赤が好き

ff0000.exblog.jp

ブログトップ

<   2008年 12月 ( 15 )   > この月の画像一覧   

Revival   

2008年 12月 30日

いつも林道ポタリングから日々の業務まで同じように駆けている毎日です

b0146418_2121355.jpg


街からの帰りでは川沿いの道を使って帰路に着くことが多いです
ビル街などを駆けるより、こちらのほうが MTB'erとしても気持ちがイイです

b0146418_23593677.jpg


さて、林道ポタリングを控える盛夏を挟んだ春と秋の 2回だけは駆けるように
心がけている "赤いオブヂェ" で、その想定をしていない Xmasの街を駆けました


写真の風景に在る、河川敷沿いへとワクワクしながら急な階段を一気に駆け下って
未舗装の草地を嬉しそうに駆けつつ、楽しく寄り道を愉しんできたワケですけれど
もっと MTBっぽく遊べる領域があるのに、涙を飲みつつ踵を返す決断をしましたよ


・・そう、階段や草地とちがい "赤いオブヂェ" が穢れそうな未舗装路だからです
(まえに「階段をあの勢いで降りるほうが・・」と嗜めて頂いたコトがあります)
(でも階段は泥濘で穢れないのです!・・階段を駆け降りてこそ MTBなのですよ!)


ちなみに私が林道ポタリングの下りなどで、妙に元気が無いときが多いワケは
先輩諸氏から激しく弄んで頂く登坂路で、既に魂と身体が燃え尽きているからです

b0146418_22451010.jpg


まあ、こんな「堪へ難きを堪へ、忍ひ難きを忍ふ」ような想いがありましたので
ブラーリ・・・・とフレームだけの状態になっていた FOES号を復活させるべく
組み上げるコトにしましたよ、もう手足のように私へ馴染んでいる MTBですから


New MTBの Top 600mmのサイズは解決しましたが、彩りで未だに揉めています

b0146418_18121422.jpg


暮れの御挨拶まわりを済ませて、屈辱の転進を強いられた河川敷に戻ってきました


仕事納めも済んだので、心なしか堤防を散歩している方々が異様に多い気がします
ちょっと照れながら、紅顔の美少年のように頬を赤らめつつもロードレーサーを
"所有すらしていない" 純粋な生粋の MTB'erとして勢いを付けて、一気に階段へッ!


「ああっ!」とか「アッー!」っという声を浴びながら駆け下れば「おおー!」と
感嘆の声が聞こえてきます、きっと子供やお孫さんに MTBを勧められるでしょうね
(雁回山さん・・俺、やったよ!!)
(やっちまったよ・・にならなくて、よかったです)

Web Link : MTB黒田塾
(雁回山さん Blog)

そしてガレガレの滑落しそうな激下りの手前にて「ゴクリ・・」と、息を整えたら
堤防から身を乗り出して観ている方々の姿が視界に入りました、もう涙目の私です

決してフロントブレーキを握らないように注意しつつ、一気に駆け下りましたよ
堤防から拍手が聞こえて、思わずフレディ・マーキュリーみたく右手を掲げます
(ナンヤソレ)


・・・・いつか Naoさんを連れて来ようかなあ?

Web Link : FUNRIDE - Nao's Note
(Naoさん WebSite)

でもリアホイールがフレフレになりましたので、今朝は振れ取り作業をしました
(ギャグをギャグとして理解してくださいね)
[PR]

by super-v | 2008-12-30 23:56 | マウンテンバイク

赤い Super V Carbon vol.11   

2008年 12月 28日

春と秋、それぞれの季節に "赤いオブヂェ" で駆けるようにしています

今春も星降る高原の MTBキャンプイベントへ "赤いオブヂェ" を持ちこみましたし
ほとんど冬になってしまいましたが、今秋も Super V Carbonで駆けてきましたよ


そのあと各部の点検をしつつ分解・清掃をしながら、ワックスをかけて磨きます
これから部屋にて定期メンテナンスを施しつつ、また来春に向けて越冬をします

b0146418_23585858.jpg


・・・・って、感じの雰囲気で完璧な走行 & 調度品の計画だったハズでしたが
あの「予定は未定にして決定にあらず」の言葉みたく、冬の街を駆けてきましたよ


可愛いツンデレさんへ赤い cannondale Super V Caebonを "魅せて" あげるために
Xmasの雰囲気が真っ盛りで賑わう週末の休日に街ポタリングを兼ねて駆けました

