赤が好き

ff0000.exblog.jp

ブログトップ

涵養原生林林道の林道ポタリング vol.5   

2010年 03月 28日

この涵養原生林林道は MONGOOSE号や FOES号でも訪れている、私がいちばん大好きな
林道ポタリングのルートですよ、鳥のさえずりや水音を聴きつつ木漏れ日のなかを駆けて
しかもインナーギアを駆使した登坂も楽しめちゃう?・・気軽で楽しい未舗装路なのです

遠いむかし遥か銀河の彼方で・・ちがう、ず〜っとまえに私が暮らしたコトがある町でした
この涵養原生林林道の入り口はヒントさえ聞くなら、ほとんどの方が瞬時に判るメヂャーな
ポイントなのですけれど、とってもデリケートな環境でもありますし・・伏せておきますよ


あ、もちろん "赤いオブヂェ" で駆けたことはナイのですよ・・・・だって未舗装路だもん?
(うわーなにをするきさまらー)

b0146418_23361190.jpg
・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

稼いでいた高度をいっきに駆けくだる林道公園の路にて、来場者数の調査に記載をしたあとは
はじめの案内板がある分岐路に向かって「XTパラレルリンクの Vブレーキシューが減るなあ」
なんてコトを考えながら駆け下ってゆきます、 ちなみにリアブレーキのほうは Deore仕様です
(気がついたら・・XTパラレルリンクの Vブレーキはシマノのカタログから葬られていました)


画像にある右カーブ外側の壁面で、バンクを駆けるみたいに疾走が出来ればカッコいいかも?
なんて風に思って駆け登ってみましたが、下のほうで無理にキャンバー走行をする感じでした

この右カーブをおえると案内板がある分岐路まで、あとはまっすぐ駆け下ってゆくだけですよ

b0146418_2337944.jpg
・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

このように木漏れ日のなかを、渓流のせせらぎと鳥のさえずりを聴きながら駆けてゆく道です
往路とは渓谷の側が入れ替わっている、はじめにも載せた涵養原生林の林道を駆けてゆきます

そろそろ 15:00ちかくになっていて、木漏れ日から漏れる陽射しも柔らかくなっていましたよ


2010も MTBのシーズンオフを迎えようとする 5月になれば、あの "Giro de Italia" がはぢまり
草木が生茂って昆虫も闊歩しまくる MTBのオフシーズン真っ盛りな 7月にはサイクリスタが
騒ぎだす "Le Tour de France" ですけど、私も毎年その時期には「ああ Cinelli・・」と呟いて
"赤いオブヂェ" を競売に懸けたくなりつつも、ココの風景を想いだして MTB'erを続けています
(涵養原生林の林道の未舗装路区間が消えたら赤い Blogは終わr・・うわなにをするきさまら)

b0146418_23372613.jpg
・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

でも大丈夫なんだぜ?・・・・だってちかくに "もうひとつ原生林の林道が在る" からだぜ!
(うわーなにをするきさまらー)


まぁ、そのような風に大好きな涵養原生林の林道ポタリングを楽しく愉しく駆けてきました
この林道ポタリングは "♪Are You Gonna Go My Way" なので 17:00までには戻らなきゃです

もちろん往路と同じみたいに、ナンの楽しみもない舗装路をナニも考えないようにしながら
淡々と、ブロックタイヤの派手なタイヤノイズを聴きながら黙々と駆けてゆくワケなのです

でも、なんだか復路では「このほうがイイかな?」とか「あれがイイよなあ?」なんて風に
VooDoo号のモディファイみたいな?コトを考えつつ駆ける気分になって楽しかったかもです


そして「MTBは最鋼で最狂〜♪」と戻る帰路で、上記画像みたく New!な未舗装路発見かも?
さすがにココは時間もナイので帰宅しましたよ・・また MTB'erとしての楽しみが増えたかも!
(ギャグをギャグとして理解してくださいね)

Next > 涵養原生林林道の林道ポタリング vol.6
[PR]

by super-v | 2010-03-28 23:56 | エピソード