赤が好き

ff0000.exblog.jp

ブログトップ

・・・・なんだぜ??   

2010年 01月 18日

もともとは菱形サングラスな Gary Fisherヲジサンの MTBをゲットするハズだったのが
ディーラー制に縛られる "大人の事情" などがありまして、初代 NORBAチャンピオンな
Joe Murrayヲジサンのキモい MTBを我が愛機として迎えることになった 2009でしたよ


もっともっと VooDoo製の MTBらしくしなくちゃだねっ!・・って感じの 2010なのです

b0146418_21491967.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

まだ記憶に新しい 2009世界選手権 XCで、聖帝サウザー Proが左のバーエンドバーを失って
まるで「やってらんないっすよ!・・怒るで?しかしっ!!」って感じで 2連覇を逃しました

バーエンドバーを握り締め、左右にマスィンを振りまくりなダンシングの応酬が見所でもある
世界トップレベルの MTB'er競技で重要パーツになっているバーエンドバーを VooDoo号から
外して、さらにライトブラウン & ゴールドな彩りのエルゴノミック・グリップへ換装しました
(サイクリスタのダンシングとは MTBで駆けつつ踊り狂うコトではなく立ち漕ぎのコトですよ)


そして、その変態ちっくな茶金の彩りから漂う「これはちょっとちがう気がする?」雰囲気に
包まれつつある VooDoo製の MTBらしさへ深く満足をしましたので、さらなる仕様変更ですよ

b0146418_21494362.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

This is ライザーバー!
(うっは!・・・・おk!!)


スタンディングでもシッティングにも、マスィンを左右に振りながら駆けゆくのに超有効な
バーエンドバーを外しましてハンドルバーのみになっていたのですが、フラットバーのみで
眺めるルックスの寒々しい景観にションボリしていました、バーエンドバーが在ってこその
フラットバー仕様はレーシーでスパルタンな雰囲気ですけど、ソレが無ければ寂しすぎです


だからルックスだけでライザーバーに換装をしました、ますますヤングな雰囲気 UP!かも
(うわなにをするきさまらー)


ちなみに FunFunNishidaさんから頂いたライザーバーです、本当にありがとうございました
ギアクランクやホイールセット、サスペンションフォーク etcに続いての頂き物パーツですよ

WebLink : FunFunNishida EX.
(FunFunNishidaさん Blog)

よく巷で議論されるバイクカテゴリーならば、この赤い VooDoo WANGA号って XC MTBに
なるのだと思いますけど古の John Tomac Proが XC HT MTBで駆け下る姿や、ヂャンプ用の
コースや下方向に落っこちる系のコースなどではなくて、滞空時間が長い高速度での滑空を
魅せてくれたりするのとか、あの H-Ball = Greg Herbold Proが "上下左右斜め" へ好き勝手に
暴れる MTBを、身体の下で遊ばせつつ抑えて駆ける姿を観ると "なんでもあり" な気がします

Jシリーズだけでなく緑の高原の DHレースでも HT MTBで素晴らしい速度を魅せてくださる
MTB'erの方々がいらっしゃいますし、レースやイベント会場で Pro Performerの Naoさん
いつも魅せてくださる、しなやかに身体を使って激しい衝撃を吸収してる妙技を観るたびに
サスペンションストローク量の悩みなどは「こまけえコトはイイn・・(ry」と思っています
(そんな風に体重移動やヒジとヒザを使って衝撃を吸収するように努めている近頃なのですよ)

WebLink : FUNRIDE - Nao's Note
(Pro Performerの Naoさん WebSite)

そういへば「ドガシャ!」って衝撃の入力が合った際に、肩幅に開いた両足から体重移動を
しないまま右足だけ浮かせたみたいに・・限界時に軸の中心からズレてウィップするような
HEADSHOK Leftyの感触ですが、クラウン一体式になるらしい新型はそのような現行までの
型とちがう剛性のモノになるのでしょうか、たぶんソレを最も判っている開発陣に期待です!

でも KV〜Prophetまで流れて来たような「操れば?」な乗り味の "AM" フレームは出ないかも
(とかいいつつも dw☆Linkを除けば林道ポタリングに Rizeが欲しいぜ・・・・うっへっへー!)

b0146418_2149562.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

ひとつだけ誤算だったのは、いままでよりもさらに VooDoo号が "大柄なルックス" になって
前後斜め方向からは 26'のホイールサイズが、よりいっそう小さく見えちゃう風になりました


そういえば Shopで Charge Bikesのブラウンな Ladleサドルを手に取って固まっちゃいました
大好きな Selle San Marco製の Regalにも "ブラウンな彩り" のサドルが在って・・超危険です
まあ、いまのサドルはお気に入りなので(色を除けばです)自制をするコトができましたよ?

ほかにも様々な色調のパーツが "飛行 & 落っこち" カテゴリー系 MTBな "魅惑のパーツ" として
多彩にラインナップをされているし、キモい VooDooお顔さまエンブレムにも似合いそうです


この "なんでもあり" 状態なのが「・・・・だってコレは VooDoo製なんだぜ?」なのですよ?
(ギャグをギャグとして理解してくださいね)

Next > ・・・・なんだぜ???
[PR]

by super-v | 2010-01-18 23:56 | エピソード