赤が好き

ff0000.exblog.jp

ブログトップ

タグ:サイクルイベント ( 91 ) タグの人気記事   

照葉樹原生林の林道走行 vol.17   

2009年 11月 26日

うら若き 10代の若者だった頃、モーターサイクルにて訪れたコトがあるのですが
総延長 40kmちかい、照葉樹原生林を駆ける林道ポタリングへお誘いを頂きました


悲しくもレッドリストへ載ってしまった野生動植物が在ったり、完全舗装化などで
論議になりがちな大規模林道の候補に挙がったりするメヂャーな林道でもあります


この照葉樹原生林の林道での特異点は・・標高 1.500mちかい峠まで幾つかの橋を
渡る際の平坦部分を除けば、誇張や冗談抜きでの "未舗装路ヒルクライム" なのです

ペダルを漕ぐ脚を止めれば転倒してしまう、そんな未舗装路を駆け登り続けますよ

b0146418_22584399.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

まぁ、ちょこっとだけ「・・・・うは!おk♪」と絶句するようなあの看板に再会をしまして
橋をすぎて、拳大の石や砂利の未舗装路から・・砂礫や岩石の状況になる道を駆けてゆきます

その狭い森林渓谷には、目丸発電所が "へばりつく" ような佇まいの姿を観せます(魅せます)


ここで聴こえてくるのは「♪ブウゥゥゥゥ・・ン」と、いう感じの低く奏でる重低音でしたよ

b0146418_19344227.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

渓谷沿いの未舗装路を、朽ちかけた鉄ガードレール沿いに最新の鉄フレームで駆けてゆけば
なんだか「ズザァァァァ!」なんて風に大きな響音が聴こえてきたので、プチ緊張しました


この林道ポタリングの前日は激しい降雨でしたので、雨上がりの大瀑布になっていたのです



私が "うだうだ〜!" と瀑布について記述をするよりも動画を御覧ください
(動画は YouTube Movieです・・YouTubeのロゴをクリックすると大きいのを観れますよ)

b0146418_2362889.jpg
・画像クリックで 480x640 VGA sizeになります

"ノリノリ♪な縦乗り?" で調子にのって全景画像なんかも撮っちゃいましたよ

b0146418_22592992.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

補給食の "天草サブレ" を頂きながら、ひとしきり瀑布を眺めたのちに未舗装路の登坂路を
駆けてゆきます、まぁ・・毎回このような調子ですので、ちっとも時間短縮はできませんよ


まえに載せましたが、さきの目丸発電所をすぎれば未舗装路の状態がワンランクあがります

VooDoo号に装着させて頂いている特異なサスペンションフォークは、前輪に荷重が載り
にくい登坂の際になれば "完全リジッドフォーク" の状態なので、ハンドルバーを左右に
取られるのを抑えつつ駆けてゆくコトになりますので、けっこう体力を消耗するのですよ


急勾配でペダリングにプラスして、さらに前輪の保持に努める路面状況になってゆきます

b0146418_230512.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

冗談は抜きにして・・進めども進めども、ひたすら登坂が淡々と続く未舗装路が続きますよ
この林道を掛けるのは暖かい季節や暑い季節ではなくて、肌寒いような季節がイイ感じです


標高が上がるにつれて、秋色で赤く紅い景色に移ろってゆきますので私は元気になります

b0146418_2311230.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

まっすぐな未舗装路の登坂路が視界に入っちゃうので、気分的にも凹むところをすぎれば
画像の建物が在ります、もちろんここはヒトが住んで居ない照葉樹原生林の林道ですから
普段はまったくの無人状態なのだと思われます、いったいコレはなんの建物なのでしょう

私が駆けてきた林道の側には入り口らしきモノが見受けられませんので、草ぼぅぼぅ!状な
右側のほうから回り込んでみま sh・・・・って、建物の中から "誰かが私を視て" いるッ!!


いま思い・・・・いえ、憶い?だしても毛が逆立つような体験でしたよ?


ただ可笑しかったのは "それ" と眼が合った瞬間、反射的に右足を引いて半身になりまして
左手を胸のまえへ伸ばしつつ、右手は右頬のすぐまえあたりに持っていったコトなのでした

ええ、お気楽な林道ポタリングなのに森林渓谷のなかで構えのポーズを取っていたのですよ

こんな格好を誰かに観られたら・・って、眼のまえの "なにか" には "視られた" ワケですが
まさに「もう・・おムコさんには行けない!」って、感じの状態でしたよ笑えなかったです
(こんなとき咄嗟に対応できるためにキツい鍛錬があったのだと師や先輩へ感謝をしました)


よく考えてみれば、聖剣とか村雨とかライトセイバーを持っていないので無駄な反応でした
"それ" が "なに" だったのか?は、皆さん御自身で確かめてください・・勧めませんですよ?

b0146418_2313767.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

とっとと?そこを離れまして、また未舗装路を淡々と登坂しながら VooDoo号と駆けます


紅葉と書いて "もみぢ" と読む、モミヂが赤く紅く真っ赤に染まっていました・・いい色だ
この風景は "赤いオブヂェ" のほうが合いそうな色調ですが、あれでココには来ないで s (ry
(うわーなにをするきさまらー)

b0146418_232153.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

この VooDoo号は CrMo鋼管フレームなので「いつか赤錆で錆び錆び・・は、既に致命的な
感じ?だし、もしも塗装をしなおす機会があったなら艶やかな赤に塗ろうかなあ♪」なんて
コトを妄想しつつ駆けていましたら、いつしか "金ぢき色" の世界が眼下に広がっていました

b0146418_2364219.jpg
・画像クリックで 480x640 VGA sizeになります

またも "ノリノリ♪縦乗りッ!" で調子にのって全景画像なんかを撮っちゃいましたよ

b0146418_1935106.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

そして、この照葉樹原生林の林道ポタリングで駆けているルートから "すこし寄り道をした"
ところで出会い、目にした「すごく・・赤いです(はぁはぁ」の紅葉満開空間の世界ですよ


もちろん遥か先を駆けてらした MTB'erな先輩方は、この世界を観ておられませんでしたし
"アタックチャぁーンス!" と叫びつつ駆けられる "脳筋隊" な方々も御存知ないかもで s(ry

Web Link:Bicycle in my life
(" 脳筋隊 " ミヤモッちィさん Blog)

Web Link : DOUBLE TROUBLE
(" 脳筋隊 " Daijyaman kkさん Blog)

WebLink : wheelogy
(" 脳筋隊 "ナイトライダーさん Blog)

b0146418_233256.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

なんだかイイ気分になりまして・・まぁ未舗装路の登坂路はキツいままなのですけれども
ちょうど森林渓谷発電所への本流取水口施設が在って、そして照葉樹原生林の最終集落と
同じ銘を持つ橋に再会です、この橋を渡ったさきの平場が最終集落の跡地だったそうです


ココまでさえも私にとっては十分にキツい感じの行程なので、この橋を渡りながら思わず
旧世紀の「♪〜We are the champions」なんて曲を、口ずさみつつ駆け渡りましたですよ
(ちなみに "♪〜Don't stop me now" って曲をイチバン好きかもです)

b0146418_2342994.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

さて、廃森林鉄道の軌道跡地探索の際にも載せました恒例のタイムチェックです?


