赤が好き

ff0000.exblog.jp

ブログトップ

赤い Super V Carbon vol.29   

2010年 05月 04日

Golden Weekになってから、なんだか春を通り越して初夏を迎えたような気がする陽気です
あとすこしで MTBのシーズンオフになりそうだから "赤いオブヂェ" で駆ける日も近いかも?


そういえば Team Liquigas cannondaleで薬物疑惑の報道を見聞きしました・・なんだかなあ

b0146418_31823.jpg
・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

ほぼ 2Fでの調度品と化している・・真っ赤な cannondale Super V Carbonなのですけれども
常に臨戦態勢スクランブル待機のメンテナンスを施していますので、すぐに駆けれる状態です
(なんだか HEADSHOK Fatty Airに毎回施す定期オーバーホールに掛かる出費はイタイかも?)


この "赤いオブヂェ" は妻を娶ってからも、ながく寝室のベッドサイドに鎮座させていたので
たぶん、私たちの愛の育みも "視て" ・・R18指定のためカット・・で、愛息を授かりまして
彼がベビーベッドから眺めつつ育った 1/1スケールの "赤い自転車の玩具" だったみたいですよ
(ちいさな手で触ったあとや・・ "かじってみた" あとがベタベタとイッパイついていましたよ)


どうも私が自分で砂塵や泥濘に塗れさせるのは無理っぽい気分なのですが、彼が大きくなって
駆けるコトで Super V Carbonが MTBらしく使われるのはイイかな?などとも思っていました

b0146418_314262.jpg
・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

そうして、よちよち♪・・と掴まり歩きをはじめて両親や私たちが喜んでいた頃でしたが
彼は大病を煩わって、まえにも載せた画像みたく Wheelchairを必要とする身体になります

彼が NICUに入っていた病院を抜け出して、夜の公園で桜が咲き誇っている空を仰ぎました
春には桜花が満開になる季節になりますけれど、赤いブログにて載せない理由はソレですよ
(ちょっとづつ「ああ・・やっぱし綺麗なのかな」と思えるようにはなっている気もします)


そして "赤いオブヂェ" を彼に譲るコトは文字通り "夢" になりました、それも理由なのかも
ですけれど上記画像の赤い Wheelchairが 4号機・・リンク先へ載せたモノは 2号機でして
毎回 DeRosaや PINARELLOのトップモデルが購入可能な金額に負担をしてでも、軽量の
フレームや夏でも快適にした、ワンオフ仕様の "赤い Wheelchair" を愛息の愛車としました


私が大好きで愉しく駆けている MTBに彼を乗せてあげれなかった、親としての自己満足です

b0146418_325456.jpg
・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

そのような桜花の季節を終えて、ずーん・・と沈んだままで迎えた盛夏に「おぎゃー!」って
元気があり余った健康優良児で、きっと妻のおなかに "ちんこ" を忘れて来たのではないか?と
思うほどの "超おてんば娘" を授かりました、それから彼女は我が家の元気の源になっています


なぜか "きをつけ!" で写っていますが、この桃色 SCHWINN号に付いている補助輪の走行音を
ごろごろ♪と鳴らせつつ、いつも私の日課な夕刻のポタリングに "くっついて" きていましたよ
(正確には・・いまでも隙あらば "くっついて" きています)

b0146418_335862.jpg
・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

そのうちに補助輪がなくても駆けれるようになりまして、さらに彼女の行動半径が広がります


三輪車の頃に与えていたヘルメットも小さくなり、私のよりも遥かに高級でエアインテークの
数も多くて今風のデザインを施されたヘルメットを与えました、私のモノは妻に却下されまsh
(いつか "赤い水玉模様" にしちやる!・・・・激登坂は嫌いだけどデザインが好きだからっ!)

b0146418_352777.jpg
・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

気がつけば、すくすく♪と成長をしまして・・まあ現実には食費や服代で判ってはいますが
BMXバーへ、つかまるように駆けていた彼女には桃色 SCHWINN号も小さくなっちゃいます


