赤が好き

ff0000.exblog.jp

ブログトップ

タグ:ポタリング ( 145 ) タグの人気記事   

LEDテールライト   

2009年 12月 12日

お陽さまが隠れる時刻も早くなりまして、夕刻にもなれば未だ夏期時刻との明るさの
ギャップに戸惑う感もあります、なので街からの帰宅には灯火などが必須の季節です


フロントの灯火は夜道を照らす役目もありますが、自転車だと横方向や後方も含めて
自分の存在を他に知らしめる・・とくにクルマに視認してもらう意味合いも深いです

b0146418_047649.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

私は街を駆ける際も、未舗装路の林道ポタリングでも 1台の MTBで済ませていますので
夜間でも街を駆ける際の装備として、色々な反射板を車体のあちこちに装着しています


光に反射をするリフレクターに加え、自発光をする LEDテールライトも使っていまして
画像は Selle Royal製のサドル Dardoツーリングの後部 ICSマウントの利用をして装着
させた純正 LEDテールライトと、CATEYE製の LEDテールライト TL-LD170の 2つです



2つの LEDテールライトを点滅させている動画を御覧ください
(動画は YouTube Movieです・・YouTubeのロゴをクリックすると大きいのを観れますよ)


まぁ・・"♪僕はここにいる" って雰囲気の佇まいです、やっぱし赤色はイイ感じですよぉ?
無駄に "にょきにょき♪" っと伸びたシートポストを使って Xmasイルミネーション風とか?
(うわーなにをするきさまらー)
[PR]

by super-v | 2009-12-12 23:56 | エピソード

ばなな vol.1   

2009年 12月 10日

2週にわたって愛息と愛娘が順番に風邪を拗らせまして、ばたばた!としておりました
2人ともに New Typeインフルエンザでなかったのは幸いでしたよ・・・・主に感謝です


街を駆けつつ出先で食事を頂いていたりする際にでも、ふとチビたちのコトを思いだせば
なんだか鬱な気分になっちゃいました、やはり健康で元気なのがいちばんありがたいです

私が幼い頃・・風邪をひいたりするたびに、父がなぜか不機嫌な雰囲気だったのも自分が
親になって判るようになりました、はぁはぁとチビがキツそうにしていると堪らないです
(おなじ "はぁはぁ" でも私だと "乙女ハァハァ" ですよ?・・うわーなにをするきさまらー)

b0146418_2391796.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

・・・・なんてコトをいってたら、この私本人が風邪をひきましたよ?


"ぼぉ〜♪" としたままでモニタに向かえば "鬼才あらわる!" って、感じのクリエイティブな
作品を描けるかと思って試してみれば、よく判らないモノ?しか描けないのでソレは諦めて
おとなしく布団に潜り込んでいました、でも MTB'erなので病床に在れど心は未舗装路です

でも「♪窓のそとは雨・・雨が降ってるぅ〜♪」でしたから工具箱を片手に階下に向かいます
なんだか、恋煩いでもないのに身体が火照って寒さを感じないので・・・・気持ちがイイです
(えっ?「寝とけ!」って・・・・ですか??)


妻にも「寝なさいッ!」なんて叱られつつ、旧世紀の昭和生まれの漢なので頑固一徹ですよ
まえに "変速バナナ" を組みこんだ際みたく、こんどは "ブレーキバナナ" を組みこみましたよ

画像の Lブレーキレバーにブレーキバナナを取り付けまして、VooDoo お顔さまエンブレムの
すぐ横をブレーキワイヤーのアウターケーブルが滑らかに?通るようになって、イイ感じです


もちろんナチュラルハイ状態でのブレーキまわり作業なので、安全確認はしっかりと・・です

b0146418_2213552.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

"右が後・左は前" のブレーキ仕様ならば、ワイヤールートにも問題が無い VooDoo号ですが
左側通行の我が国に合わせた "右が前・左は後ろ"のブレーキ仕様なので無理をしていました

このときのワイヤールートみたく、アウターワイヤーがヘッドチューブへ接触をする箇所に
AVEDIOのハウジングカバーを装着させて対策を施していましたが、ブレーキバナナを組み
こんだ結果、上記画像のようにハウジングカバーをケーブルガイド近くへ移動できましたよ


ステムを上向きにしたり、ライザーバーを使うような高めのハンドルバーポヂションならば
画像のような 2つのハウジングカバーが無くとも変速用のアウターワイヤーは接触しません