注目して頂くのは、愛娘に貰って貼付けた LEDヘッドライトのキュアピーチたんではなくて
超入門レべルのサイクルコンピュータに表示された 9.900mの表示と、HEADSHOKに似てる
G-shockに表示された 10.213秒のストップウォッチの表示で、やはり寄り道をしすぎですよ?

b0146418_2333544.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

まえと同じ、この照葉樹原生林の林道沿いに在った平場の最終集落の跡地で記念撮影です


お昼ごはんの、おにぎりを頂いて・・お昼休みのあとには、前回タイムアップで諦めました
広河原まで登坂をしてみるコトにしましたよ、ここから先はさらに路面がハードになります
(ギャグをギャグとして理解してくださいね)

Next > 照葉樹原生林の林道走行 vol.18
[PR]

by super-v | 2009-11-26 23:56 | エピソード

MTB festival in highland vol.2   

2009年 11月 24日

毎年、緑の高原で開催されている MTBイベントへ家族サービスを兼ねて
観戦をしています、春と秋 2回の MTBイベントでいつも楽しみにしています


春と秋 2回の MTBイベント・・・・どこかで見聞きしたような気がしますよ


2009は "運動能力だけはイイ" 愛娘がマラソン系イベントの選手に選ばれまして
ちょうど、この MTBイベントの日とカチ合いましたので今秋は諦めておりました
しかし愛娘は風邪を拗らせまして出場を断念、急遽スケヂュールが空いちゃったので
"しかたなく" 2009 MTB festival in highlandの会場へと、早起きをして向かいましたよ

なんというグッド・・いえ、バッドタイミングによって "しかたなく" だったのです?
(うわーなにをするきさまらー)


b0146418_10264496.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります


"萌え" ヂャージも眩しい MTBの部活動が在る県立高等学校の乙女さんより黄色い声援を
受けつつ駆けられる雁回山さんが、この緑の高原 MTBイベントでの在りし日の御姿です
(乙女の声援いいなあ・・・・)

Web Link : MTB黒田塾
(雁回山さん Blog)

でも今回は深刻な体調不良のために出走を見送られました、しっかりと治されてください

b0146418_19433464.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります


山岳国立公園のほうでは "雲海" も観られたらしい、早朝の霧立ちこめる路を屋外駐輪の
ために霧雨で濡れていた、赤錆がプチ心配な赤い VooDoo号を載せた緑色のクルマにて
緑の高原の駐車場に到着をすれば "金ぢき色" に輝くムルティプラ号が目に留まりました
(クリエイティブ系なデザインが否応無しに視界へ飛び込んでくる・・とも言いますよ?)


"アタックチャぁーンス!" と、叫びつつ Newマスィンな CUBE号のレースデビューに
向けてポヂションの調整を施しておられました、朝から超濃ゆいモノを観てしまっt(ry

Web Link : wheelogy
("脳筋隊" ナイトライダーさん Blog)

b0146418_10273043.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります


青く蒼く澄み渡った空のもとで "MTB XC 2h & 4h耐久レース" のスタートに備える MTB'erな
皆さんです、XC & DHにて Jシリーズを闘うトップライダーを迎えての MTBイベントですよ

Web Link : ob-Q
(ob-Q公式ウェブサイト)

b0146418_10274585.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります


そしてスタートです


画像中央の赤いマスィン、先日の照葉樹原生林の林道ポタリングでも御一緒させて頂いた
KLEIN Mパパさんが本気モードで XCを駆けられる御姿です、レーシング KLEIN号はこちら
(もちろん "脳筋隊" ナイトライダーさんの FIATムルティプラ号も載っています)

後ろに見えるロングすべり台などは、ココに来るキッズのハートを "ワシ掴み" しています

b0146418_10275970.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります


VooDoo教団の宣教師、VooDoo Shamanな mt-biker☆さんはデジタル一眼レフを持って
いつものようにコース上で写真撮影をしながら MTB 2h耐久レースを楽しんでられました

Web Link : Digitalの泉
(mt-biker☆さん Blog)

・・・・って、その MTBは VooDooブランドではナイですよ先輩?

b0146418_10281431.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります


DHのゲストライダーのワールドカップを闘っておられる末政実緒 Proです

"赤いオブヂェ" が signature editionとして銘を冠する Missy Giove Proも 1994に優勝した
UCI世界選手権の 2004女子ダウンヒル部門では、銀メダルを獲得された凄い選手なのです


末政美緒 proの向こうに、同じく DHのゲストライダーである安達靖 Proの装備と愛機が
見えますよ、あの DHバイクは cannnondale Super V初期型や Super V carbonにとても
よく似ているリア・サスペンションユニットの懸架様式とスイングアームを持っています
(リンクを介さない直押し方式で 2009も勝利を収めている DHバイクですよ・・はぁはぁ)

幾多の勝利を得た DHバイクへ寄り添うに停めてあるベビーカーもイイ感じの佇まいですよ

b0146418_10283581.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります


さて、さきほどスタートをしている XCです

CUBE Bikeを駆る 4h耐久レースのミッチーさんと、そのうしろを駆ける KLEIN Mパパさん
そして MTBの部活動が在る県立高等学校の生徒さんが駆けていて、カッコいいシーンです!

Web Link : ミッチードットコム

b0146418_10291142.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります


きょうは GT Zasker Carbonを駆られたファブリカさんです、私は XCバイクで Zaskerという
銘を見聞きすると「最強マスィン・・」と思っちゃいます、Juli Furtado姉さんの影響ですよ?

