赤が好き

ff0000.exblog.jp

ブログトップ

ボトル & ボトルケージ vol.4   

2008年 10月 30日

ボトルケージ・レフティと銘付けて FOES号に取付けた TREKのボトルケージは
「ディスカバリーチャンネルチームがもっとも過酷なロードレース」
「ツール・ド・フランスで使用」と、なんだか誇らしげな説明をしてありました

林道ポタリングで二足歩行が不可能だったほど荒れた落下系路面を通過した際にも
しっかりボトルを保持したままで、さすがにツール 7連勝の実力を垣間見ましたよ

b0146418_19555992.jpg


そして MONGOOSE号に換装してからも「ここだけランスのマドン・・」なんて
ひとりイイ気分に浸ったりしながら TREKのボトルケージを愛用をしてきました


ダウンチューブに BONTRAGERのボトルケージで
シートチューブに TREKのボトルケージを装着しています

b0146418_19561198.jpg


外回りでファーストフードを頂いたりしますので、お気に入りの場所まで移動を
する際にも重宝しています、ドライブスルーを利用したワケではありませんよ?


しかし先日、油断してペットボトルを TREKのボトルケージに挿して駆けました

BONTRAGERのボトルケージは、なかで跳ねない限りは落下がほぼ無い形状です
でも TREKのボトルケージに挿したペットボトルは斜め下方行に消し飛びました
(自己責任ですね)

b0146418_19562056.jpg


もう・・こんなに悲しく切ない気持ちで路面の液体を見つめるのはイヤですから
もう 1個 BONTRAGERのボトルケージを購入してきたので完全無欠で最強ですよ

もちろん今回もカーボンコンポジット系の高級品ではないです


この BONTRAGERのボトルケージはカラーが豊富でレッド・ピンク・ホワイト
ブルー・パステルブルー、このブラックがありますから Shopで悩みましたけれど
あのときみたいに「やばいな・・」って、体験を思いだしたので自制をしましたよ


とても使い心地がよくて性能も一流である TREKのボトルケージは、激林道探索や
MTBイベントを駆ける際に向けて購入予定の "Newマシン" で使うつもりでいますよ
(いつになるコトやら・・です)

Next > ボトル & ボトルケージ vol.5
[PR]

by super-v | 2008-10-30 20:48 | エピソード