のんびりポタリングですから、途中にある文教施設にも立ち寄ったりしながらです

b0146418_0143493.jpg


「これがスーパー V・カーボンなの!」と魅惑しまくりの目的を済ませたあとは
Xmas eveにも載せた Xmasの飾りで彩られたカトリック教会にも立ち寄りました


2009では "赤いオブヂェ" に加えて・・"銀や白でもない" 彩り号で来れそうですね
(意味深な記述ですよ?)

b0146418_2359184.jpg


2009モデルから cannondaleのディーラーになられた Shopにも立ち寄りました


学生さんの頃にお世話になって、就職などで地元を離れていたため数十年ぶりに
出向きましたよ、飾られてあった赤い CAAD 9 2009と "赤いオブヂェ" 1996です

b0146418_23593677.jpg


賑やかな街からの帰りは、お気に入りの川沿いを駆けながら帰路につきました
(ちょっとだけ階段を激しく駆け下ったり、未舗装の散歩道を駆けたりしつつです)


先日、この風景とまったく同じ橋を白いので駆けた際の写真を載せましたね
"赤いオブヂェ" に合わせたワケでもないのでしょうけれど、街も木々も赤系でした

見比べてみれば季節感のほかに BBハイトの位置差がサドルの高さの相違になって
MTBとクロスバイクのフレームジオメトリーも確認できて、なんだか面白いですよ


こんどこそ部屋にて定期メンテナンスを施しつつ、また来春に向けて越冬をします

Next > 赤い Super V Carbon vol.12
[PR]

by super-v | 2008-12-28 23:56 | エピソード

これも愉しみのひとつ vol.5   

2008年 12月 26日

"赤いオブヂェ" の話題が続いていますけれど 2008には18年目を無事ですご sh・・

・・・・ささやかな "精神的 & 金銭的" ダメージを伴うトラブルはありましたが
この赤い Blogでは熱狂的なファンの支持を受けているらしい?と見聞きしました
19年目を迎えている "鋼の TANGE CrMoフレーム MONGOOSE号" のお話をします

b0146418_22273569.jpg


12月はじめに駆けた "散策:河川沿いの路" にて撮った MONGOOSE号の写真です
(すこし解像度を修正しています)

あえて未舗装路を繋ぎながら寄り道もしつつ、駆けてきたのは楽しかったなあ


今週はじめの日曜日は雨天でしたから MONGOOSE号をカチャカチャと弄りました
河川沿い未舗装路ポタリングの際から変更・換装したパーツなどを載せてみますね

b0146418_2227494.jpg


TOPEAKのフレームバッグとサドルバッグを Gary Fisherのサドルバッグに変更
 "Made in Costa Rica" とかいうナゾのモノです、反射材に囲まれた逸品?ですよ
 食料などの可搬性も求めてヒップバッグを用いるようになりましたので、古の
 サドルバッグを発掘してきました、青系なので MONGOOSE号にも似合います


・フロントに装備していた Vブレーキブースターを取り外しました、装着をした
 際にも載せましたが
・・やはり後ろ向きに漕いでいる感覚が抜けなかったです


・BONTRAGERフロントマッドガードを装着しましたよ、まえから愛用している
 携帯式リアフェンダーと組み合わせて使えば、雨上がりの道でも安心ですね
 それに伴い TREKと BONTRAGERの、各ボトルケージ装着位置を換装しました

 最近、私の身の回りで急激に増えつつある TREKブランドのパーツたちです・・


・とても使いやすくて愛用している BARBIERIテレスコピックミニ携帯ポンプの
 装着位置を、シートチューブの中程からダウンチューブの下部に移設しました


これらのパーツ類を変更・換装した結果、軽量化と共に低重心化をも果たすことが
できまして、コーナーの倒し込みの際やダンシングの際にマスィンを激しく左右に
振るときにも、慣性重量配分の変更によってもたらされた動的性能の向上が・・


あるらしい?のですが、気楽にポタリングで駆ける程度では判りませんでしたよ

b0146418_222854.jpg


そして "赤いオブヂェ" は cannondale Super V Carbonの銘を持つマシンのように
リア・スイングアームが編み編み Catbon製なのですが、初めて Carbon製である
パーツを MONGOOSE号に採用をしましたよ!・・まづは写真をご覧くださいな!


