赤が好き

ff0000.exblog.jp

ブログトップ

タグ:サイクルパーツ ( 275 ) タグの人気記事   

走る実験室 vol.1   

2008年 07月 14日

結論から先に申しますと Selle San Marco Rolls Dueの "赤いサドル" へ戻しました
青のパーツを除いて、変態色仕様モデルよりはマシになったと思い込むようにします

Selle San Marco CONCORはクッション性も比較的良いほうで(他と比較してです)
シビアな調整でキッチリとポジションを出せば、しっかりとホールドをしてくれる
Tour de Franceで 7連勝をした素晴らしいサドルなのではありますが、その特性上
ロングライド時に体力が低下した際にはお尻が動かせなくて切ない事態に陥ります

SURLY CrMo 700c (29er)であるカラテモンキーに触発されたのもありますし
「いいんダヨ〜♪」という使い方を目指してフラットバーに換装したのですから
先に載せましたように "アバウト" にお尻を動かせるサドルのほうを選択しました

b0146418_1739239.jpg


ちょうど先日、50.000mを越えるあたりの距離を駆ける機会がありましたので
ライディングポジションの確認も兼ねつつ MONGOOSE号でお出掛けしてきました

向かい風の直線路でアウター・トップに変速してゆっくりとぺダルを回していけば
サイクルメーター読みで 28〜32km/hほどの速度を維持しながら駆けていきます

使途不明自転車というのを意識しないようにして、シートチューブが 600mmで
トップチューブが 580mmの MONGOOSE号は、私の体躯にはトップが少し小さめ
サイズですから、なんだか 29erの MTBに乗っているような気分にしてくれました

フラットバーとサドルの落差も大きくて、強い向かい風の状況でもちょうど良い
ポジションですから、林道ポタリングの際にはちょっと遠めのポジションですね

私が大好きな SWISS Powerの Thomas Frischknecht選手が落差の大きい Ritchey
MTBで駆けていたころと比べ、明らかに落差が少ない SCOTT MTBのポジションの
現在のように、平地や下りでは上半身に余裕を持たせて身体をリラックスしながら
登坂や加速の際には腕を曲げることによって、必要なときのみ踏力を有効にします

b0146418_2071620.jpg


道往く人々の怪訝な視線を浴びながら、歩道にてポジション変更の作業をしました
とりあえずは今日の走行に向けてステムを下向きにしていた仕様を元に戻しまして
ボディジオメトリ・グリップやシフト & ブレーキレバーの角度も調整していきます

公道ではありますが、まるで "走る実験室" という気分で姿勢を調整してみました
舗装路向けにはアップライトなポジションになりました(それでも落差があります)

前述したように「いいんダヨ〜♪」の街や林道ポタリングを目的にしていますので
自宅であと 10mm短いステムに換装しようと思いながらポタリングを楽しみました

Next > 走る実験室 vol.2
[PR]

by super-v | 2008-07-14 20:24 | エピソード

彩りの試行錯誤   

2008年 07月 12日

赤・青・黄と、まるでヒーローアニメかヒーロー戦隊モノのような
雰囲気を漂わせる彩りになってしまったフラットバー仕様の MONGOOSE号です

Selle San Marco Rolls Dueの "赤いサドル" に換装したのが主な原因ですので
私のナンバースリー・サドルである Selle San Marco CONCORに換装すると共に
青いボトルケージやコラムスペーサーも、それぞれ銀と黒へと換装してみました

b0146418_21101314.jpg


b0146418_2111183.jpg


たいへんな色彩の変態系自転車から、青のパーツが無くなったこともあって
こんどは黄がアイキャッチになっている感じの、普通っぽい自転車に戻りました

ただ、私には Selle San Marco CONCORはスィートスポットが狭くてシビアなのと
その特性上、ロングライド時の体力低下の際にお尻が動かせなくて切なくなるので
良い意味で "アバウト" な特性を持つ Selle San Marco Rolls Dueの "赤いサドル" へ
また戻すことも考慮して青いパーツを予め除外しておきました、悩ましいところです

さすがに、巷でいうトラディショナル・モデルが好みの私でも躊躇してしまうほど
古風な定番の Selle San Marco Rollsや 鋲打ちの Selle San Marco Regalを選択すれば
全てが解決して一件落着なのかも知れませんが、まだそこまで大人になりきれません
[PR]

by super-v | 2008-07-12 21:38 | クロスバイク

赤い彩り   

2008年 07月 11日

梅雨も明けて、炎天下の元をフラットバーに換装した MONGOOSE号で駆けています
ダブルサスペンション MTBに SPECIALIZEDボディジオメトリのグリップやサドルを
導入していますが、とくにサドルは巷でいうトラディショナル・モデルが好みです

最も好きなサドルの Selle San Marco STRADA Titanium SCHWINNモデルは
赤い cannondale Super V Carbonに装着してあって、これが私のナンバーワンです