Web Link : Bike Store Fabbrica

今回のイベントでの MTBの展示と試乗会は GTバイシクルをメインになさっておられました

b0146418_10292539.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります


照葉樹原生林の林道ポタリングへも元気に参加をされた MTBの部活動が在る県立高等学校
乙女さんも頑張って駆けています、上記の "萌え" ヂャージ乙女さんの後輩にあたるのかな?

b0146418_10293950.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります


"超本気モード" のままで、眼光も鋭く駆け続けてらっしゃる KLEIN Mパパさんの勇姿です
(いつもの優しい身振り手振りや微笑み返しもないままでの超真剣集中状態でした!)


可愛いお子さんほどにも年齢が離れている、MTBの部活動が在る県立高等学校の生徒さんと
栄光のボディウムを競って疾走されますよ、この日のためにもトレーニングを積まれました

b0146418_1030871.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります


KLEIN Mパパさんが INTENSE Mパパさんだった頃に DHを駆けられていた画像が在りました
DHはボディウムの中央に立たれましたが、いまは "黄色いオブヂェ" になってるそうで s(ry
(なぜ FOESではなくて INTENSEだったんだろう?・・非常にイカンですブツブツ)
(ソコは FOESではなくて cannondaleだろう?・・ってツッコミはスルーしますよ)

b0146418_10302510.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります


ミッチーさんと同じ CUBEの Newマスィンで駆け抜 k・・・・諦めずに前進をなさる
ナイトライダーさんです、いま天を仰げば "@兆星" を視れそうな表情をなさってますよ


勇猛果敢に 4h耐久レースへエントリーされました、おそらく "がはぁっ!(吐血)" の台詞で
ナイトライダーさんの Blogが埋められるような気がしてなりません、ワクワクしています
(うわなにをする)

b0146418_10303914.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります


星降る高原の MTBキャンプイベント名物の "夜宴" では "がはぁっ!(吐血)" ぎみに呆れて
おられた、こばまんさんは余裕綽々な感じの笑顔とサムアップを返してくださいましたよ


あの John Tomac Proも駆っていた Raleighの MTBってのが、とってもカッコいいのです

b0146418_1031526.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります


いつも "ニンヂャー!" みたく黒装束系の Mr.cannondale先輩も駆けておられましたです
未だに全台数を把握できていない cannondaleの総台数ですが、そちらも黒系ばかりです

私「あのう・・・・Jekyll号はどうなりました?
Mr.先輩「・・・・・・・・・・・あのまんま (鬱」
私「・・・・・・・・・・・・・・・あぅー(泣」

b0146418_10312613.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります


お昼になりましたので、お昼ごはんを頂くコトにしましたよ


ファブリカさん出店ブースで店開きをなさっていた、インド食堂さんのカレーを頂きました
我が家のカレーは、チビたちを授かってからというもの激甘口のカレーばっかりでしたので
久々に外で頂いた(屋根が無いって意味ではないです)このカレーは、凄く辛く感じました

"チャイ" なんて飲み物も、この世に生を受けてはぢめて頂きました・・とても甘かったです

Web Link : インド食堂
b0146418_10321758.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります


MMサンタさんと、今回のイベントでの MTBの展示と試乗ブースを観てまわりましたよ


2人で TREK MTBのトップモデルへ、目から矢印を出しつつ凝視をしながら眺めていたら
トレックストアさんが詳しく丁寧に説明をしてくださいましたよ、Gary Fisherの 29'erで
ダブルサスペンション MTBてなモノも飾ってありまして、私は釘付けになっちゃいました

Web Link : トレックストア福岡

b0146418_10323586.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります


つぎはクリートさんの展示と試乗ブースを観てみます・・このハードテール MTBは確か?
「なになに "ROCKY MOUNTAIN VERTEX 50 RSL" って、アッー!・・ちがう、あっ!

Web Link : CLEAT
(クリートさん Web Site)

Web Link : ICOの秘密
(VERTEX号乗りで cannondaleと Lefty愛にも満ち溢れている Icofitさん Web Site)

さらに "禁断の dw☆Link" 機構を搭載しちゃった PIVOT CYCLESの MTBも在りましたよ?


あとから観戦に来られたヒロ 1さんと、見事にボディウム登壇の権利を獲得なされまして
とっても御機嫌な KLEIN Mパパさんと、さきの MMサンタさんと私で試乗をしてみました

αさん「・・・・なにこれ?」
βさん「・・・・これ幾ら?」
Φさん「・・・・乗らなきゃよかった」
ωさん「・・・・赤色は在るのかな?」

皆が皆、無表情になって無口なまま輝く瞳?で MTBに跨がって試乗から戻ってきましたよ
ほかではコツコツとしたような感じで振動が伝わる路面でも路面を舐めてゆくのですもの?


ちなみに、この御三方が今回の照葉樹原生林の林道ポタリングにも誘ってくださったのです

b0146418_10285345.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります


てな感じで「dw☆Link・・」なんて言ってる間にも、まだ MTB 4h耐久レースのほうでは
この MTB festivaで 4連覇を狙うミヤモッちィさんたちは気力を尽くして駆けておられます

Web Link : Bicycle in my life
(ミヤモッちィさん Blog)

なのですけれど、派手で賑やかで超目立つ "ダウンヒル" 競技がスタートしちゃいますので
観客の関心は "クロスカントリー" 競技を忘れて DHに向かいます、毎年恒例の出来事で s (ry


そしてなんと・・前回 2008 MTB festivaでは 2位だった外国人さんが見事にボディウムの
中央に立たれる表彰式になって、超絶 4連覇を狙ったミヤモッちィさんが 2位だったのです
(このリンクさきに在るボディウムの画像で 1位と 2位選手が入れ替わる表彰式になりました)

今回 3位は MTBの振興でも精力的に活動をなさっているミッチーさんが獲得をなさいました


帰宅後「大柄な人にピッタリです!」とブースで頂いた 29'er MTBのカタログを眺めました
(うわなにをするきさまらー・・いつも明るく前向きで立ち直りが早いほうがイイぢゃん?)

