら遊んできましたよ

b0146418_021417.jpg


"なにかのキッカケを与えて姿勢を制御する" コトなど望まなければ、しっかりと
「イイ仕事してますね!」という風に働いてくれるサスペンションフォークです

もしかしたら乗り手によって積極的に動かす方法があるのかも知れないのですが
この "常時ロックアウト" なモノに関する技法は、私の技術レベルでは判りません


"家族を持つ家長の務めであるショッピングモールへの運転業務" から帰宅をして
子供とのんびりしたポタリングを兼ねつつ、近くの可愛いショッピングモールに
ある美容院に連れていきましたが、写真みたく夕暮れ時になってしまいましたよ

「おなかが空いたよう」とせがむ子供に「お母さんには内緒だぞ?」と言いつつ
手作りパン屋さんのカフェテラスにて、楽しい秘密の時間をすごした日曜日です
[PR]

by super-v | 2009-02-02 01:08 | マウンテンバイク