赤が好き

ff0000.exblog.jp

ブログトップ

ボトル & ボトルケージ vol.6   

2009年 01月 16日

我々人類の身体は 60〜70%ほどが水分らしいです
古の旧世紀には激しい運動の際にも "気合!" で乗りきる雰囲気でしたが
現在は適宜の水分補給が大切なコトは、皆さんもよく御存知かと思います


なんて、マジメなコトも多少は考慮していますが FOES号へ穏やかに普通に
ボトルケージを 2個積載したいがために vol.1みたく努力をしているのですよ

しかし欧米のアドベンチャーサイクリスタ系の WebSiteなどを観ていた際に
"これはFOES号のボトルケージ積載に役立つかも?" と激しくインスパイアされた
ステム上にホルダーを装着するシステムは機能的に素晴らしい性能を持ちましたが
視覚的には友人・知人を失いそうなほどの衝撃的なルックスになってしまいました

b0146418_21182522.jpg


それら全てを完全に解消して、比類なきまでに完全勝利を勝ち得た逸品モノこそ
こちらに載せた vol.2の "ボトルケージ・レフティ" システムなのです


これは "赤いオブヂェ" と呼ばれる 私の愛車 Super V carbonのブランドである
cannondaleの XCフロントフォーク Leftyによってもインスパイアをされています

高剛性・耐久性でダウンヒル・フリーライドの MTBシーンにおいても、圧倒的に
採用されているダブルクラウン形式のフロントフォークを活かした取付け方法です

b0146418_21224877.jpg


vol.2の仕様では MTBレーシングコースの林道走行の際に、その高位置への配置と
10 yearを越える金属疲労などによって、コース走行中に破断して破損をしました

これぞまさに "走る実験室" というモノなのでしょう、なんだかカッコいいですね


さらに研究と改良を進めて進化を果たしたモノこそが、写真のシステムなのですよ
vol.2と比較してみれば激しくスマートになっているのが、お判り頂けると思います

b0146418_2119935.jpg


ダブルクラウン形式のフロントフォークを利用してフォークチューブの延長部に
ボトルケージホルダーへクッション材を経て 2個セットをクランプしてみました

さらにイイ感じになりまして、圧倒的な存在感もアップしたような気がしますね

b0146418_21192525.jpg


ウォーターボトル 2本を、よりスマートに搭載するコトが可能になりました


先日、ボトルケージを 2本装着する方法が悩ましいコトでもメジャーな GIANTの
XCレーサーである ANTHEM号を所有されている MTB'erな先輩がコレを見られて

「こ、これはちょっと・・(カッコよすぎて、そこにシビれる!憧れるゥ!)」


カッコで囲まれた言葉は MTB'erな先輩の "こころ" を、察した私の予想ですが
このように絶句をされていましたね、ちょっとだけイイ気分にもなりましたよ?

ダブルクラウン形式のフロントフォークを使っていて、よかったと思います

b0146418_21194395.jpg


さらに進化を果たした "ダブル・ボトルケージ・ホルダー" 仕様になりました
(Double Bottle cage Holder)


そうですね・・ボトルケージ・レフティ MAX / DBH とでも呼んでくださいな
(ギャグをギャグとして理解してくださいね)

Next > ボトル & ボトルケージ vol.7
[PR]

by super-v | 2009-01-16 22:34 | エピソード