主催者さん、出走をなさった MTB'erの皆さん、Shopの皆さん、観客の皆さん、緑の高原の
おじちゃんおばちゃん、おつかれさまでした、楽しく愉しい時間をありがとうございました
(ギャグをギャグとして理解してくださいね)

Next > MTB Carnival in highland vol.1
[PR]

by super-v | 2009-11-24 17:07 | エピソード

照葉樹原生林の林道走行 vol.16   

2009年 11月 22日

うら若き 10代の若者だった頃、モーターサイクルにて訪れたコトがあるのですが
総延長 40kmちかい、照葉樹原生林を駆ける林道ポタリングへお誘いを頂きました


悲しくもレッドリストへ載ってしまった野生動植物が在ったり、完全舗装化などで
論議になりがちな大規模林道の候補に挙がったりするメヂャーな林道でもあります


この照葉樹原生林の林道での特異点は・・標高 1.500mちかい峠まで幾つかの橋を
渡る際の平坦部分を除けば、誇張や冗談抜きでの "未舗装路ヒルクライム" なのです

ペダルを漕ぐ脚を止めれば転倒してしまう、そんな未舗装路を駆け登り続けますよ

b0146418_0155321.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

未舗装路好きな MTB'erの山自転車だけではなく、山自動車や山二輪車の轍の跡さえもない
緑に埋もれた軌道敷跡を駆けてゆくルートから "撤退でなく転進であるッ!" を選びまして
もとの橋上に戻ってプチ休憩をしつつ、予め調べておいた廃森林鉄道トンネルに向かいます


この照葉樹原生林の林道でも "超メヂャー" な、画像の建物は土台が危険すぎる雰囲気で s (ry

b0146418_0163929.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

奥深き山間の渓谷に「ズゴゴゴ・・・・」という音を響かせながら、さきほどまで私が居た
橋上をコンクリートミキサー車が通過してゆきましたよ、いままでは週始め日曜日にばかり
訪れましたので気付きませんでしたが、今回みたく週末土曜日には作業車の往来があります


照葉樹原生林の林道沿いに立て看板もありますが、レッドリストへ載っている野生動植物が
在りますので、森林警備隊までは大袈裟でなくとも巡回されているクルマにも出会いますよ

そして未舗装路が好きな山自動車や山二輪車の方々も居ますので、そのような方々と挨拶を
しつつ駆けてゆくのも林道ポタリングでの楽しみにしていますよ、たまに話し込んだりです
(そして・・どんどん時間がすぎてゆくのです)

b0146418_0172014.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

こちらには、しっかりと形を留めた軌道敷跡とトラックも通れそうな廃森林鉄道トンネル
現在でも "在る" らしいのですが、路面が思いっきり渓谷の谷底にまでも崩落をしていました

"彼は MTBが好きなんだな・・担ぐのが" と思えちゃう、黄色い cannondale Super Vと共に
幾多の廃道を突破してきた "山自転車漢" の領域です、現在は銀の cannondale Fでしたっけ?
(やむなく cannnondale Super Vを崖から落としつつ共に突き進む激動画は超衝撃的でした)


一般 MTB'erの私には「無理無理よッ!」な雰囲気がムンムンしているので、またも転進です


・・・・・・・・って、あれれ??
・・・・・・・・なにか写ってる?
("あなたの知らない世界" 系ではないですよ)

b0146418_0173840.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

これって・・・・廃森林鉄道のレールだだだだ!


CrMo鋼材フレームの VooDoo号や MONGOOSE号のごとく避けられない "赤錆にまみれて"
いますけれど、しっかりとレールの形をしているレール(ナンヤソレ?)がココに在りました

おもわず "日曜ドキュメンタリーすばらしい世界旅行" の曲が脳内に響きわたりましたよ?

Webで調べた際には、まだ綺麗に苔蒸して赤錆びている状態の軌道敷跡の画像を観たのですが
そのあとおきた崩落に巻き込まれたのか "うにー!" っと、曲がった感じになっていましたです


ふと時計に目を移して・・焦った顔に斜線を浮かび上がらせつつ林道ポタリングを続けました

b0146418_0175350.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

しばらく未舗装路を駆けてゆけば、この未舗装路の路面に現在ものこっている枕木の跡ですよ
まえに訪れた際にも "うっとり♪" 眺めつつ "ツンツン!" したりしたのですが・・イイ感じです


この枕木の跡は、照葉樹原生林の林道ポタリング楽しく駆けるルートに在るのですけれども
レーシングスピードで駆けておられる "脳筋隊" の方々や、MTB'erな先輩方もが御存知では
ないというのを知って・・かるい目眩を覚えました、景色も観ず路面を見ておられるのにッ!
(うわーなにをするきさまらー)

Web Link : DOUBLE TROUBLE
(先週末にもココを駆けられた " 脳筋隊 " Daijyaman kkさん Blog)

Daijyaman kkさん・・すきとおった透明感に満ち溢れた "氷柱" の画像はイイ感じでしたよ
もういちどくらい遊びにゆこうと思いましたけれど、もう春までココは駆けたくないで s(ry

b0146418_018650.jpg


(ギャグをギャグとして理解してくださいね)

さて、ちょっとだけノスタルヂックな気分に浸りつつ未舗装路をキコキコ〜♪と駆けてゆけば
まぁ、ちょこっとだけ「・・・・うは!おk♪」と絶句するようなあの看板に再会をしますよ?


橋をすぎて、拳大の石や砂利の未舗装路から・・砂礫や岩石の状況になる道を駆けてゆきます
(ギャグをギャグとして理解してくださいね)

Next > 照葉樹原生林の林道走行 vol.17
[PR]

by super-v | 2009-11-22 23:56 | エピソード

照葉樹原生林の林道走行 vol.15   

2009年 11月 18日

うら若き 10代の若者だった頃、モーターサイクルにて訪れたコトがあるのですが
総延長 40kmちかい、照葉樹原生林を駆ける林道ポタリングへお誘いを頂きました


悲しくもレッドリストへ載ってしまった野生動植物が在ったり、完全舗装化などで
論議になりがちな大規模林道の候補に挙がったりするメヂャーな林道でもあります


この照葉樹原生林の林道での特異点は・・標高 1.500mちかい峠まで幾つかの橋を
渡る際の平坦部分を除けば、誇張や冗談抜きでの "未舗装路ヒルクライム" なのです

ペダルを漕ぐ脚を止めれば転倒してしまう、そんな未舗装路を駆け登り続けますよ

b0146418_23224420.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

なだらかな登坂が続く未舗装路も、いくつかのトンネルをすぎれば本格的に "登り" の
林道ポタリングが始まり、問題になるのは脚を休めること無く登り続けるルートですよ

さらに路面状況もフラットダートっぽい余裕の雰囲気が、画像みたく岩が埋もれ隠れた
佇まいになりまして、おもわず「道が荒れているので困ったなあ・・うふふ♪」なんて
MTB'erには「もうッ!たまらん!!・・・・はぁはぁ」って、感じになってくるのです