「俺の MTBは XTR仕様なんだぜ?・・・・ブレーキケーブルだけだがなッ!」
「僕の Roadは Dura - Aceですよ・・・・シフトケーブルだけですけどね〜♪」


コレ系の雰囲気なのですけれど、イイのです編み編みを見るたび愉しいですもの

18年の歳月を経て、さすがに錆が浮いたヘッドパーツを(もちろんスレッドです)
いつか Dura - Aceなんかにしたいかも?・・動作には問題無いのでこのままかも?


"ああだこうだ" と、気軽に試してみるのも愉しみのひとつです

Next > これも愉しみのひとつ vol.6
[PR]

by super-v | 2008-12-26 23:56 | エピソード

赤い Super V Carbon vol.X   

2008年 12月 24日

"赤いオブヂェ" で街を駆けるときも、やはり街のカトリック教会へ立ち寄ります

b0146418_024998.jpg


街は Xmasの雰囲気に包まれていて、街の教会では可愛いサンタさんが木に登って
います・・なんだか、木々の緑と "赤いオブジェ" の彩りは Xmasの飾りみたいです




いま、この瞬間を幸せでいましょう

・・・・だれもが微笑むようになれば
世界はもっと素晴らしい場所になるでしょう




みなさん Merry Xmas!
The Lord's rich blessing you and your household.


Next > 赤い Super V Carbon vol.11
[PR]

by super-v | 2008-12-24 23:56 | エピソード

赤い Super V Carbon vol.9   

2008年 12月 22日

春と秋、それぞれの季節に "赤いオブヂェ" で駆けるようにしています

今春も星降る高原の MTBキャンプイベントへ "赤いオブヂェ" を持ちこみましたし
ほとんど冬になってしまいましたが、今秋も Super V Carbonで駆けてきましたよ


そのあと各部の点検をしつつ分解・清掃をしながら、ワックスをかけて磨きます
これから部屋にて定期メンテナンスを施しつつ、また来春に向けて越冬をします

b0146418_23135477.jpg


・・・・って、感じの雰囲気で完璧な走行 & 調度品の計画だったハズでしたが
あの「予定は未定にして決定にあらず」の言葉みたく、冬の街を駆けてきましたよ


「"赤いオブヂェ" って、本当は実在しなくて CGとかじゃない?」
「へ?いきなり何ッスか??」
「グラデーションメッシュで描いた物に風景レイヤーを重ねたとか?」
「ちゃんと所有してるッスよ?」
「うーん・・スーパー Vの実物を見たことがないのよねー」
「要するに "観たい" わけッスか?」
「ウン♪」
「・・・・なんというツンデレ」

b0146418_2315118.jpg


この週末はイイお天気みたいでしたから、写真の文学施設に立ち寄ったりしながら
まったく想定をしてなかった "赤いオブヂェ" にて、街を駆けるコトになりましたよ

Next > 赤い Super V Carbon vol.X
[PR]

by super-v | 2008-12-22 22:48 | エピソード

茜色の帰り道   

2008年 12月 20日

Xmasの雰囲気に包まれた街や町のクライアントさんを訪ねれば、そろそろ
「2008年もお世話になりました」との挨拶もするような時期になりました


MONGOOSE号で駆けていれば身体が暖かく感じることもある今年の冬ですが
夕刻にはさすがに露出している箇所は寒さを感じますね、冬ですから当然です

b0146418_2338976.jpg


ここも街からの帰路でよく通る道です
外回りがない際も、近所のポタリングでのんびりと駆けたりして通る道ですよ


若人たちのアーティスティックなイラストや、ペイントが描かれていましたが
通ってみて気がつけば綺麗な壁になっていましたよ、また描かれるのかなあ?

