赤が好き

ff0000.exblog.jp

ブログトップ

赤い Super V Carbon vol.4   

2008年 11月 22日

春と秋、それぞれの季節に "赤いオブヂェ" で駆けるようにしています

今春も星降る高原の MTBキャンプイベントへ "赤いオブヂェ" を持ちこみましたし
ほとんど冬になってしまいましたが、今秋も Super V Carbonで駆けてきましたよ


ちなみに部屋の表に出るのも春と秋の季節・・必然的に 2回だけになります
まずは各部のチェックや調整・給脂をしてから、ワックスをかけて磨きます

b0146418_22143565.jpg


サドルとハンドルバーの落差がタイムトライアル・バイク風みたくなってます

下向きの CODAステムに換装しまして、ようやく自然な感じで自由に操りつつ
駆けるコトが愉しくなる、私の体躯に合った雰囲気のポジションになりました


シートポストとハンドルバー中心をホリゾンタル換算での C-Cが 780mm
ボトムブラケットとサドル上面の C-Tは他車と同じ 800mmに設定しています

b0146418_22145262.jpg


Team VOLVO cannondale Missy Giove signature editionの銘を冠している
この cannondale Super V Carbonですから、Missy嬢にならって揃えている
Works Teamも使っていた IRC MISSILEダウンヒル用タイヤを履かせています


もちろん舗装路での漕ぎは・・・・とても激しく重いです

b0146418_221586.jpg


巷で "ヘッドショック・ヲジサン" とファンに呼ばれて親しまれて?いると
噂のエンブレムがステキな HEADSHOKサスペンションで、私は Fatty Airへ
HEADSHOKカートリッジ・ユニットを換装しています、とてもイイ感じです

b0146418_22152872.jpg


トマト刺繍入りの Selle San Marco STRADA Titanium SCHWINNサドルと
まえに載せました cannondale純正アパレルの ボトル in サドルバッグです


旧世紀と新世紀の cannondale純正パーツで揃えたボトルケージも写ってます

b0146418_22154512.jpg


HANDMADE in USAと謳われてマイヨアルカンシェル・カラーに彩られている
エンブレムはココにあります、グラマラスなボディーですが意外に軽量なのですよ

b0146418_22172959.jpg


バーエンドを握ってダンシングをしたりしつつ、なんだか後方から推されている
ようで不思議な Super V Carbonモデルの乗り味を満喫したのちに帰宅しました

さっそく各部の点検をしつつ分解・清掃をしながら、ワックスをかけて磨きます
これから部屋にて定期メンテナンスを施しつつ、また来春に向けて越冬をします


春の季節に Super V Carbonを駆る際は MTBのシーズンオフになりまして
秋の季節に Super V Carbonを駆る際は MTBのシーズンインになりますよ

Next > 赤い Super V Carbon vol.5
[PR]

by super-v | 2008-11-22 00:00 | エピソード