でも「♪それはちょっと出来ない相談ね〜♪」なのでハウジングカバーてんこ盛り仕様です
(現状で合計 6個もの AVEDIOのハウジングカバーを装着させまくっている VooDoo号ですよ)

Next > ばなな vol.2
[PR]

by super-v | 2009-12-10 23:56 | エピソード

VooDoo Soukri 29er   

2009年 12月 06日

週末の土曜日、夕刻になって「ハナの奥が "You は Shock!" みたいな気がする・・」と
訴えて、妻が呆れながらも用意をしてくれた風邪薬を服用して爆睡の週始め日曜日でした

いつも "我が辞書に不可能はない" のヒトみたいな睡眠時間で日々生活をしておりますので
ぐっすりと休んだ反動なのか、なんだか背筋が突っ張るような雰囲気です・・イテテのテ♪


もちろん 08:30から "フレッシュプリキュア!" を観て、もういちど休ませて頂きましたよ?
(やっぱしキュアパッションとアカルンは可愛いなあ・・・・うわーなにをするきさまらー)

b0146418_835817.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

ハナの奥がマンボ No.5になるまえの日のコトです・・愛息を学校に送り届けた、その脚で
赤葡萄色のクルマに妻を乗せたまま用件を済ませてから、その近くのショッピングモールへ
立ち寄りまして、帰宅をしようと駐車場に向かってみれば画像のようなコトに出会いました

遥か旧世紀のクルマが 2台仲良く並んでいまして、嬉しくなって写真を撮っちゃいましたよ


まだ社会人に成り立ての頃、ちょっと高価すぎて手が届かなかった赤葡萄色のクルマですが
今世紀になって、やっと綺麗な最上級グレードの USED Carをゲットして愛車にできました
(この赤葡萄色でなければ出物も多かったのですけれど・・"赤が好き" なので待ちました)

エクステリアもインテリアも年式なりの "ヤレ" が出ていますが、お気に入りの愛車なのです

b0146418_8352310.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

ぐっすりと睡眠を取って休ませて頂きまして、林道ポタリング仕様のマッチョ重爆装仕様
爽やかに街を駆ける軽装備仕様に戻した VooDoo号で、近所をブラーリとポタリングですよ

のんびりと機嫌よく駆けていればプルルン♪と首輪・・いえ、携帯電話が鳴ったので出ます
このメロディは自宅からで、こうした "予め心構えをする" ために着信音を分けて使ってます

私「はいはい」
妻「Lawsonに寄ってプレミアムロールケーキを買って来て」
私「はいはい」
妻「生ものだから寄り道なんかしないですぐに戻るのよ?」
私「はいはい」

しかし、この場合は私の dw☆Link搭載 MTB貯金からの支出になるのが予め決まっています
しかも、妻と愛息と愛娘の 3人分なので軽い目眩を覚える総額ですが自転車趣味のためです


憧れの dw☆Link搭載 MTBといへば、上記リンク先で試乗をさせて頂いた PIVOT Cyclesに
FOES号と同じくマッチョなヲジサンが造る TURNER Bikesがメヂャーどころでしょうか
どちらも魅力的なブランドで、ともに "大柄な人も安心" な 29'er仕様も用意されていますよ

WebLink : PIVOT Cycles

WebLink : TURNER Bikes

b0146418_22332843.jpg

・画像クリックしても 480x360 sizeのままです

私の VooDoo号の VooDoo Cyclesにも 29'erのダブルサスペンション仕様 MTB CANZO号
ありますが dw☆Link搭載ではなくて、いまは性能云々より dw☆Link機構に夢中なのですよ
(圧倒的だと見聞きするのも納得できちゃった・・ dw☆Link搭載 MTBを試乗した感触です?)

WebLink : VooDoo Cycles

VooDoo Cyclesには、この赤い WANGA号を購入する際にも迷った 29'er CrMo鋼管 MTBな
Dambala号や Scandium鋼管の Aizan号に Titanium鋼管の Zaka号と、それぞれ 3種類もの
フレーム鋼管素材を選べる 29'erの MTBが用意されていまして、なかなか充実をしています


そこに 2010モデルとして VooDoo Soukri号がラインナップに加わると掲載されていました
( Soukriは VooDoo Blogのほうに掲載されています)

フレーム鋼管素材は Reynolds 631鋼ですから Dambala号と同じ CrMo鋼管系のフレームで
ナニがちがうのかな?と、読み進めてみれば最も大きな相違点は変速・制動のワイヤー類が
このようにトップチューブの上側を通るのではなく、ほかのブランドで多くみかけるような
トップチューブの下側を通るみたいです、現行の VooDoo HT MTBは上側ばかりなのですよ

そしてフレームのカラーリングも、あまり今までには無かったようなデザインのようですし
さりげなく保守的な雰囲気の佇まいを持つ MTBが多かった VooDooの新しい流れなのかな?


