赤が好き

ff0000.exblog.jp

ブログトップ

赤い Super V Carbon vol.6   

2008年 12月 12日

春と秋、それぞれの季節に "赤いオブヂェ" で駆けるようにしています

今春も星降る高原の MTBキャンプイベントへ "赤いオブヂェ" を持ちこみましたし
ほとんど冬になってしまいましたが、今秋も Super V Carbonで駆けてきましたよ


そのあと各部の点検をしつつ分解・清掃をしながら、ワックスをかけて磨きます
これから部屋にて定期メンテナンスを施しつつ、また来春に向けて越冬をします


フレームのヘッドチューブ周囲へアウターワイヤーによる摩擦痕などが塗装面を
侵して、悲しい状態になることを防ぐためワイヤー取り回しの対策を施しました

赤い cannondale vol.5で載せましたように "変速ばなな" というパーツを使います

b0146418_1262176.jpg


思いっきり、ピントがヘッドショックおじさんの微笑む Fatty Air調整ダイヤルへ
決まっていますが・・ヘッドチューブにワイヤーが接触するのを回避させました


cannondale Super V Carbonを通じて知り合えた方に、対策を教えて頂きました

b0146418_1263434.jpg


先輩に adidas 6本線と揶揄される、旧世紀 cannondaleロゴのヘッドチューブ側を
見れば Super V Carbonのヘッド側アウターワイヤー・ガイドの位置が判りますね

リア・ディレイラー用のシフトワイヤーが、写真の上側ガイドを通っていまして
フロント・ディレイラー用のシフトワイヤーが、写真の下側ガイドを通りますよ

フロント・シフターに "変速ばなな" を使って対策を講じたのは下側のラインです


ちなみに私はモーターサイクルと同じく右ブレーキレバーでフロント側ブレーキを
制動していまして、フレーム右サイドを通っている 1本だけのアウターワイヤーは
リアブレーキ用ブレーキワイヤーで、vol.1の際にステムを換装した長さのままです

いつかまた、きっちりとワイヤー類の取り回し・長さの調整をしたいと思いますよ

Next > 赤い Super V Carbon vol.7
[PR]

by super-v | 2008-12-12 23:56 | エピソード