赤が好き

ff0000.exblog.jp

ブログトップ

タグ:ポタリング ( 145 ) タグの人気記事   

MTBサイクルスタイル vol.1   

2008年 06月 26日

このように赤い cannondale Super V Carbonと出会って、完全 Road系だった
学生さん時代の頃から久々に "サイクルスタイル"を再開することになりました

勤めていた頃なのですが、それまでのクルマやバイクによる通勤ではなくて
どうせなら自転車通勤もしようと思いまして、盗難や連日の通勤による消耗や
摩耗なども考慮して(いいわけ?)GTの CrMoハードテール MTBを購入しました

そうしているうちに友人・知人へ「自転車に換えたらしい」という噂も伝わり
大人の事情といいますか "つきあい"で新たに自転車を購入することになります
その GIANTのダブルサスペンション MTBで野山から街中まで駆ける毎日でした

そんな MTBサイクルスタイルが定着してきまして、現在に至っています

b0146418_10501324.jpg


b0146418_10505627.jpg


なんだかスリックタイヤを履かせたシクロクロス系とブロックタイヤを履かせた
MTBの収まる風景が間違っているような気もしますが、気にしないでください

現在は林道ポタリングをメインにする季節と街乗りをメインにする季節によって
2台を使い分けているのですが、基本はMTB寄りのサイクルスタイルですから
シクロクロス系で林道ポタリングに出かけたり、MTBで街を駆けたりしています

b0146418_0233852.jpg


そして MTBのイベントに参加させて頂いたりもしつつ愉しく駆けています

林道ポタリングの際や街中ではマイペースで楽しんでいますから、あまり
気にしたことはなかったのですが、この写真をご覧に頂ければ判るように
私の体躯が大きいですので "サーカスのクマー!"って状況になっています

実際に今の MTBは私にサイズが合っていないようで、最も顕著なのは腕に
余裕がありすぎるために、上体の力を自然に使うことが難しかったりします

その他にも様々な難点が露見していますので、私のベストサイズな MTBに
乗り換えちゃおう?と、ここ最近は画策しているところです(いいわけ?)

Next > MTBサイクルスタイル vol.2
[PR]

by super-v | 2008-06-26 11:18 | エピソード

赤い Super V Carbonとの出会い   

2008年 06月 24日

友達たちが "赤い彗星"が登場するアニメや "夕やけニャン"なアイドルの話題で
夢中になっている頃、私が興味を持っていたのはレモン選手やフィニョン選手でした
インターネットなど無かった頃ですので月刊誌で活躍を見てはドキドキしていました

当時は cinelliや Bianchiに憧れながら、毎日のように BRIDGESTONEと MIYATAに
乗って山を登坂しつつも、社会人になったら "Cのマーク"や "チェレステカラー"を
ゲットするんだ・・でも "ハートのマーク"を買っちゃうかもよ?などと思いながら
週末には早朝から 200kmほどの、日帰りサイクリングをしていた学生時代でしたよ


同じ "Cのマーク"でもキャノンデール MTBを手に入れるとは思いもしませんでした

b0146418_15284927.jpg


しかし友人にモトクロスの楽しみを教わって、オフロードバイクにのめり込んだ
結果は "Cのマーク"の Cinelliどころか "Hのマーク" の 2stレーサーレプリカを乗り
継ぎ、果ては HRCの純競技場用レーサー RS 250Rをも愉しむ若者になっていました

写真の HONDA NSR 250R-SP Rothmansに乗って、ふらりと立ち寄った本屋さんで
ふと手に取ったタウン紙にターニングポイントになる MTBとの出会いがありました


ここまで書いていて、いま改めて気が付きましたが Rothmans・CABIN・TERRAと
記念モデルの NSR-SPばかりを乗り継いできました、現在所有している 2台も MTB
チャンピオン銘を冠したモデルですので、そのような雰囲気が私は好きなのですね

そのタウン紙に女の子が cannondale Super V Carbonと一緒に写って載っていて
それを "視た"つぎの瞬間には、自転車雑誌を手に取って cannondaleを探しました