でも、この VooDoo号での登坂は特異なサスペンションフォークのインナーチューブ部を
確認してみると「サグの初期沈み込み分だけしか沈んでいない(泣」なんて感じで、ほぼ
リジッドフォーク状態の操作を強いられまして、ハンドルバーを左右に取られまくりです
(なんだか近頃はコノ操作感を抑え捩じ伏せるのも愉しくなってきましたよ・・うふふ♪)

b0146418_23231913.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

未舗装路の端の自然に出来た側溝みたいなところに、山肌や岩を伝いおちる水が溜まって
いました、すご〜く透明感が溢れている佇まいに停車をして・・しばし見蕩れていました
(停車をするコトが多すぎだなあ・・でもコレを止めるとレースコースの走行みたくなるし)


今回はウォーターボトルの 750mlを 2本載せました、前回は ELITE製チームボトル 550ml
2本と、ボトル in ヒップバッグのポケットに BONTRAGER製ボトル 590mlを 1本の合計 3本
携行していたのです、無題に大きな体躯のおかげ?にてシートチューブにもロングサイズの
ウォーターボトルを挿せますので ELITE製ボトル Maxi Cincio 1.000mlをゲットしたいですよ


MTB'erな先輩方や "脳筋隊" の皆さんは「そこらじゅうに天然水エイドが有るぞッ!」なんて
言いながら、私から観れば野蛮なバーバリアンとか山賊みたく?嬉しそうに飲んだり汲んだり
なさっている姿を目にしているのですが、きっと顕微鏡で見たら雑菌ウヨウヨで不衛生です!
(ああっ!・・・・もうイヤッ!不潔ッ!きちゃないのよおおぉぉぉ!!)


だってスイカやメロンにダイコンやキャベツも "立ち木に実る" と思っていて、お義父さんを
絶句させたという輝かしい経歴も持つシチィボーイでしたもの・・天然水は不潔ッ!イヤッ!

御挨拶の際に御土産で野菜を頂きまして「コレ重いので木から落ちてくると危ないですね」と
口走って、その場を凍りつかせたのも現在となっては甘酸っぱくて懐かしく楽しい想い出です
(まだ彼女って存在だった妻は気絶しそうになっていましたけれど・・未だに責められますよ)

b0146418_23233539.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

さて・・目丸発電所近くの角上橋に到着をしました、この苔蒸している佇まいがイイ感じです

まえまえから Webなどで見聞きをして興味があったのですが、ここは廃れた森林鉄道の跡が
今も在りまして、寂れた隧道や枕木・レールなどが "時を止めたまま" で現在に至っていました


今回それらのプチ探索をしてみるつもりで、みっちりと下調べをしてきましたので補給食の
"兵六餅" と "うまい棒" をワクワクしながら頂きつつ、またまたプチ休憩をしちゃいましたよ

b0146418_23235559.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

注目して頂くのは、愛娘に貰って貼付けた LEDヘッドライトのキュアピーチたんではなくて
超入門レべルのサイクルコンピュータに表示された 5.410mの表示と、HEADSHOKに似てる
G-shokに表示された 4.058秒のストップウォッチの表示で、ココまでの時間を掛けすぎです?
(今回もいつものように 150枚ちかい記念写真を撮りつつの林道ポタリングなのでした)


Shopで "チタニウム仕様" という表記に心揺さぶられてゲットをした青く蒼き G-shokですが
潮の満ち引きや、月の満ち欠け表示機能を持つ "海の若大将" 仕様の防錆タイタニウムでした

冷静になってみれば・・私は MTB'erなので高度計や気温計が付いたのを求めるべきでし t (ry

b0146418_23242383.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

さて、駆けてきた走行距離と掛けまくった時間に気が付いてしまったので・・さすがに焦り
つつ、ほとんど踏み跡さえ見受けられない旧世紀に賑わった森林鉄道の軌道跡に向かいます


いつもの登坂ルートでもなく、画像みたく緑に埋もれた軌道敷跡を駆けるのは・・なんだか
少年の頃みたくドキドキワクワク♪しちゃいました、ついこのまえまで少年だったからです
(うわーなにをするきさまらー)

b0146418_23243972.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

すこし駆ければ「ちょっと傾斜がキツくなってきたかな・・?」なんて、登坂路になりまして
ヘアピンカーブの超激登坂路を曲がってみれば、そこからは "さらに超絶な激登坂路" でした
写真で路面が登坂路になっているのが判る画像は、けっこうな斜度の登坂路だったりなのです


これは "脳筋隊" の斜度レベルだと判断をしまして、時間の余裕もナイですから転進しました
え、MTBを押してゆくのもキツそうな超絶系斜度にガクブルしたワケぢゃないんだからッ!!
(うわなにをするきさまらー・・・・・・・・ギャグをギャグとして理解してくださいね)

Next > 照葉樹原生林の林道走行 vol.16
[PR]

by super-v | 2009-11-18 00:00 | エピソード

照葉樹原生林の林道走行 vol.14   

2009年 11月 16日

うら若き 10代の若者だった頃、モーターサイクルにて訪れたコトがあるのですが
総延長 40kmちかい、照葉樹原生林を駆ける林道ポタリングへお誘いを頂きました


悲しくもレッドリストへ載ってしまった野生動植物が在ったり、完全舗装化などで
論議になりがちな大規模林道の候補に挙がったりするメヂャーな林道でもあります


この照葉樹原生林の林道での特異点は・・標高 1.500mちかい峠まで幾つかの橋を
渡る際の平坦部分を除けば、誇張や冗談抜きでの "未舗装路ヒルクライム" なのです

ペダルを漕ぐ脚を止めれば転倒してしまう、そんな未舗装路を駆け登り続けますよ

b0146418_1934640.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります
先週末の「景色なんか視界に入らないぜ!"We are "脳筋隊" " ツアー!」は、スルーしまして
今週末の「紅葉を愛でながら駆ける "ナチュラリスタの MTB'er" が集う林道ポタリング♪」へ
参加しましたよ、♪決戦は金曜日・・ちが、前日金曜は豪雨でしたので路面状況が心配でした

b0146418_22182947.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

愛機の色だけは "通常の 3倍速い" らしい私よりも、数倍高い技術と体力をお持ちな MTB'erの
先輩方は最高到達点の峠を目指されて、私は懲りずに森林鉄道の跡と紅葉の写真を撮りつつも
前回の際に時間切れになった広河原を目指すコトにしましたので、先輩方の勇姿を見送ります


・・・・またも林道ポタリング・ソロツアーみたいな雰囲気で "MTB'erひとり" なのですよ?

b0146418_2219116.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

収穫もおえた山里でも紅葉が始まっていました、しばらく人里を離れ山深い廃村に向かいます


身体への負担を減らすために、荷物などをサドルバッグとフレームバッグに分散をさせまして
トレイルザックやヒップバッグを排したコトによる積載重量増とマッチョ・ホイールセットで
タダでさえ重い CrMo鋼管フレーム MTBの、さらなる総重量増になった逞しき VooDoo号です

b0146418_22192656.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

前日の豪雨でマディな路面状況の未舗装路を、水たまりを回避しながら駆けてゆきますよ
とくにリムサイドを濡らすのは回避したいです、なんてたって Vブレーキ仕様ですからッ!