画像みたく、ヘッドチューブのエンブレムに漂うキモい雰囲気は保ち続けてほしいですよ?
(ギャグをギャグとして理解してくださいね)
[PR]

by super-v | 2009-12-06 23:56 | マウンテンバイク

カーボンフレーム vol.1   

2009年 11月 30日

週始めの日曜日は朝早くから、チビたちと仮面ライダー Wやフレッシュプリキュアを
観たのち、続いてポケットモンスターの鑑賞に突撃するチビたちを生暖かく眺めつつ
VooDoo号のメンテナンスに向かいます、私の本命はフレッシュプリキュアだからです
(うわーなにをするきさまらー)


"最高であり最鋼であり最狂である" ダブルクラウンのサスペンションフォークへ換装を
しました、フォーククラウンからのサイズが元よりも短くなったためにハンドルバーの
高さを調整してから、それに伴ってシートチューブの角度も立ったために調整をします

b0146418_2012316.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

このように、頑固なリジッドフォーク系仕様のときよりもシートチューブの角度が立つので
この仕様ならば、青く蒼き Gary Fisherのサドルバッグを装備が可能なサドル後退位置ですよ


いつものフラットダートを駆けてみれば「Fサスペンション付きの MTBだなあ・・」って
感じでした、いままではヒジを曲げたりサドルから腰を浮かせたりするコトを求められる
ような路面状況でのみ、あの頑固なサスペンションフォークが反応をしてくれたからです

舗装路のほうに降りてみたりキャンバー走行を楽しんだりしつつ、青少年みたく遊びました



トップチューブ真ん中の上面が黒っぽくなっているのは、赤塗装を剥いで素材を露出させて
みましたです、画像みたくカーボン素材が剥き出しになりまし t・・て、うわなにをするー!


・・VooDoo号は素材を露出させたら "赤錆錆び錆び" になっちゃう CrMo鋼管フレームでした

私は街から林道ポタリングまで MTBを乗り換えずに駆けてゆくポタリング・スタイルなので
街中では地球ロックをして停めていたり、ほかにもメンテナンスちうに自転車を倒してみたり
するので、トップチューブの左側には塗装が剥げるようなキズをけっこう付けているのですよ


"赤錆錆び錆び" を防ぐためにもタッチアップを施してはいますが、この Rockstar Redなんて
メタリック系の色合いには、色がキッチリと合いませんので「アイタタ・・」な出来映えです

b0146418_20124835.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

そこでナウなヤングにも人気があったらしい、トップチューブ用フレームパッドなんてモノを
巻き巻きしよう!と思いましたが、ディレイラーがないピスト系や F・Rのシフトワイヤーが
ダウンチューブを通るロードレーサーとちがって、トップチューブを通すコトが多い MTBの
VooDoo号だと、画像のように Rブレーキケーブルを含め 3本のワイヤー類を巻き込むコトに
なりますので、なんとなくソレはイヤな雰囲気でしたしフレームパッドの装着は諦めましたよ


そして、その 3本のワイヤー類による接触も防げるという感じでカッティングシートを張って
しまおうと思いましたので Shopを訪れてみれば、想定外の "カーボン模様" を見つけて購入!
(カーボン & チタン萌え系メカフェチなので CrMo鋼管フレームなんてコトは忘れたままです)


シートクランプも未だに SURLYのモノへ換装をしないでカーボン模様のモノを使っています


Shopから帰宅をして、いつものごとく "振り返れば君が生暖かい眼をして微笑んでいる"
状況になりつつ、そのカーボン模様に「うっとり・・♪(はぁと」しつつ貼り貼りしました

妻「・・・・もう貼りおわったの?」
私「けっこうイイ感じに張れたよ?・・あたし完璧!」
妻「ふぅん・・これってイワシの鱗みたいな模様だわ」
私「な、なんだと!きさまもういっぺん言ってみろ!」
妻「2Fのスーパー Vとちがって色々な模様があるのね」
私「カーボンっていうのは編み編みを積層構造に・・」
妻「また長くなりそうだから説明はしなくていいわよ」
私「つれないなあ・・・・ショボーン」
妻「なんだかカーボンフレームが欲しそうで哀れかも?」
私「えっ?カーボンフレーム MTBに替えてイイの??」
妻「・・・・なんだと?もういっぺん言ってみろッ!!