そして Team VOLVO cannondale Missy Giove signature editionの広告を発見!

b0146418_15594798.jpg


本屋さんからバイク屋さんへ向かい、そのまま NSR-SPを売却してから家に戻り
クルマで cannondale ディーラーの自転車屋さんへ向かいまして赤い Super Vを
オーダーしました、幸いにも大きなサイズでしたからメーカーに在庫がありました

手続きを済ませて店を出てからクルマに乗ると、カーラジオからが Xmasソングが
聴こえてきた 1996年の夜でした、これが私と "赤いオブヂェ" の出会いになります

Next > 赤い Super V Carbon vol.1
[PR]

by super-v | 2008-06-24 15:15 | マウンテンバイク

寄り道をする vol.1   

2008年 06月 20日

お客様まわりに自転車を使っています、とは言っても地球温暖化や燃料費高騰を
考慮してではなくて、街の渋滞にも遭わずに繁華街の駐車場探しなどの問題も無く
そしてなによりも私の趣味が多分に混ざっているのが理由なのだと思ってください

あいにく梅雨の時期ですから自動車や路面電車、バスなどを行き先や気分によって
使い分けることを強いられていますが、梅雨の晴れ間には自転車でまわります

さっそく草木が生茂るこの季節は林道ポタリングのシーズンオフになる MTBから
夏期に向けて先日より準備していた MONGOOSE号の出番がやってきました

街の橋や陸橋を元気よく渡ると汗ばむ陽気になりまして、ひととおりお客様を
訪ね終えて帰路に着きました際に、私が前に居を構えていた町の公園に立ち寄って
小休止をしてから帰宅することが、なんと言いますかいつもの習慣になっています

b0146418_15321331.jpg


b0146418_15324454.jpg


上記 2枚は 2007年の Photoになります、私の例年通りの行動の証拠写真みたいで
子供たちには「寄り道はダメだぞ?」と言っている本人がこれです、ズルいですね

b0146418_15191091.jpg


季節折々の花と香りを楽しめる公園で、園内は自転車走行禁止になっていますから
水飲み場やトイレの場所まで自転車を押してゆき、芝生に腰掛けて休憩しています

そうしたひとときを楽しんでから、家族の待つ家に戻っている私の自転車生活です

Next > 寄り道をする vol.2
[PR]

by super-v | 2008-06-20 15:55 | エピソード

メインサイクル - Cross   

2008年 06月 17日

さきの blogに載せましたが、MTBの林道ポタリングが厳しい
梅雨〜盛夏の季節になると、より舗装路向けのスポーツサイクルである
シクロクロス系の MONGOOSE号が私のメインサイクルになります

b0146418_4302228.jpg


18年モノの TANGE CrMoフォーク・フレームで構成されたシクロクロス系で
ブレーキはカンティでディレイラーは XTという構成な "ナゾの乗り物" ですね

秋から春にかけて、つぎに紹介させて頂こうと思っている MTBをメインに
していまして、街から林道までもをブロックタイヤのままで駆けています

赤い cannondale Super V Carbonと同じくダブル・サスペンション形式を
採用している MTBですから、この MONGOOSE号に乗るたびに再確認する
ソリッドで純粋な乗り味は、とても新鮮で楽しい気分にさせてくれます
[PR]

by super-v | 2008-06-17 00:24 | クロスバイク

シーズンオフ   

2008年 06月 15日

cannondale Super V Carbon 1996モデル
Team VOLVO cannondale Missy Giove signature editionが愛車です
本日より MTB etcの Cycle blogを始めてみることにしました

b0146418_15233422.jpg


そろそろ草木が生茂る季節になり林道ポタリングシーズンオフになります
本格的な梅雨の季節でもありますから街を駆ける際にも使っている MTBを
より舗装路向けのシクロクロス系に換えてこれから夏を迎えるつもりでいます

いきなり MTBシーズンオフの話題になりましたけれども
みなさんよろしくお願いしますね
[PR]

by super-v | 2008-06-15 00:00 | マウンテンバイク