赤が好き

ff0000.exblog.jp

ブログトップ

梅雨晴れの公園を訪れました   

2009年 07月 26日

まだまだ「どこかに連れてってー!」の年頃であるチビたちの親でありますから
どうしても休日には "林道ポタリング" やサイクルイベントよりも、そちらを優先
しないといけませんので、新婚時代の頃もそうでしたが趣味の時間は減りますね


"赤いオブヂェ" と蜜月の時間をすごしている自室から、階下の居間に下りてみますと
妻が居るシステムキッチンの周りにチビたちが群り、なんだか賑やかに騒いでいますよ

妻「あなた!・・・・ちょうどイイところに!!」
私「はい????」
妻「お弁当ができたから公園に行きましょう〜♪」
私「はぁ????」
愛息 & 愛娘「わーい♪わーい♪♪」
私「(お天気がイイのでポタリングにでも行きたい)


貴重な梅雨晴れの日も駆けれないので FUKOゲージがアップだよキュアパッション・・

b0146418_2253553.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

さて、ドコに連れてゆこうかな?なんてコトを考えまして緑色のクルマで向かった
先は、町のサイクリングイベントで使うコトになっている未だ新しい公園でしたよ


ココは私が居を構えている町からは、街を抜けてから山手のほうへと向かうのですけれど
どんどん道幅も狭くなって、分岐が在るたびに確認をしている空気を妻が鋭く見抜きます

妻「あなた・・・・来たことがあるの?」
私「・・・・いちどもないよ」
妻「・・・・なんですって!」
私「・・・・いつものコトだ」

途中に工事中で未舗装路区間がありまして、こんどのサイクリングイベントの際には
私が大好きな「MTBサイキョ!」のシーンを思い浮かべたりしつつ進んでいきますと
公園の入り口に到着です、しかしココからは阿蘇望の ZiZo峠並に急勾配な気がすr(ry

b0146418_22533139.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

着いた瞬間に遊びに向かおうとするチビたちを制止して、まずはお弁当を頂きました

木陰があればイイのですが、私がよく寄り道をする・・いいえ、心身のリフレッシュを
している公園と同様に未だ樹木が育っていませんね "日立の木" ほどは望みませんけれど


梅雨晴れの時期ですが暑い季節ですし、熱中症などを防止するためにも水筒を持ち歩かせて
いますが「もうすこし落ち着けよ?」と言いたくなるほど、はしゃぎまわるチビたちは私に
水筒を預けて・・私に持たせてから、いつも自分たちはフリーダムな状況を楽しんでいます

「・・この感じ!」はショッピングモールなどへ出かける際も同じパターンだったりします

ボトルの積載に "ぷちトラウマがある" 自分のボトルとチビたちのボトルを持ち歩きますが
2本を挿せるサイクルグッズの cannondale ボトル in ヒップバッグが、とても便利でしたよ

・Montbellヒップバッグ通常形態
b0146418_2253468.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

・Montbellボトル in ヒップバッグ強化形態
b0146418_22535935.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

ワケあってヒップバッグを新調するコトになりまして、その際にも "ボトル in 機能" を
備えているコトは絶対必須条件でした、メヂャーブランドでは Deuterの Newモデルや
Premierのバイカーモデルがありますが、南の島在住なので手に取って確認できません


そして、新調するヒップバッグの色ですけれど黄色から青色に変更するコトにしました
"赤が好き" の銘どおりに MTBもレーパンヂャージ・プギャー!も "真っ赤" なのですg・・
(うわーなにをするきさまらー)


ま・・まえは、稀に着用するコトもある黄色い装束に合わせた黄色の cannondale USA製
ボトル in ヒップバッグを MMサンタさんと雁回山さんの御好意を頂いて使っていましたが
いまは青く蒼きパーツがマイブームですから、青色のヒップバッグにするコトにしましたよ


そう、青と言へば Montbellですよねッ!!


写真みたく、普段はサイドポケットのなかにボトル in ポケットを収納している設計でして
ボトル in ヒップバッグとして使う際には、サイドのジッパーを開けて使用するタイプです
もうひとつのサイドにはフツーのジップポケットが付いていて、携帯電話を収納しています

買ってから気付きましたが、普段もウォータボトルを持ち歩く私は常に "出したまま" でした


VooDoo号ではフツーにウォータボトル 2本を載せられるフレームで日々感涙の毎日ですし
(挙げ句の果てにサドルバッグまでもを取り外してボトルケージホルダーを付けております)
この Montbellのボトル in ヒップバッグでは 1本だけの積載でも問題ナッシングだったのです

そうですね、この公園遊びではチビたちのボトルを手に持って歩いている私の姿がありました
[PR]

by super-v | 2009-07-26 00:00 | マウンテンバイク