赤が好き

ff0000.exblog.jp

ブログトップ

<   2011年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧   

I'm Back vol.1   

2011年 09月 23日

引き脚や足首の角度を考察するとか、より高回転でクランクを回すコトなどが
効率よく効果的ではないんだよ?って、記事が載っているのを教えて貰ったり
MTB世界選手権を駆けてた ANCHOR号は 29'erモデルだったとか、トップの
サドルは水平やプチ前上がりなどの基本的な角度ではなくて、超前下がりなど
なんだかS@NY PSPの狩猫系ソフトで「カルチャーショック!」っと、驚くような?
そのような感じで「ほへー?」とか「うげー!」と驚いたり感心したりの今週でした


ただ MTBだと、星降る高原の MTBキャンプの際に Naoさんと話したのですが
急斜度の未舗装路登坂時にリアタイヤをスリップさせずに駆動を伝える技法として
ペダルを踏み踏み♪する踏力の微妙な掛け具合は重要だよ?と思ったりするですよ

WebLink : Nao's Note
(MTB Pro Performer Naoさん WebSite)

b0146418_23444470.jpg
・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

まあ、そのような難しくて難解っぽいコトなんて関係ナイかもー!ってな感じで?
(うわーなにをするきさまらー)


「♪なんだかとっても嬉しいわ!」なキュアパッションの歌みたく、ぷち嬉しいコトが
ありましたので、ちょっとイイ気分でキコキコ~♪っと重度火傷のリハビリ・ライド
していました、そのルートにある斜め下に錐揉み飛行するようなところ・・・・えっと

凄く説明をしにくいから "Laguna Seca cork screw"で検索をしちゃってくださいな
その検索結果に出てきたモノを、超ローカルにして超ミニマムにした雰囲気なのです
(よけいに難解かもしれません)

そこを駆け下る際に「きり!かえしッ!!」と MTBを左右へ振るタイミングに合わせて
リアタイヤが「ぢゅり!ぢょりりッ!」と、綺麗に滑る走行感覚が身体に戻ってきました


そのようなコトもありましたので、上記の画像を撮りつつ「うほっ!嬉しいぢゃないの♪」
なんて気分にもなりましたから、重度火傷の日より駆けていなかったフラットダート
突撃しちゃう気分になりました、未だにクランクを 1回転する際に悲鳴をあげる脚でs(ry




「I'm Back!」フラットダートを重度火傷のリハビリ・ライド枠も超えて駆けてみるテスト
(動画は YouTube Movieです・・YouTubeのロゴをクリックすると大きいのを観れますよ)


ちりん♪ちりん♪♪と聴こえるのは、ハンドルバー装着のクマー!鈴・・ベアベル­の音色です
なんてゆうか「やはり未舗装路はイイ・・・・(はぁと」って雰囲気の気分に深く浸りましたよ

b0146418_23451445.jpg
・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

ちょうど右上のほうなのですが、いつも画像を撮る給水ポンプがチラリ♪っと写ってますよ

脳と身体に「アドレナリンラッシュ!」噴出全開状態だったのでルンルン気分でしたけれど
いまは火傷の怪我を負った脚部が「すっごくいたいよ・・・・はげしく後悔ちう?」の状態です
(うわwwwwなにをするきさまらwwwwwwww)


でもでも、未舗装路を駆けるのは幸せすぎて愉しすぎだったのを身体が思い出しましたし
この痛みに耐えて、毎回のリハビリ・ライドルートに加えたい気もしまs・・けど止めときます
(ギャグをギャグとして理解をしてくださいな)

Next > I'm Back vol.2
[PR]

by super-v | 2011-09-23 00:55 | マウンテンバイク

地味なメンテナンス vol.7   

2011年 09月 14日

今週はじめの日曜日は、塾長さんチのすぐ近くにある宴の席へ誘われたので
出させていただきました、私が未成年だった頃にお世話になった方々の宴です

Web Link : MTB黒田塾
(塾長さん Blog)

久々に気の知れた先輩や後輩とすごした時間は、とても楽しくて愉しかったなあ
桃花潭が登場する漢詩 "贈汪倫"の気分になりましたよ、皆さん本当にありがとう

b0146418_238224.jpg
・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

さて、朝夕には涼しさも感じる季節になりましたし VooDoo号へ定期メンテナンス
施そうと予定を空けていたのに・・・・灼熱の太陽ギラギラでメチャクチャ暑いぢゃん!