たぶん見るたびにイワシの鱗模様を思い出しちゃいそうな感じです・・・・でも、イイのです

b0146418_014120.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

カーボンフレーム MTBでは、2010モデル SCHWINN MOABの編み編み模様とデザインが
いちばんのお気に入りで、"赤いオブヂェ" のサドルや愛娘の Kid's Cycleも SCHWINNです

きょうは月末でもありまして、街を駆けおえた帰路にて寄り道なんかをしちゃいましたよ♪
はじめの画像とちがって見える仕様になっていますけれど、今宵の VooDoo号なのですよ?


素直じゃない後輩から「先輩ありがとうございます!」って精一杯の感謝 Blogでもあります
(ギャグをギャグとして理解してくださいね)

Next > LEDフレーム
[PR]

by super-v | 2009-11-30 23:24 | エピソード

サコッシュ   

2009年 11月 10日

サコッシュ・・Sacocheです、Italyのファッションブランドにサコシェもありますよ


VooDoo号へ TOPEAK製のサドルバッグでウェッジバッグ Lサイズと、同じく TOPEAK
製のフレームバッグでトライバッグを装着しまして、仰々しい雰囲気になりましたけれど
その仕様で "レーパンヂャージプギャー!" のサイクルヂャージに付いている背面ポッケを
組み合わせれば、林道ポタリングの際に身体へのバッグ類の負担を無くすコトが可能ですよ

とくに MTBは人里離れた天外魔境完全廃道みたいな未舗装路へ "喜んで駆けてゆく" ような
人々が多いものですから、コンビニエンスストアとかジュースの自動販売機にも縁遠かったり
します、そのために補給食や飲料水などのほかに補修パーツや携帯工具なども嵩張り気味です


なので、トレイルザックやヒップバッグのような "身体に纏う" バッグ類が必要になりますが
それらはけっこう質量を感じたりします、ナニもナイ状態と比べれば絶対に邪魔な存在ですよ

b0146418_0162214.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

さて、私は街を駆けるのも林道ポタリングでも同じように趣味を兼ねて愉しくやってますよ

今でこそメッセンジャーバッグを用いたり、さきに述べたヒップバッグを愛用していまして
"赤いオブヂェ" と同じ cannondale製の Made in USAボトル in ヒップバッグや Montbell製の
ボトル in ヒップバッグを愛用していますが、それまでは画像のような "へちゃ!" としている
バッグを愛用していました、ショルダーストラップを様々な留め方もできるので便利でしたよ


青く蒼き生地も色褪せてしまいましたけれども、それだけ常々愛用をしていた証でもあります

b0146418_0164324.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

もちろん、このヒップバッグと同じく大好きな赤く紅き仕様のデッドストックも在りますよ?
(うわーなにをするきさまらー)


もう・・いったい、いつごろからコレはデッドストックだったのか思いだすコトも難しいです
うえにある青く蒼きバッグも、はじめの頃はコレみたいに眩しいほど色鮮やかなバッグでした

そういえば箱付き取説付きの保存用と展示観賞用を揃えるコレクターの方々とちがう?のは
たとえば勝負ぱんつ・・・・いえミスタイプです、完全本気仕様である赤く紅きアイテムと
日々平凡な日常生活で愛用してゆく、色ちがいのアイテムを揃える点になるのでしょうか?
( "赤いオブヂェ" 専用なエーデルワイスと白十字のヂャージやキャップなども揃えています)

b0146418_0165845.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

この赤い Blogで今回のタイトルにもなっているサコッシュです、街で VooDoo号から離れたり
する際にサドルバッグやフレームバッグに積んでいる貴重品などを「どうしたものか・・」と
まるで若きウェルテルみたく想い悩んで、そのため業務さえも手につかない私の姿を見かねて
妻がプレゼントしてくれました・・業務からの逃げ道を無くされつつあるような気もしま s(ry


サコッシュはジロやツールの補給ポイントにて、うまい棒や兵六餅など南の島の MTB'erに
必須とされる補給食を詰めたバッグを受け取る際の "アレ" です、選手によってパンやアミノ
ドリンクなどを詰めてあるのかもです・・内容物に興味が在る方は各自で調べてみてください
(うわなにをするー)

b0146418_0171587.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

収納状態から広げればショルダーストラップと、駆けている際に背面から回り込まないように
するためのクロスストラップを兼ね備えていて、プチ・メッセンヂャーバッグみたくなります


