赤が好き

ff0000.exblog.jp

ブログトップ

<   2010年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧   

林道ポタリングでもないのに?   

2010年 12月 31日

看護士さんより「今日まで・・いちどもイタイとか唸り声などは聞きませんでした」なんて
褒め!呆れ?笑い??されつつ 2010のおわりを迎えました、明治の漢は泣かんとですよッ!
(たしか私は平成生まれだったような気がしますけd・・うわーなにをするきさまらー)


プロの医療従事者さんが、思わず口を抑えて息をのむ・・ソンビな患部の雰囲気
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
血が滴る生肉ミンチを握って人間の脚部みたいに形を整えてみるテストの雰囲気
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
人間の骨格らしきモノに薄いベーコンをグルグル♪巻いてみたような感じの雰囲気

懸命な治療を施して頂いたおかげで、なんとなくココまでも進歩をした状態になっております


相かわらず部屋のオブヂェとして鎮座をしている赤い調度品・・いぃえ "赤いオブヂェ"
ほうは問題ナッシングなのですけれども、いつも片屋根の駐車場にて風雪に晒されている
VooDoo号のほうは "凄く錆びて風化した塊" 系になっているのかもと心配をしておりました

けれども、シートポストクランプのボルト凹み部に変色が見受けられた程度の被害でした
暴風雨が直接かからないようにカバーを掛けてくれていたのが良かったみたいで、感謝です


まあ、もともとが朽ち果てて腐敗をしたゾンビ系の屍ブランド製 MTBなので大丈夫なのかも?

b0146418_1543678.jpg
・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

高いトコから自由落下したり、海に潜ったりしても大丈夫らっすい?強固な腕時計のバンドに
CrMo鋼管フレームには必須アイテムである、赤いタッチアップ補修塗料が挟まっていますが
TREK製のボトルケージを載せてた際や、照葉樹原生林の林道走行の際などに写っていた頃に
合わせていたベルト穴と比べてみれば、火傷をしてから手首がコレだけ細くなっちゃいました

焼け崩れた体細胞の患部から、血液や体液の滲出液をドバドバ!と垂れ流し続けていますので
仕方が無いコトなのかもしれません、マッチョだった脚もプニプニした雰囲気になってますよ


おそるべし・・・・やけどダイエット!!
(流行りそうもナイですけど)


さて、無事に生還・・・・いえ、帰宅しましてモソモソ♪って風に食事を頂いていましたら
なんだか、お箸を上手く使えずに「あれれ?」と思っていると、お茶碗も持てなくなりました

「これって・・・・まさか脳@@なんてコトになっているの?」

なんて風に、おそロシアな考えが脳細胞のシナプスを駆け巡りましたので妻に話そうとしたら
なんと、こんどは "ろれつ" のほうもまわらなくてヘロヘロりん♪になってるではありませんか
それを "視て" 「たいへんだー!!」っと、上下左右斜めに大騒ぎをしている妻の姿を眺めつつ


でも「あるぇー?」っていうか、なんとなくデヂャヴュー = deja-vuな想いもありましたので
2Fにある "ぼくのマウンテンバイクな宝箱" から、携行ジェル状系補給食を取ってきて貰って
冷蔵庫のアクエリアス系なドリンクと共に、ソレを頂いて安静にしていたら元に戻りましたよ

なんとまあ、林道ポタリングでもないのにハンガーノックみたいな状況に陥ってたみたいです
ドクターに確認をとってみたところでも、低血糖状態になっていたのでしょうとのコトでした
(おもわず安心w・・・・って笑えない!)


おそるべし・・・・やけどダイエット!!
(流行りそうもナイですけd)


そういへば、このハンガーノックな状況に陥るまえに心温まる夫婦の会話をした際

私「それでさ、その崖の上の曇って nhkのドラマを視たときに・・」
妻「あなた?」
私「うん?」
妻「崖の上は・・・・ボニョよ!」
私「・・・・坂の上の雲ですた」

なんて、まるで予兆のようなコトがありましたっけ
(妻曰く「それは・・ちょっとちがうかも?」でしたけれど)

b0146418_15432235.jpg
・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

これぞ MTB'erワールド!はぁはぁ・・・・な光景である、激素晴らしき林道ポタリングの
際に撮った画像を眺めては、崖の上・・いぃえ、坂の上の・・ちがう、ペダルの上に立って
マスィンコントロールをしたり、ときには跳ね上げられつつのトラクションコントロールで
微妙な力加減でペダルを廻して、画像のような自然に還りつつある廃道の林道ポタリングを
また愉しめる日々に戻れるのかなあ?と思う毎日です、かなり厳しそうな所見を頂きつつでs
(ギャグをギャグとして理解してくださいね)




要望を頂きコメントを OPENにしました、闘傷ちうでもあり上記のような体調の状態なので
ウィットなイングリッシュジョークに満ちた個別レスは無理かもしれませんが御了承ください

[PR]

by super-v | 2010-12-31 17:40 | マウンテンバイク

HEADSHOK Woody   

2010年 12月 08日

雄々しき二刀流やマッチョな両手持ちの大剣ではなくて、ワンド(杖)のお話なのですよ
(ココってナニの Blogですか?)


私「ヨーダ先生とか・・ほら、イェライシャやガンダルフが持ってそうな杖もイイかも?」
妻「あなた・・おこるわよ?」
私「・・・・ごめんなさい」


そうした風にウィットな佇まいの雰囲気に満ち溢れる夫婦の会話のあと、いつもみたく妻が
生暖かい眼差しで見つめつつも?購入してきてくれた杖が下記に載せた画像のモノになります

b0146418_23283510.jpg
・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

はやく 2足歩行したい!って想いから「もしかして杖を使えば可能かも?」なんて考えまして
なんだか「おっとっと♪」っと試してみた結果は、流血の惨事どころか噴鮮血の大惨事でした

ごぼごぼ!ぴゅ〜!!って血が出t・・・・もぬすっごくイタかったよなぁ♪
(フロアを真っ赤に染めちゃいましたよ・・・・うわーなにをするきさまらー)

いちお cannondalistaっぽく "貼り貼り" してみた杖なのですが、古風な木目調のモノですし
これだと "HEADSHOK Lefty" ぢゃなくて "HEADSHOK Woody" ってな感じになっちゃいます


私「VooDoo号に貼ったカーボン風のシートを巻いて仕上げるとか?」
妻「杖を仕上げるなんて考えるよりも早く完治するほうを考えてよ」
私「・・・・ごもっとも」


重傷な熱傷は 11月のうちに、早々と 2011治療計画も決まったっぽいというのが現状なのです
(ギャグをギャグとして理解してくださいね)
[PR]

by super-v | 2010-12-08 23:56 | マウンテンバイク