赤が好き

ff0000.exblog.jp

ブログトップ

<   2012年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧   

な・・・・んだと?   

2012年 02月 28日

重度火傷をしちゃった脚のリハビリも、順調に進んでいるような気がしています


未だクランクを回すたびに、毎回ピキピキ!と痛みが走るって現状ですけれど
なんだか慣れっていうのは凄いもので、ソレがフツーになりつつある感じですよ

そのような雰囲気で「MTB最狂~♪」っと、ルンルン気分で御機嫌に駆けていると
超絶に絶好調な雰囲気のときでは、ハンドルバーまでの距離が近く感じたりします

なだらかに続く登版路を駆けるときには、バーエンドバーを握っても近く感じたりです
たしか、いまのステム長は 100mmで 110mm~へ換装をしようかな?なんて感じ??

b0146418_2252524.jpg
・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

ステムのコラム側クランプがボルト 1本締め仕様のタイプって、あまり見かけないのです
てろてろ♪と調べて見つかるのは EASTON製の EC90だったりで価格に卒倒したりです

でも、懐かし KORE製の現行ステムに 1本締めタイプがあるのを見つけてハッピー♪です
(きらきら輝くウルトラハッピー♪・・・・うわなにをするきさまr)

水平器つきコンベックス(メヂャー)を手にして「いまのは 100mmだから♪っと」てな風に
いちおう、いままで愛用してきた画像のステム長を計ってみたら 120mmの表示でしたよ


な・・・・んだと?
もうすでに 120mmのステムを使っていたのかよ、私は??
(オーマイガー!)


鋼製直定規で測っても、ノギスで測っても同じく 120mmって数値を誤表示しやがるのです
それならば!って、パーツごとに保存してあるステムのパッケージを探してみるt・・120mm
(アッ━(゚∀゚)━( ゚∀)━(   ゚)━(  )━(`  )━(Д` )━(´Д` )━(;´Д`)━!!)




どうしよう・・120mmのロングステムにすれば、旧世紀の MTB風な姿みたくなっちゃうよ!
あっ、もうすでにソレを装着していたンだけれd(ry
[PR]

by super-v | 2012-02-28 22:18 | マウンテンバイク

ちょっとちがう?   

2012年 02月 12日

私が部屋で眺めて愛でる調度品・・ちがう、1st 激実戦 MTBである、赤の 1号機こと
"赤いオブヂェ"は、ちょっと変わった系な異形フレームデザインも気に入っていますよ

cannondalistaな MTB'erの先輩が、日々眺めt・・いえ、駆られる cannondale製の
ダブルサスペンション MTBや、ハードテール MTBも個性的で異形だし大好きです

そういへば「Gary Fisher買てくる!」と、うきうき♪ルンルン♪♪気分で出掛けまして
さまざまな「オ・ト・ナの理由(うふ♪で、屍ブランド製 MTBをオーダーした際に
Web Pageで WANGA号を観た妻が言ったのは「ふつうの形ね?・・赤だけど」でした

b0146418_1202846.jpg
・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

トリプル・トライアングルの GT号と、TREK Yシリーズの真似をsh・・の影響を受けた
としか思えない GIANT号懐かしの FOES号など、フツーのヒトが普通に思い浮かぶ
マウンテンバイクとは "ちょっとちがう?"形状のモノを、乗り継いで来たからなのかもです

FOES号は、現在になって思えばダブルサスペンション MTBな形状なのですけれど
"赤いオブヂェ"や TREK Yシリーズなどは、現在でも "ちょっとちがう?"系の形状かも?


いまでも Webなどで corratec製の Super Bowを観ちゃうと「いったろか?」と思いますし
そのような私なので、上記画像に載せた Trimble製の MTBなどは「はぁはぁ・・」モノです

WebLink : Trimble
(Trimble Mountain Bikesウェブサイト)

b0146418_1401138.jpg
・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

先日、ちょっとした調べモノで Web検索をする際に封印をしていたコレを再見しちゃいます
チェコ共和国 Mrazek製マウンテンバイクですよ、もちろん「はぁはぁ・・」しちゃいました

WebSite : Mrazek
(Mrazek Bikesウェブサイト)


さきの Trimble製よりは、ずいぶんフツーにちかい MTBですけれd・・・・え、ちかくない?
まぁ、意匠家としての心意気を感じちゃうデザインを施されていて凄くカッコいい雰囲気です

b0146418_251211.jpg
・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

Trimble製や Mrazek製の MTBを画像検索してみれば、それはもう "ちょっとちがう"系の
パラダイスでシャンバラな雰囲気がムンムン♪と香ってきますけれど、ふと気付いたコトが
ありました、画像みたく "どこかで視たようなサスペンションフォーク?"を装着してあります

もちろん HEADSHOK Lefty仕様もあったりしますよ、もうなんだか堪らない世界なのかも?


cannondaleも Bad Garlなんてネーミングで KVデザインの粋なモデルを登場させましたし
(この銘を知った際に PCモニタへ御茶を噴きそうになりました)
100m離れても「きゃのん☆でーる!」と判っちゃう "ちょっとちがう?"形状に戻らないかなあ
(ギャグをギャグとして理解をしてくださいな)
[PR]

by super-v | 2012-02-12 23:56 | マウンテンバイク

赤い Super V Carbon vol.39   

2012年 02月 01日

"赤いオブヂェ"ってば Team VOLVO cannondale Missy Giove signature edition
キャノンデールが超強かった "赤 VOLVO"時代のモデルなのですけれど、その頃に
ロードレーサーのほうでは、赤い Team saeco cannondaleも大活躍をしていましたよ

b0146418_18261022.jpg
・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

Team saeco cannondaleといへば、やはりマリオ・チポッリーニさまでしょう


多彩な模様のウェアを身に纏ったり、くわえタバコで駆けたりする超ヒーローでした

マリオと聞けば、ヒゲで赤いヲヂサンを想像するヒトがほとんどだと思いますけれど
cannondalistaだったならば、チポさまの雄姿を思い浮かべちゃうって思いたいです
(もちろん私は nintendoのほうでs・・・・うわーなにをするきさまらー)

b0146418_190222.jpg
・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

うっは!!
蒼き空と白い雲に映えるギガ、いぃえ・・・・テライケメン♪♪
(なんと 191 勝!)


ゴールスプリントの際に、鬼立ち漕ぎなダンシングをする集団のなかに長身で巨躯の
マッチョガチムチな、チポさまの姿を見つけると「これで勝つる!」って気分になりました



チポさまの MCipollini - RB1000 Official Videoです
(動画は YouTube Movieです・・YouTubeのロゴをクリックすると大きいのを観れますよ)


映像に登場してるカーボンフレームの製造工程や耐久テストのシーンもステキですけれど
なによりテライケメン全開のチポさまや、やはり脱ぐのか!ってマッチョ体躯もハァハァです

カタールのロードレースでカンチェラッラ選手やボーヌン選手は 81km/hで駆けたそうですが
チポさまも自らの名を冠したチポバイクにて 75km/hで駆けています、もう白髪交じりなのに

あかん・・cannondalistaなのに Super Six系より MCipolliniのほうが魅力的に見えch(ry


初夏までは、こんな感じの調度品になっている "赤いオブヂェ"を眺めつつの動画鑑賞です
(ギャグをギャグとして理解をしてくださいな)

Next > 赤い Super V Carbon vol.40
[PR]

by super-v | 2012-02-01 18:58 | エピソード