橋を渡れば 1つめのトンネルが在りまして、大型車両でも通行が可能な大きいトンネルです
(リンクさきに在るみたく・・ちょっと距離もあるのでソロだと "いい雰囲気" ですガクブル)

b0146418_2025916.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

対岸の 1919から稼動をしている水力発電所をすぎて、登坂が始まれば 2つめのトンネルが
あります、もちろんダンプカーやコンクリートミキサー車の通行も可能な大きいサイズです


ちなみに、私は林道ポタリングの際にはフロントの LEDライトとリアの LEDテールライト
ぴかぴか♪と、点滅をさせたままで駆けています・・・・まぁ、気分的にもイイ感じなのです

b0146418_2220150.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

CrMo鋼管フレームの内部にまで浸透しそうな、うっすらとした靄が掛かる林道を登坂します
写真で路面が登坂路になっているのが判る画像は、けっこうな斜度の登坂路だったりなのです


リアルや Webで沢山の先輩方が教えてくださった、登坂走法を思いだしながら駆けますよ

棟梁さんが「無理せずクルクルまわせ!」とか雁回山さんが「つま先で踏みすぎずに!」
そのような感じで御指導して頂いたコトを、時折つぶやいてみたりしながら漕ぎ駆けました

Web Link : MTB黒田塾
(雁回山さん Blog)

想像力を働かせすぎて、お二方のお顔が私の顔の周りを "ぐるぐる" と回りつつ励まし続けて
くださいますので、それを懸命に手で振り払いつつ駆けました・・って、うわなにをするー!

b0146418_22202033.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

大型車両が通行可能な大きなトンネルの 3つめですよ、標高 1.500mちかい峠まで駆け登る
この登坂ルートでは最後のトンネルです、ココをすぎれば目丸発電所近くの角上橋に到着を
するまでは淡々と未舗装路を登坂し続ける感じで、なんとなくキャプテンさん Icofitさん
思いだしちゃう、私が暮らす南の島の南方産の銘菓な "兵六餅" を頂きながら林道を駆けました
(ギャグをギャグとして理解してくださいね)

Web Link : Challenge Club Captain
(キャプテンさん Blog)

Web Link : ICOの秘密
(Icofitさん Blog)

Next > 照葉樹原生林の林道走行 vol.15
[PR]

by super-v | 2009-11-16 22:22 | エピソード

照葉樹原生林の林道走行 vol.13   

2009年 11月 14日

うら若き 10代の若者だった頃、モーターサイクルにて訪れたコトがあるのですが
総延長 40kmちかい、照葉樹原生林を駆ける林道ポタリングへお誘いを頂きました


悲しくもレッドリストへ載ってしまった野生動植物が在ったり、完全舗装化などで
論議になりがちな大規模林道の候補に挙がったりするメヂャーな林道でもあります


この照葉樹原生林の林道での特異点は・・標高 1.500mちかい峠まで幾つかの橋を
渡る際の平坦部分を除けば、誇張や冗談抜きでの "未舗装路ヒルクライム" なのです

ペダルを漕ぐ脚を止めれば転倒してしまう、そんな未舗装路を駆け登り続けますよ

b0146418_1934640.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

先週末の「景色なんか視界に入らないぜ!"We are "脳筋隊" " ツアー!」は、スルーしまして
今週末の「紅葉を愛でながら駆ける "ナチュラリスタの MTB'er" が集う林道ポタリング♪」へ
参加しましたよ、♪決戦は金曜日・・ちが、前日金曜は豪雨でしたので路面状況が心配でした

Web Link:Bicycle in my life
(" 脳筋隊 " ミヤモッちィさん Blog)

Web Link : DOUBLE TROUBLE
(" 脳筋隊 " Daijyaman kkさん Blog)

WebLink : wheelogy
(" 脳筋隊 "ナイトライダーさん Blog)

愛機の色だけは "通常の 3倍速い" らしい私よりも、数倍高い技術と体力をお持ちな MTB'erの
先輩方は最高到達点の峠を目指されて、私は懲りずに森林鉄道の跡と紅葉の写真を撮りつつ
前回の際に時間切れになった広河原を目指すコトにしました・・また "MTB'erひとり" ですよ

b0146418_19344227.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

秘境の林道ポタリングで出会った・・・・雨上がりの大瀑布ッ!


b0146418_1935106.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

すごく・・赤いです
(たまらん・・はぁはぁ)


b0146418_19353083.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

最終集落の跡地で頂く、おにぎりは最高だよッ!


b0146418_19355353.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

サスペンションフォーク用のマッドガードも大活躍ッ!


b0146418_19361041.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

This is MountainBike!
( "This is sparta!" 風に読んでくださ i・・うわーなにをするきさまらー)

b0146418_19364291.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

そして、各々の目的を達成したのち・・・・VooDoo号の撮影中に感動の邂逅ッ!
乙女のように夢を膨らませつつ "照葉樹原生林の林道走行 vol.14" を待つがよい!!
(きょうは・・もう休ませていただきま s)

Next > 照葉樹原生林の林道走行 vol.14
[PR]

by super-v | 2009-11-14 20:12 | エピソード

照葉樹原生林の林道走行 vol.12   

2009年 10月 24日

うら若き 10代の若者だった頃、モーターサイクルにて訪れたコトがあるのですが
総延長 40kmちかい、照葉樹原生林を駆ける林道ポタリングへお誘いを頂きました


悲しくもレッドリストへ載ってしまった野生動植物が在ったり、完全舗装化などで
論議になりがちな大規模林道の候補に挙がったりするメヂャーな林道でもあります


この照葉樹原生林の林道での特異点は・・標高 1.500mちかい峠まで幾つかの橋を
渡る際の平坦部分を除けば、誇張や冗談抜きでの "未舗装路ヒルクライム" なのです

ペダルを漕ぐ脚を止めれば転倒してしまう、そんな未舗装路を駆け登り続けますよ

b0146418_22492281.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

Mr.cannondale先輩の愛機である逝ってしまった cannondale MTBへ処置を施し、参加された
皆さんが戻られるまで・・私の VooDoo号を試乗して頂きまして、気分転換を計りましたよ?

