赤が好き

ff0000.exblog.jp

ブログトップ

バーエンドバー vol.1   

2009年 02月 18日

"赤いオブヂェ" が "タイムトライアル・バイクみたい" と言われる雰囲気の佇まいを
持つ要因のひとつに、私の体躯に合ったハンドルバーとサドルの位置関係に加えて
バーエンドの存在があるのでしょう、装着してあるのは CODAブランドのモノです


もちろん MTBには異形な cannondale Super V Carbonのデザインもあるかも?です

b0146418_1481966.jpg


さて、さきの "走る実験室" vol.2へも載せましたがバーエンドを握って登坂をする
だけでなく、舗装路を巡航する際に手を添えれば遠い感じのポジションも採れます

私には遥かにトップが短い FOES号も姿勢の自由度が増してイイ感じになりますよ
("赤いオブヂェ" と FOES号を同じにするなら 210mmのステムが必須になります)


ぢつわ、乗りやすく振り回しやすいライザーバーへの換装も考えて悩みましたが
サスペンションフォークをシングルクラウン式へと換装をさせて頂くコトになって
登坂も楽しんじゃおう!と、いうワケで FOES号にもバーエンドを装着しましたよ


b0146418_1483548.jpg


現在愛用の SPECIALIZEDのボディジオメトリ・グリップを気に入っていますので
イリーナ・カレンティエバ選手が愛用した ergonのバーエンド一体式グリップや
マイヨアルカンシェルに彩られた Ritcheyヒゲおじさんのバーエンドなどを候補に
してましたが、購入したのは先に教えて頂いた "3Dフォージド" なんてモノですよ

アルミ系フレームでも超有名な東洋の雄、信頼の GIANTブランド を選択しました


バーエンドを装着したら派手な形状のエルゴノミック・グリップとの相乗効果で
例の「やばいな・・」の雰囲気になって WTBのシンプルなグリップへ換装ですよ


まぁ、圧倒的にボディジオメトリ・グリップ系を気に入ってるのが本音ですけれど
"Wilderness Trail Bike" の銘を持った WTBのイメージも MTB'erに合っていますよね

Next > バーエンドバー vol.2
[PR]

by super-v | 2009-02-18 23:56 | マウンテンバイク