赤が好き

ff0000.exblog.jp

ブログトップ

<   2013年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧   

星降る高原の MTBキャンプイベント vol.20   

2013年 05月 27日

おろ?
なんだか、南の島に棲む MTB'erたちへの Web Siteが OPENしていました・・けれど


どうやら開催日の変更みたいです!
(おもな理由は上記の赤文字リンクを参照かもです・・・・ごめんなさい)

b0146418_17532071.jpg


Web Link : 2013 CSCS-R MTB 2h 耐久走行会 in 夏の清和高原

こ・・・・こんどこそ正式に決まったコトなんだからっ!
(震え声)
[PR]

by super-v | 2013-05-27 17:28 | エピソード

夏の日差し   

2013年 05月 25日

このまえの週末は、愛娘をミニ・バスケットボールの試合会場までクルマで送りまして
それから自宅までクルマで戻って、青き TREK号でもういちど試合会場まで駆けてゆき
試合が終了をするころ、また TREK号で自宅へ戻ってクルマで迎えにゆくなんてコトを
しました、月に 4回の週末全てミニ・バスケットボールで埋まるのが 8月まで続きます
(2月には「お父さんは自転車の乗り方を忘れそう」なんて笑えないギャグも載せました)

b0146418_233948.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

田園風景を眺めつつ、未舗装路やコンクリート路面が剥がれた道を駆けてゆきます
ミニ・バスケットボールの試合が始まるまで時間があったので、ぷち休憩をしました

真夏を思わせる強い日差しで、あたまのてっぺんが暑痛くなっちゃう毎日が続きます
青き TREK号も、ヤング風の「なんだぜ?」なリラックス・ポヂションになりました


ぢつわ、このとき自宅を出る際に TREK号を跨ごうとしたときのコトなのですけれど
重度火傷を負った脚の足首が、私の意志に反して「くにゃ♪」と勝手に動きやがった
ので、久々に立ちゴケをかましちゃいました・・・・ヒジを擦りむいちゃって涙眼です

ペダルをクルクルと回しているときにも、好き勝手に動いたりするので困りモノですよ
逆に脚を捻りたいときに思うように動かないので、ビンディング系も危険が危ないです
(ビンディング・ペダルは持っているのですけれど)

b0146418_23391546.jpg
・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

麗しき純白のサドルについている、これまた純白の sciconサドルバッグへ装着を
してあるリフレクタ・ペンダントも強い日差しを反射して、強烈に輝いていました

これってランドセルやスポーツバッグなどへ取り付ける、セーフティグッズなのです
クルマなどのヘッドライトへ強烈に反射をするのを視て、MTBにも取り付けています


そうそう、照りつける日差しのせいでウォータボトルの麦茶も生暖かくなっていました
そろそろクマー印の冷え冷えボトルが活躍をする時期だし、新調しちゃいたいかもです
(カラフルなデザインもいっぱい増えています)

b0146418_23392320.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

マッチョでゴツい、チェーン状のチェーン錠を(←ここ笑うところです)たすき掛けにして
駆けていた頃には、妻に映画マッドマックスの悪役みたいと言われてショックを受けました

けれども、今回あらたにオシャレなワイヤー錠をゲットしちゃって爽やかイケメンなんです


私「カンフーハッスルの仕立て屋のヲヤジさんみたいかも?」
妻「さっぱり判らないわよ」
私「Shock the Worldに登場した KE$HAたんみたいかもー♪」
妻「それは KE$HAさんに失礼な発言かも」


まあ・・・・ソレは置いときまして、もうそろそろ皮革バンドやメタルバンドぼ腕時計だと
きらきら輝いて煌めく爽やかなアセで、ねっとりとベトつく季節にもなりつつありますので
どこでもバシャバシャと洗えちゃって、タフさを誇る腕時計が重宝される季節になりました
(普段はシンプルなアナログも使っています・・ギャグをギャグとして理解してくださいね)
[PR]

by super-v | 2013-05-25 23:56 | エピソード

星降る高原の MTBキャンプイベント vol.19   

2013年 05月 14日

おろ?
なんだか、南の島に棲む MTB'erたちへの Web Siteが OPENしていましたよ?

