赤が好き

ff0000.exblog.jp

ブログトップ

青く蒼き vol.6   

2009年 08月 24日

水の惑星と呼ばれる蒼い地球に住まう、ひとりとして私ももちろん青が好きです
(うわーなにをするきさまらー)


週末に親指の第一関節から人差し指の元にかけて、皮膚をズールリと剥いてしまいまして
クルマの運転や VooDoo号で駆ける際にも、ときに「イテテ・・」と唸りつつの生活です

いつもみたく MTBで斜め上に錐揉み飛行をして着地をミスした結果の怪我ではありません


"赤が好き" でも、さすがに皮膚が剥けて生で "視る" 身体の鮮やかな赤色は泣けましt(ry
(高鮮度の赤身みたいな患部画像を載せようかな?とも思いましたがグロいので控えます)


なによりもペンタブレットやマウスを満足に操れないので・・・・妻に叱られております
(業務に支障が出ているからです・・・・自営業の所帯持ちな家長にはツライ境遇ですよ)

b0146418_212610.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

溜まりがちなタスクを効率よく進めてゆくようなデスクワークは "無理ッ!無理無理よッ!"

なーんて雰囲気の状況ですから "赤いオブヂェ" を磨いてみたり、さきに VooDoo号にパーツの
換装をしている途中だった "趣味のメンテナンス" 風な週始めの日曜日でした、工具やパーツを
気を抜いて握るたび・・怪我をした "患部にヒット" して「んぎょわー!」などと叫びつつです


そんな私の姿を、妻が "生暖かい熱視線で視ている" のは平穏な我が家の日常的な光景なのです

b0146418_2122436.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

まずは緻密で綿密な計画を立てて、また懲りずに換装をした青く蒼きアルミボトルケージ
フランス巡り競技で 7連勝を得た、とても地味な黒いプラちっち材のボトルケージに戻します


・・・・あいかわらず地味なボトルケージです、保持性や抜き挿しの性能は最高なのですけど


Selle Royalのサドル Dardoツーリングには、純正仕様の ICSマウントに LEDテールライトが
ワンタッチでサドルの後端部へ装着できますので、いままでの LEDテールライトを外しました

b0146418_2124250.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

そして取り外していた GIANT純正の 3Dフォージド製バーエンドバーを、また装着をしました


・・・・そこのキミっ!
見て頂きたいのは LEDヘッドライトのうえで笑顔を振りまくキュアピーチたんぢゃないよ?


キュートで可愛い楓の葉やモミジみたいな、私の可愛い手で握れば人差し指が大きく余って
空を切ってしまうために外したのですが、愛用してた SPECIALIZED製のボディジオメトリ系
グリップを上記 Linkに載せてある WTBのシンプルなモノに戻しまして、問題を解決しましたよ

b0146418_4445518.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

そうそう、上向き系のステムを組みましたからサドル〜ハンドルバーが 10mmほど近くなって
740mmになり、サドル高さ〜BB軸は脚の踵が下がりすぎない高さの 800mmな設定のままです

ここの湧水はジモティな子供たちだけでなく、山岳国立公園のほうから戻ってくるローディの
方々も涼を採ったり脚を冷やしたりしている姿をみつけます、じつにまあ・・湧水だらけです


はじめにも載せましたが、工具やパーツを気を抜いて握るたび・・怪我をした "患部にヒット"
して「ぶべうっ!」などと叫びつつ、今回も趣味の自転車いぢり・・ちがう、モディファイを
使命感に燃えておわらせまして、うえに載せた写真を撮るために湧水まで駆けてったのですね

柔らかフィットのボディジオメトリ系から換装した、マチョハードコアな硬い WTBグリップを
握りしめたりブレーキをかけるたびに「んぎょぐえ!・・グハッ!」と、叫び悶えていましたよ
(ギャグをギャグとして理解してくださいね)

Next > 青く蒼き vol.7
[PR]

by super-v | 2009-08-24 22:48 | エピソード