まえは CD-Rや外付け HDD、ときにはラップトップ PCまで持って駆けたりもしていましたが
このごろはペンと手帳と USBメモリだけで、お客さまを訪問するコトも多くなりつつあって
これからは「身軽だぜヒャッハー!」と駆けている私の姿をチェキラ!☆できるかもですよ?
(ギャグをギャグとして理解してくださいね)
[PR]

by super-v | 2009-11-10 23:56 | マウンテンバイク

LEDヘッドライト vol.5   

2009年 10月 02日

2本締めタイプのシートポストでは、アダプターが後ろクランプへ接触してしまう弱点を持つ
お気に入りの青く蒼き Gary Fisher製 Made in costa ricaサドルバッグを使い続けたいのよッ!


なんて、純情乙女の炎のチカラみたく BB軸〜サドル高さを下げるほどサドルを後方へ引いて
装着をしましたけれど・・"人の夢と書いて儚い、何か物悲しいわね" てな感じで四散しました

b0146418_221576.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

サドルを後方へ引いて、数値上は私の体躯に合った "ベストポジション + ちょい余裕" と同じ
BB軸〜サドル高さにしてみましたが、シート角がさらに倒れたような雰囲気の偽装ですので
ヒザから下よりも、せくしぃなフトモモが激しく短い配分である私の脚にはキツすぎましたよ

てなワケで、ヒザだけでなく腰にも無理や無駄な負担が掛からない元々のポヂションに戻して
cannondale製 Made in USAボトル in サドルバッグへ戻しまして、儚く短い蜜月の瞬間でした


サドルを後方に引けば、ヒザから垂らした垂線が踵の近くを通る状態なので駆けれませんし
そこから BB軸〜サドル高さを低くすれば、踵がペダル軸よりも下がりまくるので無茶ですし

シート角が立ったフレームを特注すれば、見た目はサドル引きまくりの流行風になるかm(ry
(それはナニかをマチガっているような気がするよ)


そういへば "赤いオブヂェ" に組むための・・私にはセレヴな価格の高級シートポストと共に
"自治区" や "獄長" と呼ばれる Web Shopから届いた "SURLY" も、いつか組まねばなりません

b0146418_22153434.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

さて、無駄な考察はヤメましてタイトルに載せました LEDヘッドライトのコトになりますよ


まえの vol.4から 12ヶ月になりますね、愛用している Boro SHL-01は不具合もなくて快調で
なんどか降雨に遭いまして、雨天走行をしましたが分解清掃・乾燥を施して完調のままです


いくつか小キズもつきましたし、愛娘に貰ったキュアピーチのシールなども張ってみました
ちょうどバッテリーの交換時期を促してくれる、赤い灯火がスイッチのなかに浮かんでいます

あいかわらずネーミングが "ボロ" ではなくて "プロ" だったら言うコトがナイとは思いますね
Boroのワイヤー錠も購入しまして、ハンドルバー上には「ぼろぼろ・・」ってロゴが並びます

b0146418_22153418.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

Gary Fisher製 Made in costa ricaサドルバッグは、ぐるーり♪と巻いてあるリフレクター
輝きまくる反射光が目立って、とても心強かったのですが画像のようなサドル ICSマウント
LEDテールライトと、赤い CATEYE製リア・リフレクターのみになっているのが現状なのです

LEDライトやサバやサンマなど、ひかりモノが好きなので・・いえ、激しくミスタイプですよ

そろそろ夕刻には陽も短くなりましたので、安全のためにも被視認性も気になるところですし
TREK系ブランドのパーツに嵌っていますから、TREKに "♪ディスコインフェルノ!" なんて
その派手な銘ですらも迫力不足を感じる、凄まじい輝きのサタデーナイトフィーバー系 LED
テールライトが在ったのを思いだしましたが・・・・ざんねんながら廃盤になっていましたよ


Newモデルの "フレア" もイイ感じなのですが・・・・なまえのインパクトが薄いのですy(ry
(うわーなにをするきさまらー)

Next > LEDヘッドライト vol.6
[PR]

by super-v | 2009-10-02 00:00 | エピソード

青く蒼き vol.7   

2009年 09月 28日

水の惑星と呼ばれる蒼い地球に住まう、ひとりとして私ももちろん青が好きです
(うわーなにをするきさまらー)

