赤が好き

ff0000.exblog.jp

ブログトップ

MTBの楽しみ vol.6   

2011年 07月 14日

まえにも載せたのですけれど、私はスタンディングやバニーホップ etc系なんていう
覚えていれば便利で楽しくなるであろう基本の技法を、まったく習得していませんよ

もちろんキツいカーブの途中や激障害物などのまえで、姿勢を整えたりする程度なら
MTBに乗ったままで、スタンディングとはいえないまでのプチ停止などはしています


いまもヤングですが、未舗装路なモーターサイクルでも遊んでた若者だったですし
緑の高原で塾長さんが開催なさっていた MTBスクールへ参加をさせて頂いた際なども

塾長さん「はい、ここではリアが流れる感覚を経験してみましょう」
皆さん「はーい!」
塾長さん「そこの赤いの!脚を出しつつ滑らせていくなボケェ!!」


塾長さん「さて、階段は衝撃を逃がしつつバランスを取りましょう」
皆さん「はーい!」
塾長さん「そこの赤いの!いっきに全段飛び越りていくなゴルァ!」

こんな調子で、魁!黒田塾の塾長さんに精神注入棒や鉄拳で制裁を加えられました


Web Link : MTB黒田塾
(実在する塾長殿は上記の内容とちがって凄く優しい方ですよ?・・・・たぶん)


そのような風に 2輪車を操る "慣れと勢い"のみで、いままでは駆けてきた感じなのです
ちょうど重度火傷で脚部の自由も効きませんし、基本を覚えようなんて気になりました

ええ・・火傷で怪我をしていなければ謙虚な気持ちにはならない性格ですよ、ハッハー!
(うわーなにをするきさまらー)

b0146418_14304688.jpg
・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

さてさて、画像は 2011星降る高原の MTBキャンプでのヒトコマなのですけれども
CSCS-Rの皆さんたちが競技説明などをしているトコです、高年齢化が目立ちまs(ry
(うわなにをするきさまr)

我が愛娘の愛機である桃色号のもとには、ヒップバッグ HEADSHOK Woody杖なども
写っていますが、そのさきに純白パーツで揃えている爽やかな赤い屍号も転がっています


MTBイベントも佳境を迎える頃に、プロパフォーマーを生業になさっている Naoさん
この屍ブランドな VooDoo号で遊んでいる光景が目に入りまして、動画を撮ってみますよ

Web Link : FunRide Nao's Note
(バイクトライアル・パフォーマー Naoさん WebSite)




2011 CSCS-R MTB 2h 耐久走行会 in 清和高原 〜夏〜で Naoさんを撮った動画です
(動画は YouTube Movieです・・YouTubeのロゴをクリックすると大きいのを観れますよ)


イベントの画像を撮るために、バッテリーやメモリを節約するので超短時間の動画ですが
信号待ちでスタンディングどころか、お箸で御弁当を食べちゃいそうな手放し状態でした
林道の Y字路なんかで、紙媒体の地図にコンパスを合わせつつ確認するのも良さそうです

ソレを眺めつつ、逆に "なんだか・・もうね"ってな気分に包まれたのでスタンディングを
会得しようってモチベーションは綺麗さっぱり消え去りましたが、基本は大事なハズです


私が居を構える南の島でも MTBの学校が開催されています、探してみれば皆さんの近く
でも開催されているかもしれません、MTBイベントでも併催をされていたりもしますよ
マイヨアルカンシェルな高域の方も、興味を持たれたレベルの方もぜひ参加しましょう!

Web Link : MTBの学校
(ob-Qさんが南国の島で開催をされている MTBスクールです)

MTBスクールで知り合えた方々と、いまよりもっと MTBの楽しさを知ることができるかも
しれませんし、いっしょに MTBで何所かへ遊びにゆくようなコトになるのかもしれません




caution!
ほかのヒトたちと駆ける際は先導もしますが「このヒトたちに誘われるときだけキツいよ」
なんて実体験があります、あの王滝 SDAに初挑戦して全員完走 & さらに表彰台登壇なんて
脳細胞までもが筋肉で形成をされている、脳筋隊と呼ばれるヒトたちと遊んでいたのだと
あとになり気がついたりしました、ほかにも未舗装路どころか真っ平らの川底を駆けさせ
られたりもします、彼らは「うけけけ♪」って奇声 etcを発しますので覚えておきましょう

Web Link:Bicycle in my life
(" 脳筋隊 " ミヤモッちィさん Blog)

Web Link : DOUBLE TROUBLE
(" 脳筋隊 " Daijyaman kkさん Blog)

WebLink : wheelogy
(" 脳筋隊 "ナイトライダーさん Blog)

(ギャグをギャグとして理解をしてくださいな)

Next > MTBの楽しみ vol.7
[PR]

by super-v | 2011-07-14 14:28 | エピソード