赤が好き

ff0000.exblog.jp

ブログトップ

勝者の銘を冠する MTB   

2008年 08月 20日

MTB世界選手権を制した勝者の銘を冠している特別な存在のモノとはいえ
私の駆っている 2台の MTBは、どちらも既に旧世紀から存在しているモノなのです
(1台は "駆っている" よりも "飾っている" と指摘されつつあります)

最新型の MTBに乗せて頂いたりするたびに「うん、いいなあ」と欲しくなって
感動をしているのが正直な感想ですが、グラスを片手に煙草の煙を燻らせながら
愛機を並べて眺めるひとときに、勝者の銘を冠する 2機の MTBの存在感は格別です
(そのように優雅な趣味はありません)

b0146418_193857.jpg


"赤いオブヂェ" が、愛燦々とした陽光のもとに登場することは極めて稀ですから
cannnondale Super V Carbonと FOES号が、同じフォトフレームに収まることも
非常に稀なことなのですが、よくよく探してみれば 2枚ほど写真を見つけました

この同じように勝者の銘を冠する 2機の MTBは、もちろん全く異なるブランドで
創り出されたモノですし乗り味も全く異なる特性を持っています、細かいコトを
抜きにしてみれば FOES号のリア・サスペンション形状は URTを採用しています
(URT : Unified Rear Triangle)

b0146418_23573095.jpg


b0146418_2335790.jpg


これらの写真みたく BBがリア・スイングアームと一緒に稼働をする形式ですね
URTを採用した進化版は iDrive・ISO Drive・Free Driveがメジャーでしょうか?


チェーンラインが安定していたり、ペダルに微細なキックバックを感じないなど
優れた点もありますが、ペダルが路面と連動して動作するのを微妙に脚へ伝えます

最新型の iDriveは、そのような私の感覚的な好みなどは何処かへ錐揉み飛行して
宇宙の果てに飛んでゆくみたいに無視されて、悪路を掴み "なめるように" 路面を
追従しつつ登坂したり、駆け下るような謎の雰囲気を持つ脚回りに進化しています


2008に cannondaleブランドが iDrive・ISO Drive・FreeDriveのブランドと同じ
傘下になって、同じく URTを採用したサスペンションになるのかも気になります

b0146418_1562454.jpg


そのようなコトを想いつつ、高原天文台 MTBキャンプイベントの夜にテントの傍で
なんだか優雅な気分になり、コーヒーカップ片手に煙草の煙に咽せて咳こみながら
月明かりに照らされて佇んでいる "アルカンシェルカラーを纏うことを認められた"
勝者の銘を冠する 2機の愛機を眺めて MTB'erとして至福の時を静かにすごしました
[PR]

by super-v | 2008-08-20 23:56 | マウンテンバイク