b0146418_23383081.jpg


高速自動車道沿いの道なのですよ、稀に MTBイベントへの遠征や仕事の出張で
ココを通られているキャプテンさんの叫び声が聞こえてきそう?な、気もします


夏の季節には MONGOOSE号のトラブルで傷心気味になった茜色の道なのですが
対策を施した現在は、街から林道ポタリングまでもを共にしているお気に入りに
なりましたね・・もうすぐ 19年の月日を経る TANGE CrMoフレームも元気ですよ
[PR]

by super-v | 2008-12-20 23:56 | クロスバイク

赤い Super V Carbon vol.8   

2008年 12月 18日

春と秋、それぞれの季節に "赤いオブヂェ" で駆けるようにしています

今春も星降る高原の MTBキャンプイベントへ "赤いオブヂェ" を持ちこみましたし
ほとんど冬になってしまいましたが、今秋も Super V Carbonで駆けてきましたよ


そのあと各部の点検をしつつ分解・清掃をしながら、ワックスをかけて磨きます
これから部屋にて定期メンテナンスを施しつつ、また来春に向けて越冬をします

b0146418_23203930.jpg


・・・・カンティブレーキが大好きなのです


VOLVO cannondale Teamで "真っ赤な Super V Carbon" と世界を駆けてきて
先日の MTBイベントでも GT DH-iを駆ってダウンヒルを駆ける姿を魅せて頂いた
全日本ダウンヒル 3年連続チャンピオンの鍋島選手も当時カンティブレーキでした

真綿で締めるようなブレーキタッチも好みですが、ブレーキのデザイン?とでも
言いますかカンティブレーキの醸しだす佇まいや動作時の動きも大好きなのです


・・もちろん Vブレーキや Diskブレーキの性能・優位性などは知ってのうえです

b0146418_2321045.jpg


魅惑的でマニアックなデザインのカンティブレーキが巷に多数存在していますし
狭い世界ではありますが、現在でも 2008 Newモデルが発売されている世界です


そんななかで "赤いオブヂェ" に搭載をしたのは SHIMANO BR-R550モデルですよ

とくに派手さもなくフツーのデザインを施された、現行カンティブレーキですが
やはり SHIMANOらしいと言いますか、必要十分で安心の性能・品質って感じです

SHIMANO Webサイトの "判り難い Linkページ" に、個々のフレームへ装備された
カンティ台座とリム幅の数値に合わせたセッティングマニュアルも公開されてます

Web Link : カンティブレーキ BR-R 550のユニットリンクとスペーサーについて
(Linkはシマノ自転車部門ホームページの pdfファイル)


Newフレームや完成車 MTBをゲットしたら、魅惑のマニア系カンティブレーキを
組んでみたいかも?・・そんな想像を膨らませたりしつつ Webを眺めていますね

フリーライドやダウンヒル・・そんな状況には持ち込まない "オブヂェ系" だから
カンティブレーキにしたワケではない!と、皆さんに判って頂ければ幸いですよ
(ギャグをギャグとして理解してくださいね)

Next > 赤い Super V Carbon vol.9
[PR]

by super-v | 2008-12-18 23:56 | エピソード

寄り道をする vol.3   

2008年 12月 16日

なんだか "寄り道をする" シリーズのカテゴリが出来そうな感じもありますね

中心街からの帰路によく通る路があって、もちろん往路としてもよく通っています

b0146418_2048081.jpg


朝夕は通勤・通学の社会人や学生さん、そして散歩道としても皆に使われています
補助輪を外したばかりの小さな子供さんが、駆けている微笑ましい姿も見かけます

b0146418_2048164.jpg


真っ直ぐ帰宅をするのが本当ではありますが、書店とレンタル DVD店に立ち寄り
ました、お父さんだって自転車趣味の他にも・・ささやかな息抜きをしたいのです


そういえばレンタルビデオが、すっかり影を潜めて DVDばかりになっていました

中心街にのみ在ったレンタル "レコード" 店を "かろうじて" 知っている世代なので
カセットデッキ(8トラックではありません!)やフロッピーディスク・ドライヴ
(5.25インチではありません!)などを見かけなくなった頃の寂しさも感じました