これと同時期に購入した Selle San Marco Rolls Dueの赤いサドルがありまして
実際に乗った時間では、このサドルのほうが私に親しんでいますがナンバーツーです

定評と人気の穴空きサドルで今風のデザインでもあるボディジオメトリのサドルを
使ってきたのですが、TANGE CrMoの細身なホリゾンタルフレームを採用している
MONGOOSE号ですから、私のナンバーツーである赤い Rollsサドルへ換装しました

b0146418_22254774.jpg


b0146418_22261723.jpg


これを組付けをしている際にも「やばいな・・」という予感はしていたのですが
さらに組上がってから眺めてみれば、既に組付けてあった青と黄色のパーツ類と
凄まじいまでの相乗効果によって、たいへんな色彩の変態系自転車になりました

これは余りにもイケナイ雰囲気の佇まいですから、再考してみることにします
ただ・・人目を忍んで夜に乗ってみた感触は、なかなか良い乗り味で悩ましいです
[PR]

by super-v | 2008-07-11 22:34 | クロスバイク

湖畔の路   

2008年 07月 09日

もうそろそろ梅雨明けなのかも知れないなあ?と、思いつつ賑やかな街での
業務を済ませてから "空気そのものが熱い"と感じられる炎天下の幹線道路を
家路に向かって駆けながらも、いつものようにちょっと寄り道をしましたよ

b0146418_239155.jpg


涼しげな湖水の景色とは対照的に路面上では熱の照り返しもあって、夏到来を感じ
させられたのですが、クルマで渋滞する幹線道路よりは幾分かましな雰囲気でした

整備された舗装路ではドロップバーのままで良かったかな?とも思いましたが
発進・停止、一時停止も少ないとはいえない街中では、フラットバーに換装して
気楽に駆けることが充分に体感出来たので概ね満足感を得られる結果になりました

現在 120えんでは 1Lのガソリンを購入出来ないのですが、購入が出来た頃の名残で
飲料水代を節約する "気分"のためにも、多めにボトルを積載して駆けています

ダブルサスペンション MTBを日常業務から林道ポタリングまで使用する際には
その特殊なフレーム形状のボトルケージ装着位置で、常に悩まされていましたが
プレーンなフレームデザインの MONGOOSE号は、そのようなこともなく快適です

ハンドルバーにもケージアダプターを装着し、ボトルを 3本搭載して喜んでいます

b0146418_2324432.jpg


最近になって造られた自転車通行可の歩道は。道幅がとても広くてイイ感じですね

フラットバーに換装した結果論になりますが、今風にいえば「いいんダヨ〜♪」と
のんびりしつつ駆けてゆくにも良かったのかもなあ?と、思いながら帰宅しました
[PR]

by super-v | 2008-07-09 23:56 | クロスバイク

フラットバー   

2008年 07月 04日

( ゚∀゚)っ0 とれたての〜た〜ま〜ご〜♪


毎年草木が生い茂る MTBのシーズンオフに愛用している MONGOOSE号を
想うところもありまして、先日ドロップバーからフラットバーへと換装しました

・Before
b0146418_4302228.jpg


・After
b0146418_2040687.jpg


・現在は MTB'erでもあるのでフラットバーのほうが好き
・林道ポタリングの際には、ハンドルバーの抑えが利きやすい
・快適でお気に入りのボディジオメトリ・グリップが使用出来る
・私の使い方だと、ほとんどが 100km程度の距離での移動が多い
・郊外だけではなく街を駆けることも多く、常にブレーキレバーへ指を置いておける
・近年 3年間でもドロップバーの下ハンドルを持ったのは、記憶だと 2回だけしか無い

・SURLY CrMo 700c (29er)であるカラテモンキーを観て「いいなぁ〜♪」と思った


街を駆けていて 1日で 2回も自分勝手なクルマで急制動を強いられてイヤな気分に
なったのが換装した最も大きな理由なのですが、 SURLY・カラテモンキーの雰囲気が
まえまえから気になっていたのも事実でして、そのコトもとっても大きな理由なのです

TANGE CrMo Cyclo Crossとして林道ポタリングなどの悪路状況下での車体強度は
これまで実際に何度も経験しているのでフレーム関係などでの不安はありません
まあ MTBとしては設計されていませんので無茶はしないで、のんびり愉しみますね

b0146418_212835.jpg


さっそく梅雨の晴れ間に乗り回しています、赤い cannondale Super V Carbon
同じく私の体躯に合ったフレームサイズでもありますから、とても良い感じですよ

700x35cあたりのブロックタイヤを履かせて、エアボリュームを増加させてから
大好きな林道ポタリングや 29er独特のルックスを楽しもうと思っています
[PR]

by super-v | 2008-07-04 21:12 | クロスバイク