Mr.先輩「うわぁ・・漕ぎだしがナニか "ヌメヌメ" するような感触?」
私「"ヌメヌメ" って・・・・もっとマシな表現をしてくださいよ?」
Mr.先輩「踏力が逃げるような感じだけど、ちゃんと進んでいるんだ」
私「でそでそ?・・・・なんだかイイ感じ??って思いませんか?」
Mr.先輩「う〜ん・・常に "ぬちゃぬちゃ" してるけどイイ感じかも?」
私「"ぬちゃぬちゃ"・・先輩の cannondale XC号と比べないでデス!」

そのように遊んでいたら、MTBの部活動が在る県立高等学校の生徒さんたちが到着しました


Mr.cannondale先輩が、乙女高校生さんの愛機な Gary Fisher製ダブルサスペンション MTBを
まるで・・もう眼から矢印が出ているかのように、真剣な瞳で熱心に "視て" おられましたよ?

Mr.先輩「Gary Fisherなどもイイ感じだね」
私「cannondalistaとは思えぬ御言葉です」
Mr.先輩「赤くんの銀色は何だったっけ?」
私「えと・・・・FOES号です
Mr.先輩「赤くんが今日乗っていたのは?」
私「すごく・・VooDoo号です

b0146418_22494287.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

そんな風にイヂメられていたら、参加された MTB'erな皆さんが元気に戻ってこられましたよ
照葉樹原生林の林道を駆けてこられた皆さん全員が、とってもイイ笑顔をされていましたです


引率なさった雁回山さん、脳細胞までもが筋肉細胞に思えちゃう "脳筋隊" の皆さんも笑顔です

Web Link : MTB黒田塾
(雁回山さん Blog)

Web Link:Bicycle in my life
(" 脳筋隊 " ミヤモッちィさん Blog)

Web Link : DOUBLE TROUBLE
(" 脳筋隊 " Daijyaman kkさん Blog)

WebLink : wheelogy
(" 脳筋隊 "ナイトライダーさん Blog

"あの KLEIN号" を軽トラックの荷台に載せておられる KLEIN Mパパさんも激シブなのですよ
b0146418_22495724.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

VooDoo Shaman・・VooDooブランドの呪術師で宣教師であられる mt-biker☆さんの愛機
VooDoo CANZO 26'ダブルサスペンション MTBです、なにげに激レアなマスィンなのですよ

WebLink : Digitalの泉
(mt-biker☆さん Blog)

VooDoo公式本国 WebSiteを開けば目に飛び込んでくる、そのオドロオドロしい?イメージと
おもわず「なにこれ・・」と、言いたくなる色彩や佇まい系のラインナップに偏見を持たれる
方々も多いとは思いますけれど、SHIMANOや TESTACHの TOYOに KONAなどと関係が深く
初代 NORBAチャンピオンの Joe Murrayヲジサンさんの VooDooは素直な乗り味の Bikeですよ

b0146418_22502166.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

雁回山さんと MTBの部活動が在る県立高等学校の先生さんが生徒さんへ指導をされています
真剣に聞かれている生徒さんたちは、なんだか初々しくもあり襟を正したい気分になりました


まぁ、私も最近まで学生さんだったヤングメンなのですけd・・って、うわなにをするきさまr
(えっ?チビたちの存在ですか??・・ある朝ふと気がつけばコウノトリが運んできていまsh)

b0146418_22504238.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

出発の際と同じようにライダーズミーティングをして、照葉樹原生林の林道ポタリングを
大きなトラブルもなく無事におえるコトとなりました、皆さん本当におつかれさまでした
(・・・・ここまで "自走" にて参加をなさった Mr.cannondale先輩もおつかれさまでした)

b0146418_0501277.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります・・でも詳しく細かく観ないでイイです

顕微鏡で "視る" のはコワイ気がするような水分補給しか選択が出来ない、天外魔境にて
人外未踏の雰囲気も漂う林道ポタリングのルートですから、つぎは 24ozプラスの容量な
ウォーターボトルを載せて来ようかな?と、思いました・・だってシチィボーイですもの


MTB'erな先輩方、"脳筋隊" の皆さん、先生と生徒さんたち、保護者の皆さま、MTBで駆ける
楽しくて愉しい時間へのお誘いを頂きありがとうございました、またよろしくお願い致します
(ギャグをギャグとして理解してくださいね)

Next > 照葉樹原生林の林道走行 vol.13
[PR]

by super-v | 2009-10-24 00:24 | エピソード

星降る高原の MTBキャンプイベント vol.9   

2009年 10月 22日

南の島に棲む MTB'erたちの MTBキャンプ・イベントへ愛娘と出席をさせて頂きました

b0146418_11163546.gif


Web Link:CSCS-R MTB 2h 耐久走行会 in 清和高原


b0146418_22562595.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

"赤いオブヂェ" みたくカンティブレーキ仕様で組んであるリジッドフォークの KLEIN号で
参加をなさるコトもある KLEIN Mパパさんも、本気モードの KLEIN号を持ち込まれました
(いったい何台の KLEIN号をストックなさってるんだろう)


しかも、MTBの軽量化として・・もっとも効果的な身体を 5.000gほど絞っておられました
おもわず「それって MTBの軽量化ぢゃないでs(ry」って、言葉を発しそうになりましたよ

b0146418_22565031.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

星降る高原天文台に在るイベントコースで、挨拶をしたりしながらウロウロしていましたら
突然・・十字線の照準を合わされているようなフォースを感じましたので、振り向きざまに
こちらもスナイピングを返します、まるでスターリングラードのワンシーンみたいですね!
(うわーなにをするきさまらー)

照葉樹原生林の林道ポタリングでも、今回の夜宴にも同席してくださった土橋塾 Teamさん
でした、皆さんが全員で夜宴に参加をされたら "もぬすごいコト" になるような気がしますよ


って・・"金ぢき色" に輝くクルマは、クリエイティブ系 FIAT ムルティプラではありませんか
ほとんどの方は身体を硬直なさるエクステリアとインテリアなのですけれど、私は大好きです


