赤が好き

ff0000.exblog.jp

ブログトップ

もうすぐ梅雨の季節なんです   

2012年 06月 06日

この赤いブログではシリーズを化している "地味なメンテナンス"のコトなのですけれど
私のなかではコレを略して "ジミメン"のシリーズって感じで、面白可笑しく捉えています


さてさて、このまえの "地味なメンテナンス vol.10"では Hayes Disk Brakeのコトでした
私が使っている Hayes Strokerって純白の彩りですが、もしも紫色の彩りだったりしたら
それってジミ@ンでパープルへイズだな・・なんて、独り薄笑いを浮かべたりします
(ククククッ!・・・・えっ?キモい??)

b0146418_2155515.jpg
・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

夕刻を迎える頃になって、やっと雨がやみましたのでキコキコ〜♪っと駆けてきましたよ
黄金色に実りつつ風に揺れていた麦も狩り穫られて、梅雨を迎える準備も整ったようです


ブレーキフルードの補充・交換時やエア抜きの際に、ブレーキパッドを濡らす話を聞いて
青く蒼き TREK号のリアキャリパに装着してあるブレーキパッドへ、ブレーキフルードを
あへて垂らしてみました、そのあとにブレーキクリーナーで清掃をしてから試乗をすると
たしかに「なんじゃこりゃあ!」って感触と効き具合でしたので、煮沸行程に移行します

キッチンの鍋を使うと妻が激怒しますので、キャンプなどで使うアルミホイル製のモノにて
5分間 x2セットの煮沸を施したのちに、予め用意をしていた氷入りの冷水で瞬間冷凍ですよ
(なんだか刀匠になったような気分です♪)

この程度ででナニか起きるのであれば、ハードブレーキングでディスクロータが赤熱をした
状況のまま、ウオータースプラッシュへ突撃するような超絶過酷のレースに耐えられません

すくなくとも私が換装をした Steve Peat Proの勇姿が輝くパッドは、ヤワでないハズですよ


とわ言っても、ぷちドキドキしつつブレーキパッドの装着をしてソローリと駆けてみます
ブレーキレバーを握ると、盛大に消魂しく「ぎょぎょぎょぎょええ!」と鳴きまくりました

なぜか嬉しくて楽しい気分になりながら何度か繰り返していると、高湿度の日や雨天時に
停止をする際みたく「ぎょえっ!」と鳴くほどに治まって、レバーのタッチも自然な感触で
舗装路でもフルロックの効きが戻りました、当然ですけれど未舗装路だと十分な制動力です
(むかしはクルマなどのレーシングパッドって鳴くのがフツーでしたので音は気になりませn)

せっかくなのでフロント側でも試しましたけれど「ぎょえっ!」を除けば、問題なしでした
たぶん、お陽さまキラーン!で乾燥をしちゃえば「ぎょえっ!」も聴こえなくなるでしょう


まぁ、まえに我が MTB'erな先輩も試されていますし・・自分でも体感してみた感じかもです
(もちろん Your own risk = 自己責任ですし・・・・てゆーか試す必要もないコトですよ?)

b0146418_21555995.jpg
・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

左右のシートステーとチェーンステーを繋ぐ補強のブリッジがないのは、未だに違和感g(ry


そして、燐酸亜鉛仕上げの黒墨色がカッコよく堪らないリア・カセットへ戻しちゃいました
この 29'er MTBのホイールって、リムが黒き彩りの仕上げなので引き締まった感が強いですよ

9 Speed仕様に比べてマッチョでゴツい・・実際に太いのですが 8 Sppedチェーン仕様です
34Tのハイギアはそのままで 30Tのギアがないだけだから、まったく問題無しかもなのです!
(なにか凄まじく激しい間違いを犯しているような気もしますけれどっ!)


雨天のたびに「赤錆がっ!」って心配も要らない、アルミフレームの良さも再認識をしました
(ギャグをギャグとして理解をしてくださいな)
[PR]

by super-v | 2012-06-06 23:56 | マウンテンバイク