Team VOLVO cannondaleの MTB'erであった Cadel Evans Proが 2009世界選手権ロード
レースでのマイヨアルカンシェルを獲得されました、グランツールも頑張ってくださいです


さて、照葉樹原生林ポタリングの際にシートポストのクランプへクラックが入りましたよ

まぁ、予想不可で不可避な緊急事態で "赤いオブヂェ" に "しかたなく 5桁の価格" な逸品を
購入しました、そして "赤いオブヂェ" のモノを元の VooDoo号へ戻すコトにしたのですよ
(そのあと、シートクランプのボルトまで「ぐにっ!」っと逝きましたがソレも不可避でした)


私にはセレヴなプライスの、そのシートポストが "自治区" や "獄長" と呼ばれる Shopより
届きました、もういちど言っておきますけれど "しかたなく購入" したモノでも嬉しいです
(なんだか "SURLY" なんてモノもソレと一緒に届きました・・あ˝〜?聞こえんなあ!!)

b0146418_2301160.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

1本締めタイプのシートポストから、元々の 2本締めタイプのシートポストへ戻しましたので
Gary Fisher製 Made in costa ricaサドルバッグのアダプターが後ろクランプへ接触をするため
cannondale製 Made in USAボトル in サドルバッグへ換装をして、ここ数日は駆けていました

なのですけど、どうも青く蒼き雰囲気と佇まいの濃度が超激しく減った感が拭えませんですよ
それに、そろそろ夕刻には陽も短くなりましたので派手なリフレクター性能も重要なのですよ


結局は "た・・たまらん!" って感じになって画像のように青く蒼きサドルバッグに戻しました
(タイヤもブロックタイヤに戻ってるぢゃねーか??・・なんてツッコミは聞こえんなあ!!)

b0146418_2303021.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

この 2本締めタイプのシートポストと青く蒼きサドルバッグの組み合わせは、アダプターを
挿入するスペースが必要なので、私に合わせたベストポヂションよりもサドル位置を後方に
引かなければならないため、色々と創意工夫しつつも "脚痙った!" な状況に陥っていました


そこで(このサドルバッグを使いたくて)800mmの BB軸〜サドル高さを十数 mmも低く
できるほどにサドルレールの固定位置を "思いっきり後方に" してみましたよ・・か、漢だ!

着座位置が後方で BB軸からも遠くなりましたが、サドル高さも同時に低くしたため元々の
前方に戻りまして、脚の伸び具合もイイ感じに戻ったような気がしています・・たぶんです


サドルとハンドルバーとの落差も穏やかになりまして、さらにルックスが今風になったかも?
(ギャグをギャグとして理解してくださいね)

Next > 青く蒼き vol.8
[PR]

by super-v | 2009-09-28 23:56 | エピソード

DETONATOR Strikes Back   

2009年 09月 18日

森林や未舗装路なんて、泥濘 & 砂礫で埃っぽい MTB'erたちの話題は "ひとやすみ" しまして
ナウでヤングのモダンボーイみたいな?・・クールでホットな都会派 MTB'erっぽい話題です
(うわーなにをするきさまらー)

b0146418_0154694.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

妻が amazon.co.jpにて買い物をすると言いましたので、ならば同時にサイクルパーツを頼む
コトにしまして、画像にある SCHWALBE製シュレッダーバルブのチューブを発注しましたよ

私が居を構えているところでは需要が稀らしく、まえに Shopで 2本取り寄せて頂いたモノ
同じチューブです、その際にサドルバッグへ収納しておく予備チューブを忘れていたのでした

さすがに需要が無いチューブを、それも 1本だけをオーダーするのは気が引けていたのですよ


"パンクが多い日でも安心" になりましたので、まえに INFINITYさんより贈って頂きました
"MAXXIS DETONATOR" を履かせて「・・カッコいいぢゃん」と、独りで悦に浸っている
"赤いオブヂェ" の cannondale HANDMADE in USAボトル in サドルバッグのなかに収納を
しようと思いましたけれども、せっかく頂いたタイヤなのでまた VooDoo号に履かせました

Web Link : INFINITY∞BLOG

そういえば amazon.co.jpを "密林" なんて略したり、サイクリスタに人気の Wiggle.co.ukは
"自治区" や "獄長" と略すのは面白いです、とくに "獄長" はモニタへコーヒー吹きそうにn(ry
(あ˝〜?聞こえんなあ!!)

b0146418_016720.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

まえに履かせたときよりもリアセンターのサイズを延ばしたので、変態っぽさも UPですよ?


