赤が好き

ff0000.exblog.jp

ブログトップ

寄り道をする vol.5   

2009年 04月 24日

なんだか "寄り道をする" シリーズのカテゴリが出来そうな気がしてきました

いよいよ、週末からキャンプを兼ねて "星降る高原の MTBキャンプイベント"
おでかけをするのですが、その際の賞品を購入してくる大役を仰せつかりました


先月からココ最近まで、ありがたいコトに業務で部屋に軟禁状態だったのですが
(途中 VooDoo号をフレームから組み上げたりしましたが 2時間ちょいだけですよ?)
命ぜられたタスクのため、しかたなく業務を放り出して中心街へと出掛けました♪

もう 16:00をすぎていましたが、いそいそ・わくわく♪しながら駆けていきますよ

夕刻で肌寒いかと思って Gヂャンを羽織っていったのですけれど、幾つかの登坂や
陸橋を越えましたら "ぬくく" なって、腰に巻きまして Tシャツだけでよかったです

b0146418_23263431.jpg


イベントでの賞品を無事に確保しまして、どうせなので "ついでに" 寄り道をします
モニタのまえで「うーん・・」と悩むばかりでは、アイデアも浮かびませんよね!


息抜きや気分転換は大事だと思うのですよ?・・うんうん♪


"赤いオブヂェ" や FOES号でも訪れた、お気に入りの河川敷に立ち寄ってみました

リンク先に同じ河川敷の写真が載っていますが、そこへと降りる激しい下り路面は
そのときに "赤いオブヂェ" で降りるのを躊躇して、後日 FOES号を持ち込みまして
文字どおり「ドガシャ!ドコォ!ドガシャ!ドシャ!」っと、賑やかに降りた際に
リアホィールがフレフレになったような超路面ですので VooDoo号は押しましたよ


けっして・・堤防でアンニュイな雰囲気の乙女が眺めていたので、「どわー!」と
吹っ飛びながら転がっていく失態をおそれて、安全策をとった訳ではないのですよ
(本を小脇に抱えていた乙女の佇まいに思わず見惚れたのは素直に告解しますデス)

b0146418_23265735.jpg


そういえば、グリップを MTB'erには堪らない銘を持つ "Wilderness Trail Bike"
WTBから、使い慣れている SPECIALIZEDのボディジオメトリへ換装をしました

しなやかな CrMo鋼フレームといってもダブルサスペンション MTBの FOES号とわ
ちがいますので、比べてみれば硬い乗り味のときほどエルゴノミック・グリップの
持つ恩恵と優位性を感じます、モノを握る際に重要な小指薬指でもしっかりと握る
コトを考慮してありますから、その異形な外観を無視すればとても快適なのですよ


これで cannondaleと GIANT、SPECIALIZEDと TREK & BONTRAGERのパーツが
入り混ざった VooDoo号になっています、みんな仲良し宇宙船地球号って感じかな
(たぶんちがう)

b0146418_23271475.jpg


妻子だけでなくて、クライアントさんの皆々さまからも絶大なる不評を頂きました
☆USAカラー☆の赤と青の彩りは、すっかり影を潜めた VooDoo号になりましたよ


現在はトップチューブが 597mmに、ステムが 110mmの仕様になっておりますが
(シートチューブ〜ステムの C-Cがホリゾンタル換算で 750mmです)
登坂路と平坦路では、もうすこしサドルとハンドルバー落差があってもイイような
気がしましたけれど、肘に余裕がある今の仕様くらいが振り回し易いのかもですね


そうしたひとときを楽しんでから、家族の待つ家に戻っている私の自転車生活です

Next > 寄り道をする vol.6
[PR]

by super-v | 2009-04-24 23:56 | エピソード