でも、ステーションワゴンを買いにいったのに・・妻に相談せぬままラテン車を契約してきた
なんて、若気の至りをしでかしたカコもある私は・・遠い眼をして眺めるコトしかできません

WebLink : wheelogy
(土橋塾ナイトライダーさん Blog・・きっとラテン車に惚れますよ?)

b0146418_22571197.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

そんなコトをしていますと、私がお世話になっている CSCS-Rさんのイケメン MTB'erである
miwacchiさんの娘さんと、私の娘で MTB Teamを組んで駆けさせて頂けるコトになりまして
どたばた!風に出走準備をしました・・私の Team部門 4連覇は可愛い彼女たちに任せました

b0146418_22573168.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

今回のイベントへ MTBの展示と試乗会をしてくださった "バイクストア・ファブリカ" さん
バイクの展示などをしてくださった "CUBE Bike" を駆ってられるミッチードットコムさんです

Web Link : Bike Store Fabbrica

Web Link : ミッチードットコム

コースを 1周できる試乗会でも好評だった cannondale Scalpel号は、このときのモノですよ
(いちおう cannondalistaっぽい記述も載せておきますよ?)

b0146418_22574762.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

スタートラインに並ぶ愛娘と SCHWINN号です、まったく・・緊張感のカケラもありません
ジャリジャリ系な未舗装路の下りでは「きゃあきゃあ♪」叫びつつ、駆け下っておりましたよ


こんな感じで MTB'erな皆さんと高原天文台の MTBキャンプイベントを楽しませて頂きました
いろいろ至らない点ばかりだったコトを思いだしますが、これからもよろしくお願いしますね
(さっそく・・つぎの ob-Q MTB Festivalでも合えるような気がしています?)

Next > 星降る高原の MTBキャンプイベント vol.10
[PR]

by super-v | 2009-10-22 00:12 | エピソード

星降る高原の MTBキャンプイベント vol.8   

2009年 10月 18日

南の島に棲む MTB'erたちの MTBキャンプ・イベントへ愛娘と出席をさせて頂きました

b0146418_11163546.gif


Web Link:CSCS-R MTB 2h 耐久走行会 in 清和高原


b0146418_2117770.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

いつもみたく、赤いフォーマルセダンに VooDoo号と SCHWINN号を載せて MTBイベント
会場へ向かいましたよ、16:00をすぎていましたので到着をする頃には夜の帳タイムでした


現地ではミヤモッちィさん Naoさんがテント設営を手伝ってくださいました、感謝です
(愛娘と 2人っきりならば・・スカスカしちゃう?サイズのアウトドア・テントなのですよ)

Web Link : Bicycle in my life
(ミヤモッちィさん Blog)

Web Link : FUNRIDE - Nao's Note
(Naoさん WebSite)

b0146418_2117435.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

同じ趣味の方々とグラスを向き合わせて語り合う、夜の宴にも顔を出させて頂きましたよ
(傾眠・昏迷しつつ・・テントに向かって彷徨い歩き寝袋に潜り込む恒例のパターンです)

b0146418_21182281.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

「さっき寝たばっかり?な気がする」なんて思いつつも 07:00すぎには起床をしまして
"キリリ!" と、冷える爽やかな朝の高原で愛娘と 2人で朝食を頂き洗顔をすませました
そして 2009 高原天文台 MTBキャンプ・イベントの開始準備を手伝わさせて頂きました

2009 CSCS-R MTB 2h 耐久 Photoは雁回山さんの Blogに Photo Linkが載っていますよ

Web Link : MTB黒田塾
(雁回山さん 2009.10.19 該当記 Blog)

さて、私の 09 VooDoo号のフレームは 国内の Web Siteだと VooDoo Magic Double Butted
CrMo鋼でして、本国の Web Siteでは TAWAN Double Butted CrMo鋼と掲載をされています


そろそろ 2010モデルも順次納品をされているみたいですが、私のモノと同じ WANGA号の
2010モデルは、旧型モデルみたく"Reynolds 631 CrMo鋼" 素材に戻ったと見聞きしまして
なんだか軽い目眩とショックを覚えていますよ?・・・・な、泣いてなんかないもんッ!!
(しくしく)

Next > 星降る高原の MTBキャンプイベント vol.9
[PR]

by super-v | 2009-10-18 23:48 | エピソード

エウレカ!   

2009年 10月 14日

えーと "交響詩篇エウレカセブン" ではなくて "Eureka!" ・・アウトドアテントのほうです
(だって "Eureka" で Web検索をしてみれば可愛い緑髪ショートの乙女系ばかりなのですよ)

b0146418_233727100.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

なんだか、このロゴの雰囲気はイイ感じです・・・・とても気に入っております、ヘンな?
ところに拘るのは "赤いオブヂェ" で EASTONシートポストへ載せたような職業病かもです?

b0146418_23375488.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

さすがに、このサイズでのアウトドアテントを独りで組み立てるのはキツいものがありますが
フレームサイズ選びで困難を極めているように、無駄なサイズの体躯を駆使して組み立てます


今週末からの泊まりで、来週はじめに開催をされる "星降る高原の MTBキャンプイベント"
向けてアウトドアテントに風通しをしておくためなのですよ、ちょっとワクワク♪しつつです

Web Link:2009 CSCS-R MTB 2h 耐久走行会 in 清和高原

b0146418_23381031.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

夕刻も近づきましたのでフライシートを被せました・・ええ、もちろんコレも独りでです

そうして独りで盛り上がっていましたから、いつもクールでポーカーフェイスな表情にも
浮き出ていたみたいで、いつものように妻が冷ややかで生暖かい視線を浴びせていました
(妻は大自然に抱かれて不便を楽しむアウトドアライフを理解しないタイプの女性ですよ)


で、しっかりと VooDoo号を "Eureka!" と共にファインダーに納めちゃったりして
いますけれども、今回の MTBイベントには出走をしません・・というか、出来ません

3年連続 Team優勝を収めた 2年連続の際になる 2008春の MTBイベントでは、駆けるのに
夢中になって愉しみすぎちゃいましたので、皆さんの写真をほとんど撮れないままでしたよ
( "赤いオブヂェ" まで出撃させて「ヒャッハー!」なんてノリノリ♪で楽しく愉しみました)


だから皆さんが駆ける姿を羨ましそうに眺めるんですッ!
ぢつわ毎年前夜の宴のほうが楽しみなのですけれどねッ!
(うわーなにをするきさまらー・・・・)
[PR]

by super-v | 2009-10-14 23:56 | マウンテンバイク