赤が好き

ff0000.exblog.jp

ブログトップ

VooDoo Soukri 29er   

2009年 12月 06日

週末の土曜日、夕刻になって「ハナの奥が "You は Shock!" みたいな気がする・・」と
訴えて、妻が呆れながらも用意をしてくれた風邪薬を服用して爆睡の週始め日曜日でした

いつも "我が辞書に不可能はない" のヒトみたいな睡眠時間で日々生活をしておりますので
ぐっすりと休んだ反動なのか、なんだか背筋が突っ張るような雰囲気です・・イテテのテ♪


もちろん 08:30から "フレッシュプリキュア!" を観て、もういちど休ませて頂きましたよ?
(やっぱしキュアパッションとアカルンは可愛いなあ・・・・うわーなにをするきさまらー)

b0146418_835817.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

ハナの奥がマンボ No.5になるまえの日のコトです・・愛息を学校に送り届けた、その脚で
赤葡萄色のクルマに妻を乗せたまま用件を済ませてから、その近くのショッピングモールへ
立ち寄りまして、帰宅をしようと駐車場に向かってみれば画像のようなコトに出会いました

遥か旧世紀のクルマが 2台仲良く並んでいまして、嬉しくなって写真を撮っちゃいましたよ


まだ社会人に成り立ての頃、ちょっと高価すぎて手が届かなかった赤葡萄色のクルマですが
今世紀になって、やっと綺麗な最上級グレードの USED Carをゲットして愛車にできました
(この赤葡萄色でなければ出物も多かったのですけれど・・"赤が好き" なので待ちました)

エクステリアもインテリアも年式なりの "ヤレ" が出ていますが、お気に入りの愛車なのです

b0146418_8352310.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

ぐっすりと睡眠を取って休ませて頂きまして、林道ポタリング仕様のマッチョ重爆装仕様
爽やかに街を駆ける軽装備仕様に戻した VooDoo号で、近所をブラーリとポタリングですよ

のんびりと機嫌よく駆けていればプルルン♪と首輪・・いえ、携帯電話が鳴ったので出ます
このメロディは自宅からで、こうした "予め心構えをする" ために着信音を分けて使ってます

私「はいはい」
妻「Lawsonに寄ってプレミアムロールケーキを買って来て」
私「はいはい」
妻「生ものだから寄り道なんかしないですぐに戻るのよ?」
私「はいはい」

しかし、この場合は私の dw☆Link搭載 MTB貯金からの支出になるのが予め決まっています
しかも、妻と愛息と愛娘の 3人分なので軽い目眩を覚える総額ですが自転車趣味のためです


憧れの dw☆Link搭載 MTBといへば、上記リンク先で試乗をさせて頂いた PIVOT Cyclesに
FOES号と同じくマッチョなヲジサンが造る TURNER Bikesがメヂャーどころでしょうか
どちらも魅力的なブランドで、ともに "大柄な人も安心" な 29'er仕様も用意されていますよ

WebLink : PIVOT Cycles

WebLink : TURNER Bikes

b0146418_22332843.jpg

・画像クリックしても 480x360 sizeのままです

私の VooDoo号の VooDoo Cyclesにも 29'erのダブルサスペンション仕様 MTB CANZO号
ありますが dw☆Link搭載ではなくて、いまは性能云々より dw☆Link機構に夢中なのですよ
(圧倒的だと見聞きするのも納得できちゃった・・ dw☆Link搭載 MTBを試乗した感触です?)

WebLink : VooDoo Cycles

VooDoo Cyclesには、この赤い WANGA号を購入する際にも迷った 29'er CrMo鋼管 MTBな
Dambala号や Scandium鋼管の Aizan号に Titanium鋼管の Zaka号と、それぞれ 3種類もの
フレーム鋼管素材を選べる 29'erの MTBが用意されていまして、なかなか充実をしています


そこに 2010モデルとして VooDoo Soukri号がラインナップに加わると掲載されていました
( Soukriは VooDoo Blogのほうに掲載されています)

フレーム鋼管素材は Reynolds 631鋼ですから Dambala号と同じ CrMo鋼管系のフレームで
ナニがちがうのかな?と、読み進めてみれば最も大きな相違点は変速・制動のワイヤー類が
このようにトップチューブの上側を通るのではなく、ほかのブランドで多くみかけるような
トップチューブの下側を通るみたいです、現行の VooDoo HT MTBは上側ばかりなのですよ

そしてフレームのカラーリングも、あまり今までには無かったようなデザインのようですし
さりげなく保守的な雰囲気の佇まいを持つ MTBが多かった VooDooの新しい流れなのかな?


画像みたく、ヘッドチューブのエンブレムに漂うキモい雰囲気は保ち続けてほしいですよ?
(ギャグをギャグとして理解してくださいね)
[PR]

by super-v | 2009-12-06 23:56 | マウンテンバイク