赤が好き

ff0000.exblog.jp

ブログトップ

これも愉しみのひとつ vol.15   

2009年 06月 30日

さてさて、ここ数日は梅雨の季節らしく「ドゴォー!」って降雨になっています


心配なのは、私がお世話になっているサイクルスポーツクラブ "CSCS-R" さんが
( CSCS-Rさんは、よくある Shop系のサイクルクラブではないのが特徴ですね)
2009.07.12に予定をされてる 2009 Roadrunイベントの天候になっておりますよ

Web Link : 2009 CSCS-R Roadrun in 上天草

MTB'erによる Road系ライトサイド(光明面)イベントはダークサイド(暗黒面)
のみに生きるピュア MTB'erの私には、いままでの Roadrunに我が cannondaleや
SPECIALIZED、Bianchに PINARELLOに COLNAGOに CARERRAに ORBEAなど
もう目の毒すぎて、目を覆いたくなるようなブランドのロードレーサーだけでなく
cannondaleや MONGOOSEの MTBに細スリックを履かせた仕様も参加しています

b0146418_22155181.jpg


さてさて、先日は赤い VooDoo号も "赤いオブヂェ" との初対面を果たしました

赤い 2機のポヂションは サドル〜ハンドルバーが 750mmでサドル高さ〜BB軸を
800mmに調整をした設定にしています、けれども 2台を並べてみた写真のように
サドルとハンドルバーの落差に大きなチガイがあるのを確認できますでしょうか?


既製品で吊るしなスーツのジャケットや、旧世紀に若者のハートをワシ掴みにした
MA-1フライトジャケットの袖が "七分袖" になってしまっているのが、私の体躯です

リアルで "赤いオブヂェ" を目にした方々が「タイムトライアル・マシンかよ!」
笑ってしまわれるという落差のほうが適正でして、紛れも無い事実なのですけれど
ヘッドチューブが長い設定の VooDoo号は、ステムをマイナス角度の下向きにした
モノでも装着しないと同じ落差は出ずに、すっげぇカッコ悪い仕様になりそうです


FOES号みたく、コラムスペーサー山盛りや上向きステムは気にならない性格です

b0146418_22153120.jpg


な〜んて細かなコトをグダグダと考えながら、さきほどの 21:00すぎに近くにある
コンビニエンス・ストアまで VooDoo号で駆けて来ました、明日も雨天みたいです


最近もサドルを引いたりステムを上に向けて木端微塵になったりして遊んでいますが
鍛造品のフォージド製法バーエンドバーにたぶん・・まちがった使い方の代表である
コンビニエンス・ストアの袋を引っ掛けて「風があって涼しいなあ♪」なんて感じで
ちょっと遠回りをしつつ帰宅をしちゃいました、はやく梅雨が明ければイイですよね

"ああだこうだ" と、気軽に考えてみるのも愉しみのひとつです

Next > これも愉しみのひとつ vol.16
[PR]

by super-v | 2009-06-30 23:48 | マウンテンバイク