そうしたひとときを楽しんでから、家族の待つ家に戻っている私の自転車生活です

Next > 寄り道をする vol.4
[PR]

by super-v | 2008-12-16 23:56 | エピソード

赤い Super V Carbon vol.7   

2008年 12月 14日

春と秋、それぞれの季節に "赤いオブヂェ" で駆けるようにしています

今春も星降る高原の MTBキャンプイベントへ "赤いオブヂェ" を持ちこみましたし
ほとんど冬になってしまいましたが、今秋も Super V Carbonで駆けてきましたよ


そのあと各部の点検をしつつ分解・清掃をしながら、ワックスをかけて磨きます
これから部屋にて定期メンテナンスを施しつつ、また来春に向けて越冬をします

b0146418_23394196.jpg


"赤いオブヂェ" は HEADSHOK Fatty Air UP Grade Kitへと換装をしてありまして
ヘッドショックおじさんの微笑む Fatty Air調整ダイヤルの反対側、コラム下側に
エアーサスペンションのエア調整をするための、エアバルブが設置されています

b0146418_23395738.jpg


この部分がステアリングコラム下側にある調整のためのエアバルブになりますよ


エア調整を施す場合には、必然的にフロントホイールを外す格好になりますから
頻繁に調整をする際など、ほんのちょっとだけ面倒なエアバルブの設定位置です

タイヤチューブの空気圧と同様にエアーは微量に少しずつ減少していきますので
エアチャンバーの容量が少なく、高圧であるサスペンションのエアーも忘れずに
補充しないとですね・・そう、たとえ調度品であれどオーバーホールも必要です


ちなみに "赤いオブヂェ" のリアサスペンションは FOXのコイルスプリング形式
ですので、この Fatty Airよりも定期オーバーホールの頻度が少なく済んでますよ

スプリングは Super V Carbon LGサイズの純正規格である 850 x 1.38のままです


ほぼオブヂェなのに、そこまでの定期オーバーホールやメンテナンスは勿体無いと
言われますが・・乗らずとも、常に最高の状態をキープしておきたいからなのです

Next > 赤い Super V Carbon vol.8
[PR]

by super-v | 2008-12-14 23:56 | エピソード

赤い Super V Carbon vol.6   

2008年 12月 12日

春と秋、それぞれの季節に "赤いオブヂェ" で駆けるようにしています

今春も星降る高原の MTBキャンプイベントへ "赤いオブヂェ" を持ちこみましたし
ほとんど冬になってしまいましたが、今秋も Super V Carbonで駆けてきましたよ


そのあと各部の点検をしつつ分解・清掃をしながら、ワックスをかけて磨きます
これから部屋にて定期メンテナンスを施しつつ、また来春に向けて越冬をします


フレームのヘッドチューブ周囲へアウターワイヤーによる摩擦痕などが塗装面を
侵して、悲しい状態になることを防ぐためワイヤー取り回しの対策を施しました

赤い cannondale vol.5で載せましたように "変速ばなな" というパーツを使います

b0146418_1262176.jpg


思いっきり、ピントがヘッドショックおじさんの微笑む Fatty Air調整ダイヤルへ
決まっていますが・・ヘッドチューブにワイヤーが接触するのを回避させました


cannondale Super V Carbonを通じて知り合えた方に、対策を教えて頂きました

b0146418_1263434.jpg


先輩に adidas 6本線と揶揄される、旧世紀 cannondaleロゴのヘッドチューブ側を
見れば Super V Carbonのヘッド側アウターワイヤー・ガイドの位置が判りますね

リア・ディレイラー用のシフトワイヤーが、写真の上側ガイドを通っていまして
フロント・ディレイラー用のシフトワイヤーが、写真の下側ガイドを通りますよ

フロント・シフターに "変速ばなな" を使って対策を講じたのは下側のラインです


ちなみに私はモーターサイクルと同じく右ブレーキレバーでフロント側ブレーキを
制動していまして、フレーム右サイドを通っている 1本だけのアウターワイヤーは
リアブレーキ用ブレーキワイヤーで、vol.1の際にステムを換装した長さのままです

いつかまた、きっちりとワイヤー類の取り回し・長さの調整をしたいと思いますよ

Next > 赤い Super V Carbon vol.7
[PR]

by super-v | 2008-12-12 23:56 | エピソード