赤が好き

ff0000.exblog.jp

ブログトップ

まだだ、まだ終わらんよッ!   

2010年 04月 16日

うら若き乙女学生さんに「・・いえ、それはナイですw」と、もう禁呪文のような破壊力に
満ちた言葉を貰って、マチョイズムの証しみたく前方に激しく突き出てる黒く太い突起物
誇るバーエンドバーを外したついでに、ヤングなライザーバー仕様に再度挑戦をしましたよ


そして VooDoo製である、キモい雰囲気も併せ持つ「・・・・なんだぜ????」って風に
なりましたので、ちょっとだけイイ雰囲気になったかもしれないんだぜ?と思っていました

b0146418_21341815.jpg
・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

あの純白な scicon製エラン 210ホワイトローラー 2.0サドルバッグのほうは雁回山さんチで
テストちうです、インプレッションなども載せてくださいましたので訪れてくださいですよ

WebLink : MTB黒田塾
(雁回山さん Blog)

ロング系の林道ポタリングに出向く際には、予備チューブなどサドルバッグに載せるほうが
身体への負担は減りますので、この scicon製の "Roller System 2.0" を採用・搭載している
サドルバッグでしたら、大容量のモノともワンタッチで換装が可能になります・・いいかも?
(なんていっても現時点の国内入荷モデルだと "ヒポ 550" か "エラン 615" での容量になります)

b0146418_21344832.jpg
・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

その scicon製のサドルバッグを雁回山さんへお渡しをさせて頂いたのは、星降る高原での
コースメンテナンスを施した際なのですけれど、そのときにコースも試走をしてみたあとで
お昼ごはんを頂きつつ、雁回山さんも試されているライザーバーのコトを教えて頂きました

ほんのちょっとのポヂションの変更ですが、超激登坂の際にはフロントが浮きやすくなって
いるコトや、そのために身体を前傾させるときには掌が "ハの字" になったような感じのまま
上半身を伏せるような・・不自然な雰囲気になるというコトなどもお伺いさせて頂きましたよ


たしかに "せくしいなお尻" を前方のほうに移動して、サドルの先端が "たいせつなところ" に
グサッ!っと「突き刺さりそうなんだぜ?・・アッー!」なんて雰囲気の超激登坂路になると
フロントがポンポン!でわなく、ゆっくりとフワーリ♪って感じで浮きやすくなっていました

こんな感じでは、ナンのために "ピュア XC ハードテール MTB" をゲットしたのか判りません
でも・・うら若き大和撫子な乙女学生たんに「うふふ・・クス♪」って笑われたくもナイです
(気持ちだけは赤ちゃんの作り方も知らない純真無垢で紅顔の少年だもん・・うわなにをする)

b0146418_21353929.jpg
・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

たしか?あれ??"アレ?ック・イシゴニス卿"・・ちがう、やはりサイクリスタだったならば
"アレ?ックス・モールトン卿" のほうを思い浮かべてギャグにするべきなのかもしれません?


まぁ、なんとなく気付いたのは "バイクストア・ファブリカ" さんにあった MTBのハンドル
バーに、マチョイズムの証しみたく "前方に激しく突き出てる黒く太い突起物" みたいモノで
なくて、ちょーお洒落!っぽくライトなバーエンドバーが装着してあったのを思いだしました

WebLink : Bike Store Fabbrica
(明日から緑の高原で開催される ob-Q MTB Carnivalにも出陣をなさいますよ)

Shopを訪ねてみますと、けっこうまえから販売をされていたバーエンドバーを装着してある
MTBが在りましたので、その懐かしいパーツとダブルロックリング形式のグリップも併せて
ゲットをするコトにしましたよ、純白の scicon製サドルバッグに伴う一連の紅白シリーズ
合わせた純白のグリップにしようと思いましたけれど・・アドバイスに従ってヤメましたです
( 砂塵や泥濘塗れの林道ポタリングを楽しみますので・・純白はヤメたほうがイイらしいです)


ですので、まづは sadaさんも cannondale Rize号で愛用なさっていた TOKEN製のグリップを
選びました、コレもロックリングが純白や赤紅のモノがあるのでクラクラ・・しましたけれど
青く蒼き USA!な想いがありますので青色に輝くパーツを選びまして、バーエンドバーの色も
青色に彩られている serfas Dual Density バーエンドバーをゲットしました、イイ感じかもです

WebLink : sadaの気晴らし日記
(sadaさん Blog)

b0146418_21355637.jpg
・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

なんだか「まだだ、まだ終わらんよッ!」って感じで、超激登坂に挑む XC MTBの証でもある
バーエンドバーを装着した精悍なフラットバー仕様の佇まいが VooDoo号に戻ってきましたよ

しかも、ちょっと危険人物みたく変態の雰囲気も漂う異形なバーエンドバーを装着しましたし
たぶん、自転車趣味を知らない初心な乙女からの・・熱き視線も浴びないまま目立たないです


そしてハンドルバーまわりは青く蒼き彩りで占められましたし、その流れを際立たせるため
シートチューブ側のボトルケージを Minoura製の蒼き DuraCageから Bontrager製の純白系な
Race LiteCageへ換装しました・・ちょっとづつ VooDoo号のモディファイを楽しみちうです
(ギャグをギャグとして理解してくださいね)

Next > ちがうのだよ!
[PR]

by super-v | 2010-04-16 23:56 | マウンテンバイク