赤が好き

ff0000.exblog.jp

ブログトップ

これも愉しみのひとつ vol.14   

2009年 06月 22日

"愉しみのひとつ" のつもりが "ヤメておけばよかった" という感触でしたよ?


まえに "赤いオブヂェ" VooDoo号を載せたときみたく
いつもよりも "ちょっとだけ大きめ写真" にしてあります

・Before
b0146418_23531379.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

これは VooDoo号をゲットして、フレームから組み上げて "はぢめての公道走行" の
際に撮ったモノです、お気に入りの Park Toolの工具でポヂションの調整をしながら
Gary Fisherの costa rica製サドルバッグへ換装をするまで、このまま駆けていました


"サドル〜ハンドルバーが 750mmでサドル高さ〜BB軸を 800mmに設定をしています"
"ヒジとヒザに少し余裕があって窮屈ではないポジションを、やっと楽しめそうですよ"


ちょうど、そのときは上記のような文章を「ルンルン気分♪♪"」で載せておりました


青く蒼き完成車を購入の予定は木端微塵に散り去り、この赤いフレームを買いました

VooDoo号はシートポスト径が 27.2mmで FOES号のモノを使い回せなかったために
同じ理由の Fディレイラーみたく幾つか想定外の出費を強いられたパーツになります

愛用をしていたハンドルバーと併せて Noevir化粧品の TV CMで "♪MACHINERY" を
歌っていた "お姉さま" みたいな名前のブランドでシートポストも揃えてみましたが
これはサドルレールを 2本締め固定を採用していますので Gary Fisherの costa rica製
サドルバッグは、メーカー基本ヂオメトリ設定値よりシートポストを延ばしたうえに
短くセクシィなフトモモ"と、ながめの膝下に合わせたサドルレールの固定位置では
簡易脱着式に設計をしてある、アタッチメント固定パーツが取付けられませんでした

・After
b0146418_343339.jpg

・画像クリックで 640x480 VGA sizeになります

こちらは、 "青く蒼きサドルバッグを装着したいためだけ" にサドルを流行の後ろ系へ
して、それに伴ってサドルを低くしたという・・もう結末は判ったような仕様ですよ?

どうみてもアルミニウムやカーボンフレームの太さで CrMoフレームの VooDoo号には
"がばがば" サイズである Proブランド製のネオプレーン仕様なチェーンステーカバーや
サスペンションフォークと Fフェンダーと Rディレイラーへ取付けしたリフレクターや
クルクルと漕いだ際にデカ足が当たるので、位置を変更した LEDテールランプではなく


とっても判り難いですが、ステムを反転してハンドルバー位置もすこし高くしましたよ


「やはり違和感があるなぁ・・でも青く蒼きサドルバッグを使いたい!」なんて風に
思いながら駆けてはいましたが、街での業務をおえて MTB'erな先輩を訪ねた帰路にて
その瞬間(と書いて "時" と読む)が、もう見事なまでに "お約束" でやってきましたね


「・・脚痙った脚痙った脚痙った脚痙った脚痙った脚痙った脚痙った脚痙ったッ!」


公園で街灯に照らされた夜景を眺めているフリをしながら、ぢつわ悶絶をしていたのは
内緒なのですよ、坂道登さんが散歩されていたら見つかっちゃう!とドキドキでしたよ

ヒザも痛みましたし、当初の cannondale製バッグへ戻してポヂションも全て戻しました


それから、フランス 7周の勝利を得た TREKのボトルケージと青く蒼き BONTRAGERの
ボトルケージも装着位置を入替えしてみましたけれど、私が駆けている際にメインで使う
ダウンチューブ側に抜きやすく挿しやすい TREKのボトルケージへ結局は戻しましたです

"ああだこうだ" と、気軽に考えてみるのも愉しみのひとつです・・今回は木端微塵でした

Next > これも愉しみのひとつ vol.15
[PR]

by super-v | 2009-06-22 05:05 | エピソード