赤が好き

ff0000.exblog.jp

ブログトップ

Reproduction   

2008年 10月 06日

街を駆ける時や林道ポタリング、そして MTBイベントへ参加する際までも常に
質実剛健で頼れる FOES号ですがフレームの H-Ball Rachingの銘が表すように
本来はダウンヒル初代世界チャンピオンのために作られた MTBです

登坂を視野に入れて弄れば弄るほどに FOES号は、そのバランスを崩します

b0146418_1352939.jpg


先日の Blogで、ほんの少しだけ匂わせるようなコトをラストに載せました
先月終わりから、あの "使途不明自転車" を懲りずに再生して乗っています

b0146418_212261.jpg


まえから欲しがっていた、身体に合ったサイズに好みの色である Newマシンで
しかもフルカーボン・フレームだったりすると、文句なしに最高!なのですが
「好きな自転車で世界を旅していいわよ、でも家に一生帰ってこないでね♪」
妻にこう言われることは火を見るより明らかです、今は耐えるしかありません


初夏の頃に載せた姿とちがって "ボトルケージレフティ" に装着をしていた
TREKや BONTRAGER製の、今風なデザインのボトルケージになっています
(cannondale乗りなのに TREKブランドパーツかよ!という指摘も頂いています)
(cannondaleの今風な "チタン & カーボン系" ケージは目眩するプライスなんです)

b0146418_22451010.jpg


ところが、今月はじめに林道探索ポタリングを予定していたのを失念していた
ために、FOES号から MONGOOSE号へ全パーツを換装したのは完全なミスでした

FOES号は例によって写真のような状態ですし、また組み直す気にもなれません

b0146418_21333244.jpg


そこで MONGOOSE号のギアクランクをダブル > トリプルにして、とりあえず
林道ポタリングの登坂などでも MTBのインナーギアを使えるようにしました

そしてタイヤを 700x28cのスリック > 700x38cのオールラウンドへ交換です
しかし Shopの在庫が 1本しかなくて、リアがスリップして登坂ができない系の
状況なのはイヤでしたから、緊急回避策としてリアタイヤのみを交換しましたよ

店「コーナーでリアがグリップして、フロントが滑る仕様になりましたね」
私「それって絶対に超避けたい涙目が必須な雰囲気のパターンですね・・」

b0146418_21491661.jpg


今回はじめてお会いする MTB'erの仲間も参加されるとのコトを伺いましたから
使途不明自転車プラス変態色彩だったら、もう救いようのない印象を与えそうで
サドルを真っ赤な Rolls Due > SPECIALIZED BG Sportsへ換装をしておきました


ぢつわ、この写真を撮った後に調子に乗ってつい・・いつもの無茶な MTB系で
自由奔放な乗り方をしてしまって、またまたスポークを折損してしまいましたよ

もう思いきってスポークとニップルを最強最新仕様に全交換してもらいました!
SHIMANOの Newホイールが買えそうなプライスになったため涙眼になりました


スリックパターンのままであるフロントホイールを "見なかったことに" すれば
なんだか当初憧れていた "カラテモンキー" のような佇まいになった気がしますが
CrMo鋼フレーム "だけ" が共通で "気のせい" なのは、私本人も自覚をしていますよ

この仕様で拳大の石や FOES号が自立する深さの轍が待つ林道探索へ向かいました
[PR]

by super-v | 2008-10-06 22:08 | クロスバイク