照葉樹原生林の林道ポタリングの際、サドルが "もぬすごい角度" で駆けるハメになったのを
帰宅後すぐに戻しまして、同じく下向きでイイ感じにしていたステムも上向きに戻しました

その理由(わけ)は後日にも載せますけれど "もぬすごく前さがり" のサドルと、それプラス
サドルとハンドルバーの落差を "赤いオブヂェ" ほどではナイにしても 70mmほど採っていた
私の体躯にイイ感じ♪のポヂションは、登坂の際ならば「OK!ベラリグッド!!」でしたが
マスクメロン大の岩石も転がっている、10.000m越えの距離の未舗装路を駆け下る際にh(ry


ハードテール MTBなのもありますけれど、下りで脚が痙ったのは "はぢめての体験" でしたよ
(のんびり下れば大丈夫だったのでしょう・・ 2回ほどミスしてバンクみたく壁面を駆けましt)


ステムを上向きに換装してもサドルより低い位置になりますが、おとなしくコレで駆けますね

せっかくの SCHWALBEのチューブを収納してた青く蒼き Gary Fisher製の Made in costa rica
サドルバッグ
を VooDoo号に装着するのを忘れたまま、深夜のコンビニまで駆けてゆきました
[PR]

by super-v | 2009-09-18 01:24 | マウンテンバイク

紅色の季節を感じます   

2009年 09月 10日

2009 La Vuelta Ciclista a Espanaの映像と共に聴こえてくる Merezcoって曲の歌声は
なんだか甘酸っぱいような気分になって、ちょっとイイ感じだなあ・・と思いませんか?

Le Tour de Franceの Swing Low 99も好きです、風のように駆けてゆくロードレーサーの
映像を想いだしてイイ気分になります・・あ、この "赤い Blog" は MTB'er Sideだったです


赤い 2機の "赤いオブヂェ" と VooDoo号をメインにしていまして (1機はほぼ調度品です)
ロードレーサーを持たないピュア MTB'erですが「Tourとか Giroとか好きだよね」なんて
ロードレーサーも所有されている MTB'erの先輩方に「いぢわる!」をされたりしています


Caterham Super 7で駆けてなくても Formula Oneを観戦するのが好きですし
saeco cannondale caad 7で駆けてなくても Giroを観戦するのが好きですし
HONDA RC30で駆けてなくても SUZUKA 8Hを観戦するのが好きですし
LANCIA 037 Rallyで駆けてなくても WRCを観戦するのが好きですし
AIR JORDANを履いて飛んでなくても NBAを観戦するのが好きですし


純粋にサイクルスポーツの観戦者として、世界 3大ツールを楽しみに観ているのデスよ?
(えっ?・・・・ヤングメンなのに RC30とか 037 Rallyは例えとして古すぎですか??)

b0146418_23431526.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります


さて、秋の装いを感じる季節になりましたけれどタイヤをガチムチ林道仕様にしたワリに
林道ポタリングどころか、まとまった・・未だ 1時間程度のポタリングさえも出来てません

まぁいつもの状態な状況に嵌って、 MTBのシーズンインを感じながらもモニタに向かって
悶える日々に埋没をしています、この御時世でも可愛がって頂けるのはありがたいことです


お気に入りの公園に寄り道をする気分的な余裕もなく、自販機ゾーンで遠い眼をしたりです
(厳密に言へばコレも思いっきり寄り道になるですね)

b0146418_2350521.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

紅色の季節を感じるようになって、陽も短くなりつつあるのでロングサドルに蒸着をしてある
ICSマウントシステムの LEDテールライト Gary Fisher製 made in costa ricaサドルバッグ
反射素材と、それらにプラスして CATEYEの赤い反射板の "ぴかぴかセット" は頼りになります


フロントは Boro SHL-01 LEDヘッドライトを愛用し続けています、コレも路面を明るく照射
するようなモノではありませんので、猫眼のマーシャr・・いえミスタイプです、CATEYEの
5xx系ならば路上で自分の存在を示すコトに、今よりもプラスした明るさも得られそうですね
(Boro SHL-01でも 10km/h + αほどの速度で駆けるには十分な光量がある優れモノですよ)