b0146418_17532071.jpg


Web Link : 2013 CSCS-R MTB 2h 耐久走行会 in 夏の清和高原

こ・・・・ことしも懲りずにフリマへ VooDoo号のフレームを出品しちゃおうかな?
(震え声)




つーか "サイクルマラソン阿蘇望"と同じ日やんっ!
(05/17追記したとです・・・・マジで 28日にするとですk)

Next : 星降る高原の MTBキャンプイベント vol.20
[PR]

by super-v | 2013-05-14 00:00 | エピソード

赤い Super V Carbon vol.45   

2013年 05月 06日

いつものコンビニエンス・ストアに郵便局、フラットダートや林道ポタリングなどを
すべて MTBだけで済ませる生活になり、いつもの "春には MTBのシーズンオフ"なんて
コトはヤメましたけれど、薫風が香る季節になると "赤いオブヂェ"で駆けたくなります

b0146418_2224214.jpg
・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

てなワケで、ほぼ 12カ月ぶりに "赤いオブヂェ"を 2Fより階下へ降臨をさせてみました♪
(うわーなにをするきさまらー)


"赤いオブヂェは MTB = マウンテンバイクだし、可能な限り未舗装路は避けようにしつつ
畑や田園のなかへ縦横無尽に張巡らされた、コンクリート舗装の凸凹道を進んでゆきます
イイ感じに捲れたり砕けたりと荒れている路面は、お尻を跳ね上げられつつ駆ける状態です
(この上記リンクのサマーな MTB画像は超お気に入りです)

現在 (いま)となっては、激みぢかいストローク量のリアサスペンション機構なのですけれど
お尻をサドルから跳ね上げられつつ、ぷち工夫をしながらペダルを回すような路面状況では
やっぱしハードテール MTBよりは楽だし、よく進むなあ・・・・と思いました、再認識です

b0146418_22244516.jpg
・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

さてさて、こんかいは "赤いオブヂェ"に近代化の "モディファイ!"とやらを施してあります

まえに fi'zi:k製のシートポスト・リングを黒より赤へ換装をしましたが、重要な効果として
シートポストの突き出し量を目立たなくするのも目的でした、ヤングだし気にしちゃいます


それに加えて、こんどはハンドルバーとサドルの落差を目立たなくしちゃおう!な感じで
プチ上向きなステムへ換装するコトにしました、もちろん HEADSHOKサイズ用のモノを
オークションで購入をして、バー・クランプ径25.4mmを落札したら 31.8mmが届きまsh(ry

b0146418_22243673.jpg
・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

HEADSHOKステムへ同包してあった、黒くてヘンな輪っかの存在にも悩みましたけれど
INFINITYさんの WebSiteを観て解決しました、見ためコラムスペーサーみたいなモノです
(てきとー♪な私の解釈ですよ・・・・厳密には全然チガウのかも知れません)

WebLink : INFINITY
( INFINITYさん WebSite)


てなワケでハンドルバーも購入するコトになりまして、シートポストと同じ EASTON製
EA70モデルをゲットです、なんだか赤い彩りロゴが増えちゃってイャッホウ♪な気分かな


ここで撮った動画を YouTubeへアップしました、サドルバッグに飾ってあるリフレクター
ペンダントと、キュアパッションたんのプリキュアスイングが強い風で揺られまくりでした

WebLink : 1996 cannondale Super V Carbon vol.2 "Modified"
(リンクさきは YouTube動画です)

b0146418_22245620.jpg
・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

大好きな "赤いオブヂェ"で気ままにポタリング・・・・て、いうかランナバウトしました
そして 17年目にして "はぢめて"コンビニエンス・ストアで屋外駐機をさせて買物しました
(胸の鼓動と吐息が伝わる距離より離れてしまった・・・・って気分なのです)


もう、お店へ出入りをしているヒトの全てが敵ゾンビや敵エイリアンに見えちゃいましたよ

b0146418_2225587.jpg
・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

そのように最大レベルの警戒をしつつ、現代風のヤング MTB'erっぽい飲み物を頂こうと
モンスターエナジーのデビューをしてみましたよ?ごきゅごきゅ♪っと・・・・うげぇ!!
(甘濃)


このような感じで、ひだまりぽかぽか♪って風に春の 1日を Super V Carbonと楽しみました
(ギャグをギャグとして理解してくださいね)
[PR]

by super-v | 2013-05-06 23:56 | エピソード