赤が好き

ff0000.exblog.jp

ブログトップ

ボトル & ボトルケージ vol.14   

2010年 02月 14日

我々人類の身体は 60〜70%ほどが水分らしいです
古の旧世紀には激しい運動の際にも "気合!" で乗りきる雰囲気でしたが
現在は適宜の水分補給が大切なコトは、皆さんもよく御存知かと思います


トップチューブ・ダウンチューブ・シートチューブに囲まれている部分を、フレームの
前三角といいますが、ダブルサスペンション系の MTBはソコにボトルケージ 2コを配置
するコトは無理なモノが多くて、さらに私の FOES号は 1コでさえも積載が不可能でした
(フレームサイズが大きいのはヘッドチューブが加わって前四角と揶揄されまs・・うぐぅ)

いつも激しく超未舗装路を駆けている "Red Super V" はボトルケージの 2コ装着が可能ですし
(うわーなにをするきさまらー・・・・はいはい "オブヂェオブヂェ")


てなワケで FOES号にもボトルケージを 2コ装着したくて血の滲むような努力をかさねました

b0146418_2182143.jpg
・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

そのように、もう・・私には "トラウマみたい" になっているボトルケージの装着なのですが
フツーに 2コ搭載をするコトが可能な VooDoo号になってからは心のキズも癒えつつあります

さらに、なんだか心の余裕も生まれつつありましてレーシー感のみを求めているワケでなく
上記の画像に載せた TOPEAK製の モジュラーケージ EX2を引っ張りだしてきて使っています


ダウンチューブのココへと装着をしたボトルケージには "抜きやすく挿しやすい"ってコト
第一条件としての性能を求めて Le Tour De France 7連勝のボトルケージを使っていますが
林道ポタリングだけではなく、普段使いにとっても便利なTOPEAK製のモノへ換装しました

サイクル・ウォータボトルに限った保持力や抜き挿しの性能は TREK製 BAT Cageが最強かも

b0146418_2183932.jpg
・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

フツーのサイクル・ウォータボトルな 24ozサイズだと、このような感じで収まりますよ

b0146418_2185613.jpg
・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

ちょっと大きめなクマー!印の・・ちがう、ポラー製の保冷ボトル 24ozはこんな感じです
ちょうどサイクル・ウォータボトルのショルダーにある凹み部分を巧みに押さえる感じかな

b0146418_2191590.jpg
・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

そして、はじめの画像にある TOPEAK製のボトルケージ底部の黄色いダイヤルを回すコトで
収めるボトルのサイズ調整ができるので、画像のようにペットボトルなども積載しちゃえます

いままで出先で飲み物を購入した際には、予め用意をしておいたウォータボトルに詰め替えて
から頂いていましたけれども、コーヒーやフルーツ系などは残り香がキツいものがありました


でも、この TOPEAK製の モジュラーケージ EX2は "そのまま挿せる" のでイイ感じなのですよ
(炭酸系はヤメとくほうがイイです・・表彰台でシャンパンシャワー!な気分を味わえちゃう)


あ、購入する際には "無印" や "EX" ではなくて "EX2" にしましょう・・色々と別モノなのです
(PS : Icofitさんよりコメントを頂きました・・旧 EXが消え EX2が新 EXの名称になっています)

Next > ボトル & ボトルケージ vol.15
[PR]

by super-v | 2010-02-14 22:48 | エピソード