MTBイベントのキッズレースでボディウムに立ったりして、その頃は妻もノリノリ♪状態で
サスペンションフォーク付きの Jr.MTBなどを観ていた、とっても微笑ましい家庭でしたが
愛娘が小学校に進学をして、町のマラソンで代表に選ばれたり県の美術展で特賞を取ったり
しはじめてから、妻が通知表を微笑みながら眺めるようになりまして「はぁ?MTB??」
いった、けしからん態度になりましたので「それでも MTB'erの妻かッ!」って厳しく叱りm
(もちろんいえません)


それでも、私は MTB'erであり・・愛息が "赤いオブヂェ" を触って愛でる姿を "視る" たびに
せつない想いをしますし、父親として孤独に闘い続けて愛娘の Newマスィンをゲットします
(愛息に「あまり触ると指紋がつくではないか?」とかいったり・・うわなにをするきさまら)

b0146418_372386.jpg
・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

サスペンションフォークに Vブレーキ仕様を奢った、本格的な Jr.MTBではなくなりましたが
MTBスタイルな桃色の Jr.サイクルで嬉しそうに駆ける彼女を観て、私も嬉しくなりましたよ

初期装備で装着をしてあった、せっかくのマッドガードは彼女の好みに合わなかったらしくて
取り外します、付いているほうがイイのに「お父さんも、おじちゃんたちも付けてない!」
少女の主張をされたら返す言葉がなく、でもカゴは習い事でも便利だと気に入ったらしいです
(母や妻が新陰流とか亀仙流?なんて流派の "お花" を習わせてますが・・私は興味がないです)

b0146418_51212.jpg
・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

この桃色号の購入をする際に、お店の方が「2年生だったら 24インチは大きくないかな?」と
教えてくださったのに、彼女が「フレームに跨がって脚が届く高さだから大丈夫です!」って
応えた際には私の顔から火が噴き出そうなほど恥ずかしかったですよ、プロの方にそのような
受け答えをするなんて・・おませな彼女も、まだまだ世間知らずの子どもだなあと思いました


さっそくリアブレーキで、このときに川原で雁回山さんが教えてくださったテールハッピーな
おしりフリフリ♪のスライドダンスを練習していたので、フロントブレーキとリアブレーキの
使い方をもういちど教えてから、下りをスタンディングで駆け降りさせたりして遊びましたよ

Web Link : MTB黒田塾
(雁回山さん Blog)

b0146418_502084.jpg
・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

Golden Weekは子どもの日でもありますので、彼女の桃色号の初ポタリングも兼ねちゃって
朝から国際展示場にて開催されていた、フレッシュ・プリキュアショーを楽しく観てきました
遊園地のほうではハートキャッチ・プリキュアショーを開催していたのでプリキュア全開です
(私が観たいのではないのですよ?・・真っ赤なキュアパッションたんが居なくて凄く悔しかtt)


ロングフラットダートを駆けてみたりしながら、ちょっと長めのポタリングをする途中に在る
町の文教施設へ立ち寄りまして休憩をしました、併設をされている図書館で本を選んだあとは
よく私が「ぐぬぬ・・」って、嵌った際に立ち寄る親水公園で遊んでから帰路に着きましたよ

この日はブロックタイヤを履いた MTBスタイルの Jr.サイクルで 20kmほどを駆けたのですが
彼女は Newマスィンをゲットした嬉しさもあったのか、とても元気なままで帰宅をしました


春の季節に Super V Carbonを駆る際は MTBのシーズンオフになりまして
秋の季節に Super V Carbonを駆る際は MTBのシーズンインになりますよ


彼女が「キャノンデール・スーパーVは私が乗るもん!!」というたびに、あれを駆るほどの
体躯になるのは、ちょっとなあ・・なんて思いつつも、嬉しくなったりする気持ちもあります
(ギャグをギャグとして理解してくださいね)

Next > 赤い Super V Carbon vol.30
[PR]

by super-v | 2010-05-04 23:56 | エピソード