海外では早くに発売をされていた HL-EL 530もラインナップに加わったみたいで気になります
あの圧倒的巨大な存在と拡声器のようなデザインは、マチョ系が好きな私でも躊躇しますけど


業務を頑張りまして、こんどの週始め日曜日に計画してくださった照葉樹原生林の林道走行
参加をしたいです、その際には写真をいっぱい撮ってきて皆さんに MTBの魅力も伝えたいです
(ギャグをギャグとして理解してくださいね・・・・Gary Fisher 2010 Roadカッコいいなあ)
[PR]

by super-v | 2009-09-10 00:00 | マウンテンバイク

青く蒼き vol.6   

2009年 08月 24日

水の惑星と呼ばれる蒼い地球に住まう、ひとりとして私ももちろん青が好きです
(うわーなにをするきさまらー)


週末に親指の第一関節から人差し指の元にかけて、皮膚をズールリと剥いてしまいまして
クルマの運転や VooDoo号で駆ける際にも、ときに「イテテ・・」と唸りつつの生活です

いつもみたく MTBで斜め上に錐揉み飛行をして着地をミスした結果の怪我ではありません


"赤が好き" でも、さすがに皮膚が剥けて生で "視る" 身体の鮮やかな赤色は泣けましt(ry
(高鮮度の赤身みたいな患部画像を載せようかな?とも思いましたがグロいので控えます)


なによりもペンタブレットやマウスを満足に操れないので・・・・妻に叱られております
(業務に支障が出ているからです・・・・自営業の所帯持ちな家長にはツライ境遇ですよ)

b0146418_212610.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

溜まりがちなタスクを効率よく進めてゆくようなデスクワークは "無理ッ!無理無理よッ!"

なーんて雰囲気の状況ですから "赤いオブヂェ" を磨いてみたり、さきに VooDoo号にパーツの
換装をしている途中だった "趣味のメンテナンス" 風な週始めの日曜日でした、工具やパーツを
気を抜いて握るたび・・怪我をした "患部にヒット" して「んぎょわー!」などと叫びつつです


そんな私の姿を、妻が "生暖かい熱視線で視ている" のは平穏な我が家の日常的な光景なのです

b0146418_2122436.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

まずは緻密で綿密な計画を立てて、また懲りずに換装をした青く蒼きアルミボトルケージ
フランス巡り競技で 7連勝を得た、とても地味な黒いプラちっち材のボトルケージに戻します


・・・・あいかわらず地味なボトルケージです、保持性や抜き挿しの性能は最高なのですけど


Selle Royalのサドル Dardoツーリングには、純正仕様の ICSマウントに LEDテールライトが
ワンタッチでサドルの後端部へ装着できますので、いままでの LEDテールライトを外しました

b0146418_2124250.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

そして取り外していた GIANT純正の 3Dフォージド製バーエンドバーを、また装着をしました


・・・・そこのキミっ!
見て頂きたいのは LEDヘッドライトのうえで笑顔を振りまくキュアピーチたんぢゃないよ?


キュートで可愛い楓の葉やモミジみたいな、私の可愛い手で握れば人差し指が大きく余って
空を切ってしまうために外したのですが、愛用してた SPECIALIZED製のボディジオメトリ系
グリップを上記 Linkに載せてある WTBのシンプルなモノに戻しまして、問題を解決しましたよ

b0146418_4445518.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

そうそう、上向き系のステムを組みましたからサドル〜ハンドルバーが 10mmほど近くなって
740mmになり、サドル高さ〜BB軸は脚の踵が下がりすぎない高さの 800mmな設定のままです

ここの湧水はジモティな子供たちだけでなく、山岳国立公園のほうから戻ってくるローディの
方々も涼を採ったり脚を冷やしたりしている姿をみつけます、じつにまあ・・湧水だらけです


はじめにも載せましたが、工具やパーツを気を抜いて握るたび・・怪我をした "患部にヒット"
して「ぶべうっ!」などと叫びつつ、今回も趣味の自転車いぢり・・ちがう、モディファイを
使命感に燃えておわらせまして、うえに載せた写真を撮るために湧水まで駆けてったのですね

柔らかフィットのボディジオメトリ系から換装した、マチョハードコアな硬い WTBグリップを
握りしめたりブレーキをかけるたびに「んぎょぐえ!・・グハッ!」と、叫び悶えていましたよ
(ギャグをギャグとして理解してくださいね)

Next > 青く蒼き vol.7
[PR]

by super-v | 2009-08-24 22:48 | エピソード