ですけれど、"暑いと不平を言うよりも進んで明かりを灯けましょう"って教えに従って
黙々と工具や油脂を手にしつつ地味な整備作業を進めましたよ、嫌いではないですし


ブレーキやシフトケーブルをアウターから引き抜いて、もぎもぎ♪とグリスアップをしたり
BBへグリスを封塗したり、真っ白に輝き続けているサドルにもコーティングを施したりと
メカフェチっぽいヒトには「たまらん・・・・はぁはぁ」っぽい、至福のひとときをすごしました

b0146418_2336118.jpg
・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

「♪あせをかいたグラスの~Yes Coke Yes♪」なんて、S@NY PSPで音楽を聴きながら
我が家の玄関先メンテナンスで夏の風物詩になりつつある、蚊取り線香もお約束ですよ


まだまだ重度火傷のリハビリちうですけれど、来るべき MTBのシーズンインにむけて
気分だけは「うっはうっは!林道ポタリング楽すぃ♪うっはおk!wwww」な雰囲気でした

そのようなコトを考えつつ、いつもみたく妻の生暖かい熱視線を浴びまくるのもお約束です
(ギャグをギャグとして理解をしてくださいな)

Next > 地味なメンテナンス vol.8
[PR]

by super-v | 2011-09-14 00:00 | エピソード

ボトル & ボトルケージ vol.16   

2011年 09月 01日

我々人類の身体は 60〜70%ほどが水分らしいです
古の旧世紀には激しい運動の際にも "気合!" で乗りきる雰囲気でしたが
現在は適宜の水分補給が大切なコトは、皆さんもよく御存知かと思います


トップチューブ・ダウンチューブ・シートチューブに囲まれている部分を、フレームの
前三角といいますが、ダブルサスペンション系の MTBはソコにボトルケージ 2コを配置
するコトは無理なモノが多くて、さらに私の FOES号は 1コでさえも積載が不可能でした
(フレームサイズが大きいのはヘッドチューブが加わって前四角と揶揄されまs・・うぐぅ)

いつも激未舗装路を駆けている "Red Super V" はボトルケージの 2コ装着が可能ですし
(うわーなにをするきさまらー・・・・はいはい "オブヂェオブヂェ")


そのように、もう・・・・私には "トラウマみたく" なっているボトルケージの装着なのですが
フツーに 2コ搭載をするコトが可能な VooDoo号になりまして心のキズも癒えつつあります

b0146418_2381479.jpg
・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

2010の盛夏の頃には「夏だ!海だ!ビーチで水着の乙女d・・・・いえ、ミスタイプです
夏真っ盛りな大空のもとを「MTB最狂~♪」なんて雰囲気を愉しみつつ駆けておりました

そして胸ワクワク気分な MTBのシーズインを迎えた頃に、ちょうど重度火傷に陥りまして
2011の夏は近所のリハビリライドをしているうちに、盛夏の季節をおえようとしていますよ


そのようにムラムラt・・・・ちがーう、悶々としつつ暑い夏の日々を毎日おくりながらも
"ウォーターボトルまにあ"なモノですから、あたらしいウォータボトルなどが気になります
とくに保冷効果で人気のクマー印(Polar Bottleです)は、アバンタイムやサイケデリックな
デザインに彩られたモデルを発売するようになりました、今回も "キテル系"で魅力的かも?
(飲み口の分解洗浄が可能だから清潔なのもイイ感じなのです)

てな風に「これはイイぜぇ~♪」って、クルル曹長みたく画像を眺めて喜んでいましたら
ちょっとした注意書きが載っているのに気がついて、なんとなく目に留まっちゃいました


"ほかのロングボトルより長くて大きめだしシートチューブ側の装着は無理かもよ?(意訳"


涵養原生林林道の林道ポタリングでの VooDoo号
b0146418_071225.jpg
・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります


照葉樹原生林の林道走行での VooDoo号
b0146418_2225283.jpg
・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

クククク・・・・うははははっ!
我が機動部隊の MBT  MTBは圧倒的勝利ではないか!!

スローピングなフレームの MTBでありながらも、ソコの参照画像で掲載をされている
ロードレーサーなフレームを圧倒的に上回る爆装g・・・・いや、積載量がステキですよ
(なんだか・・・・モニタが涙で曇って見えませn)


ちなみにレギュラーサイズのウォータボトルならば、このときのトップチューブ装着方法
利用して、前四角と呼ばれるフレーム前三角の空間に 4本積載可能なのを確認済みです
(なんだか・・・・頬を伝わる涙がイグアスの滝みたk)


あと、ロングサイズのステムや、突き飛び出したシートポストを使用するくらいならば
ひとサイズ大きいフレームでもイイのでは?って、アドヴァイスを頂くのですけれども
このときミヤモッちィさんが生暖かいコメントをくださったみたく、希望するサイズが
我が国に入荷をされていなかったりします、いちおカタログには掲載されていてもです

Web Link:Bicycle in my life
(" 脳筋隊 " ミヤモッちィさん Blog)


って・・・・ついクマー印(Polar Bottleです)のロングサイズなウォータボトルでハナシが
脱線しちゃいましたけれど、林道走行の画像を観ていたらワクワクしてきちゃいましたよ

MTBで駆けないときも、ウォーターボトルをマイボトルとして愛用をしているヒトなので
来たるべき 2011 MTBのシーズンインに向けて、ボトルを新調しちゃおっかな~なんて?



そのようなコトを妻に話したのですけど、いつもみたく生暖かい熱視線を浴びちゃいました
(ギャグをギャグとして理解をしてくださいな)

Next > bobble
[PR]

by super-v | 2011-09-01 23:56 | エピソード